資料請求
24時間365日対応の葬儀
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム

佐賀県東松浦郡肥前町高串の増田神社に祀られている増田敬太郎を調べてみた

「昭和の子ども」なら誰でも知っている話がある。児童文学作家・斎藤隆介(1917〜1985)の『花咲き山』(1969年)だ。

相続税対策でタンス預金は脱税でほぼ確定。というかそれ以前に対策ですらない。

新しい元号が発表されたが、相続税に関しては平成を令和に読み替えるだけなので、あまり大きな問題にはならないのかもしれない。ところで最近タンス預金が相続税対策には不向きであると言われるようになった。以前から不向きであることに変わりはないのだが、消費税の増税と関連して注目を集めているらしい。今回はタンス預金と相続税対策について触れてみたい。


漫画や絵本を通じて仏教に親しむ

子供の頃、家の仏壇にお経をあげに来ていたお坊さんが、天国と地獄について解りやすく描かれた漫画を持ってきてくれた。子供だった私は喜んでそのページを開いたのだが、地獄に落ちた人々が責め苦を受ける姿が、単純な絵柄ゆえにショッキングで、今でも忘れられない。子供には少々刺激が強い漫画ではあったが、生きている間に良い行いをしなければならないとう教訓を与える事には成功した。漫画や絵本は、子供が仏教の世界に親しむために、最も効果的な手段ではないだろうか。

【ココ・シャネル】肉体としての死と同様に才能にも死は訪れるのか

肉体の「死」と同じように、人間の才能にも「死」は訪れるのだろうか。そしてその才能は、一度死ねばもう二度と生き返る事はないのだろうか。スイスのボア・ドゥ・ヴォー墓地で眠っている偉大なファッションデザイナー、ココ・シャネルの生き方を通して、クリエイターとしての死とは何なのか、そしてクリエイターとしての死からの再生について考えてみたいと思う。


表裏一体の願いと呪い。そしてそれらを超越した祈り。

筆者は以前、<a href="https://www.sougiya.biz/kiji_detail.php?cid=997" target="_blank">神様は自動販売機ではない</a>とし、祈りは純粋であるべきであり、その数少ない場が死者を「弔う」斎場だと述べたことがある。同時に民衆の切なる願いを理解できるとも指摘した。筆者は「祈り」の本来の意味を問うたのであって、「願い」を否定したのではない。より高い存在に具体的なお願いをするのは人として当然の感情である。そして、その上で忘れてはならないのは、願うという行為は「呪い」の裏返しでもあるというである。

ライトノベル業界を席巻する異世界転生ブームと若者の死生観の変化

ここ数年、書店に足を運ぶと『転生したら~』のようなタイトルのライトノベルが大量に平積みされているのを目にするようになった。これは「現代に生きている普通の人間が異世界に転生してそこで冒険を繰り広げる」という設定のファンタジー小説である。だが「現代に生きている普通の人間がひょんなことから異世界に行ってそこで冒険を繰り広げる」という設定の作品は昔からたくさんあった。それなのに、どうして今、このような異世界を舞台にしたファンタジーが流行っているのだろうか。


高僧が長寿である理由や過去の高僧の寿命、僧侶の葬儀について調べてみた

WHOが発表した2016年の世界の平均寿命ランキングで、日本は女性が87.1歳で第1位、男性は81.1歳でスイスに次いで第2位となっていて大変な長寿国である。平均寿命が高い理由として、医療制度、公衆衛生の充実、脂肪摂取量の少ない和食を中心とした食生活、遺伝的要素、清潔好きで、入浴好きの国民性、健康に対する意識の高さなどがあげられよう。

相続とは遺産分割と節税と相続税対策で構成されており最重要なのが遺産分割

相続対策とは具体的に何をどうすればいいのかという質問を良く受ける。ごもっともな話である。相続並びに相続税に興味を持ち、書籍やインターネット上にある記事を閲覧しつつ情報を集めても、今一つ要領を得ず分からなくなることは意外と多いのではないだろうか。今回は相続対策の基本について簡単に解説してみよう。


「個人主義や個の尊重」の台頭と「家制度や家系」の崩壊による弊害

葬儀不要、墓じまいなど、先祖供養や「家」への意識が弱まっていると感じる。その理由には墓の維持費など経済的な問題が大きいとしても、伝統的な家族関係に対する意識が低迷していることも大きいだろう。また、血縁・地縁といった「ムラ社会」を感じさせる、旧態依然とした慣習・風習に対する抵抗感もあるのだろう。そのひとつに「家系」がある。

古代日本に見る人の死を悼んだ「挽歌」の変遷と葬歌との違い

天皇陛下の生前退位に伴って発表された新元号「令和」は、万葉集「梅花歌三十二首」の序文を典拠としている。その影響で、今「万葉集」がにわかに注目を集めていると言う。日本最古の和歌集である万葉集。その内容は、宴など主に晴れやかな行事を歌った「雑歌」、家族や友人がお互いの事を伝え合った「相聞歌」、そして、人の死を悼んだ「挽歌」の三つに分けられる。今回は、万葉集の中で「挽歌詩人」と呼ばれるほど多くの挽歌を詠んだ柿本人麻呂と挽歌の変遷についてご紹介したい。



このページのトップへ