法事法要FAQ 法事法要FAQ
TOP 法事法要FAQ 新盆の迎え方
▼ 一覧へ

28 新盆の迎え方

新盆とは故人が四十九日後に、初めて迎えるお盆のことを指します。新盆では親族を招き大きな法要を営むことがあり、遺族などもマナーの面で迷うことがあります。そこで今回は新盆を迎えるにあたって準備すること、法要の手配はいつしたらいいのかを解説していきます。

新盆の法要はいつ手配したらいいでしょうか

お盆は法要に依頼が多くなります。遅くても7月中には手配しましょう。
お盆の時期は法要や仏事が多くなるためお寺でも早めに依頼を打ち切っていることがあります。またお盆の時期に時間帯に合わせ、効率よく檀家を回れるスケジュールを組んでいる僧侶もいるでしょう。予定が狂うと僧侶だけでなく他の檀家にも迷惑が掛かります。

お寺に法要を依頼するには、早めに親族と連絡を取って集まりやすい日時を調整する必要があります。この際に会食はするのか、仕出しをとるのかホテルやレストランを予約するのか、僧侶を招くのかを決める必要があります。ですから7月の段階で僧侶に話してなければ間に合わないでしょう。
また法要の案内状も、参列者の人数を把握するため1か月前には送っていなければなりません。その上で会場や料理の手配をします。

さらにはお供え物や僧侶に渡すお布施の準備もします。新盆で渡すお布施は法要で3~4万円程度、その他必要に応じて5,000円~1万円程度の御車代や、食事をするのなら御膳料が必要だと言われています。

新盆には特別な飾りやお供えをしますか?

新盆では例年のお盆に用意する精霊棚・精霊馬やお供えの他に、故人のための「白提灯」を用意します。また地域によっては「お迎え団子」という白い団子を作ってお供えすることもあります。季節の果物や御膳といったお盆ならではのお供えの他、故人の好きだったものをお供えしましょう。これらのお供えや祭壇の準備は盆の入りまでに済ませる必要があるため、8月(7月に行う地方もあります)12日には終わらせるようにしましょう。
なお、お盆の機関は13日~16日です。16日を「盆明け」と言います。

お供えするのは食べ物の他、線香・ろうそく・花・きれいな水が必要です。これらをまとめて「五供」(ごく)といい、お供えの基本とも言われています。

新盆(にいぼん・あらぼん)とは四十九日を過ぎてから初めて迎えるお盆のことを言います。ですから故人の四十九日法要が済む前に夏が来ても、故人のためのお盆法要はしません。翌年のお盆が新盆となります。

家にある提灯ではダメですか

お盆は先祖の霊が家に帰ってくると言われていますが、初めて「里帰り」する故人は道に迷うこともあるでしょう。ですから道中を照らす故人のために夜目にも分かりやすい白い提灯が必要です。

白提灯は、白無地または白地に透かし紋が入った程度のもので、枠が白木でできているものを用意します。かつて白提灯は親族から贈られるもので、提灯の数が多いほど功徳を積んだ証として良しとされていた時代もあったようです。ただ現代では住宅事情などで沢山の提灯を灯せないこともあります。またかつては白一色でしたが、翌年以降も使えるようにと色柄入りの提灯も選ばれることがあります。
白提灯は故人にとって道しるべとなるため、窓際など軒先から見えるところに飾るようにします。不可能であれば仏壇のそばなどでもかまいません。また白提灯は一対で飾ることがありますが、一つだけでも問題ありません。白提灯は精霊棚を用意してお供えをするのと同じタイミング、12日に出すのがいいでしょう。とはいえ13日~16日であれば問題ないという意見もあります。

白提灯は初盆でしか使えないため、盆明けの送り火を焚いた時に一緒に燃やすことがあります。白提灯の処分はお焚き上げをしてもらう他、事情があってできない場合は、塩で清めた後に半紙に包んでゴミの日に出すという方法をとることもあるようです。

御提灯代とは何ですか?相場は?

かつては新盆の際に白提灯を送るのがマナーでした。しかし近年では住宅事情によって提灯が置けなかったり、送り火を焚いて提灯を燃やせないことも多いものです。ですから提灯のかわりに現金を送ることが多くなっています。

御提灯代とは白提灯を贈るかわりに現金を渡すものです。そもそも白提灯はお盆に向けて用意するため、少なくとも盆の入り前に間に合わせる必要がありました。ただし今はそこまでこだわることは少ないようです。
御提灯代は訪問の際に持参するのがいいですが、郵送するなら10日ころまでに着くようにします。郵送の際は「わずかばかりですが御提灯代にしてください」といった旨を書き添えると丁寧です。

御提灯代の相場は、提灯の値段相応もしくは1万円程度と言われています。ただし家族だけで法要を営む場合などに、香典を包むと遠慮されることがありますが、そういった場合に先方に気を遣わせないよう香典としてではなく「御提灯代」という表書きでお金を渡すというケースもあります。

●興味のあるテーマをクリック!●

初七日法要の概要とスケジュール 四十九日法要の概要とスケジュール 一周忌法要の概要とスケジュール 四十九日の法要はいつから準備?手順やポイントは? どんな法要がありますか? 四十九日法要ではどんな挨拶(閉会開会)をしたら良いですか? 新盆なのですが、いつからいつまで何をしたらいいですか? 納骨はどのように、どのような手順で行いますか? 納骨の時期は決まっていますか? 年忌法要は、毎年やらなければなりませんか? 法要の服装は?(遺族側と招かれた側) 法要に招かれたら? 法要に出席できない時は? 卒塔婆供養をしたいときは? 新盆に招かれたら? 供物料を包む時の注意事項は? 法要に招かれた時の挨拶は? 神式の霊祭に招かれたら? キリスト教の記念祭や追悼ミサに招かれたら?出席する時の注意事項は? 墓参りの時期は? 墓参りの作法は? 掃除の手順は? 神式の墓参は? キリスト教の墓参は? お盆とは?時期は? お盆の迎え方は? お盆の心得や守るべきマナーは? 新盆の迎え方 お彼岸とは?時期は? お彼岸の迎え方 お彼岸の心得や守るべきマナーは?

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
95%

告別式、葬儀を省いたことは、金銭的にも、身体的にも負担がなくできたのはよかったです。

満足度
100%

親切、丁寧で施設も綺麗で広く大変満足している

満足度
90%

満足のいく葬儀となりました

満足度
95%

何もかも初めての事ばかりっだった私たちに親切で丁寧な応対をしていただき、とても安心出来ました。

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
95%

温かく母を見送る事出来た事に感謝しております。

満足度
100%

知人にも自信をもっておすすめしようと思います。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
仏教国の日本では「天国へ行く」ではなく「極楽へ行く」が正しい用法
コラム
楽に生きて穏やかに死ぬために改めて考え直したい「布施行」
コラム
【死生心理学】不可避の死を恐れて距離を置くか或いは理解に努めるか
コラム
石神井川に架かる下頭橋という橋と側に建つ小さな六蔵祠を調べてみた
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353