法事法要FAQ 法事法要FAQ
TOP 法事法要FAQ 法要の服装は?(遺族側と招かれた側)
▼ 一覧へ

11 法要の服装は?(遺族側と招かれた側)

一口に「法要」といっても、初七日と三十三回忌などでは喪の度合いも変わってきます。大切な人を亡くしたばかりの初七日と、月日が経ちたくさんの子孫に囲まれるようになった賑やかな三十三回忌を比べると果たして同じ喪服でいいのか悩むこともあるでしょう。
そこで今回は法要ごとの服装マナーを遺族側・法要に招かれた側の双方から解説していこうと思います。

初七日ですが妊娠中で和服が着られません

葬儀後はじめて迎える法要は初七日でしょう。この日は大切な人を亡くして間もないため遺族も喪の最中にあります。ですから遺族側は喪服を着用しますが、この場合の「喪服」とは正礼装のことを指します。

ただし妊娠中などで服装に制限のある場合はこの限りではありません。遺族・参列者ともに妊婦である場合は手持ちの喪服が入らないのは仕方ありません。マタニティ用の礼服も売ってはいますが、間に合わない場合は黒でしっかりした素材のワンピースでも構わないようです。
お寺や斎場は冷えることがあるため、ストッキングではなくタイツを履くなど冷え対策をしましょう。また線香の匂いなどはつわりが強い時には苦しいものです。場合によっては無理に参列しない方がいいこともあります。 
  
その他女性の正礼装は黒羽二重の和服で、帯締め・帯揚げも黒、帯も黒の名古屋帯を使用します。中には白の襦袢を着て足袋は無地の白にします。草履は黒にします。帯留めやかんざしなどアクセサリー類は身につけてはいけません。
洋装の場合は黒のワンピースやスーツ、スカートは膝が隠れる長さにします。ストッキングは黒が望ましいですが肌色でも問題はないようです。バッグや靴は光沢や金具のない黒いものにし、結婚指輪・真珠の一連ネックレス以外のアクセサリーはつけないようにしましょう。

遺族の男性はダブルのスーツに黒のネクタイ、靴や靴下、カフスやベルトのバックルも黒で統一します。この際ネクタイピンやポケットチーフなどの装飾は一切不要です。社葬など規模の大きい葬儀や告別式ではモーニングを着用することもありますが、モーニングは基本的に昼間の正装のためお通夜には着られません。また三回忌以降の法要には着用しないなどルールがあるため、一般的な法要ならスーツが無難でしょう。

また初七日法要に招かれた側は、男女ともに葬儀と同じく準礼装でかまいません。男性は黒のスーツに黒のネクタイ、女性は洋装で黒のワンピースやスーツ、アンサンブルなどを着用します。男女ともバッグや靴下などの小物類は黒で統一するようにします。
正礼装・準礼装ともに喪の席では「殺生」を想像させる毛皮のコートや革製品などを着用してはいけません。合成皮革やフェイクであっても、型押しやアニマル柄などは避けるようにしましょう。

準礼装になるのはいつから?正礼装と何が違うの?

一般的に四十九日までは遺族は喪に服している期間ですので、四十九日の法要を終えるまで遺族に関しては正礼装の喪服を着ます。法要に招かれた側は葬儀や初七日と同じような黒の略式礼装でもかまいません。

とはいえ近頃は遺族も葬儀や告別式で準礼装にしていることが多いようです。では正礼装と準礼装では何が違うのかというと、まず礼服にはフォーマル度によって三段階に分かれています。
正式な順に「正礼装」「準礼装」そして「略礼装」があります。法要の場合の正礼装は男性はモーニングや袴を着用した和服、準礼装はダブルまたはシングルのブラックスーツ、略礼装は黒や紺など濃い色のスーツといったものです。
本来ならば遺族男性は法要の席で正礼装をするはずですが、袴は現代では着ることが少なく、モーニングも本来は昼の宴席などで着るものなので着用できる場や条件が限られてきます。そのため男性は準礼装の方が無難なのです。

一方、女性の正礼装は黒の和服または洋装になります。洋装の場合は膝丈よりも長いスカートを履き、長袖の上着を着てできるだけ肌を隠すようにします。準礼装は半袖のワンピースやアンサンブルなどで、略礼装になると黒や紺など無地で地味な色合いであればワンピースやスーツでもよく、またパンツスーツも着用できるようになります。
ちなみに礼服と一般的な黒のスーツでは色が全く違います。礼服に使う黒の染料は光を通しにくい性質があり他のスーツと比べると一目瞭然。また礼服は黒が濃いほど高級だと言われています。あまりにも安すぎる価格帯のものは避けた方が無難でしょう。

平服でいいのは何回忌からですか

平服といってもラフな格好ではなく、あくまで濃い色のワンピースやスーツなどの「略礼装」が許される時期はいつからかというと、やはり四十九日が過ぎてからになります。四十九日を過ぎてからの年忌法要は、回を重ねるごとに喪の色合いが薄くなっていきます。そのため三十三回忌や五十回などになると、仏事というよりも親族が無事に集まれたお祝いのようになり、服装も平服に近くなっていくようです。

そもそも法要とは「僧侶にお経をあげてもらうこと」を指します。一般的に法要だと思われている、焼香や施主の挨拶・その後の会食など法要に付随する行事は「法事」と呼び法要はその中の一つでしかありません。
ですから年忌の法事の他にも、お盆や納骨式などに法要をすることがあります。その際は親族だけで自宅に集まることが多いため平服でも構わないことがありますが、服装などは家庭の雰囲気や地域の慣習によっても異なります。そのため一概にいつから平服で行けますと言えないのが事実です。

●興味のあるテーマをクリック!●

初七日法要の概要とスケジュール 四十九日法要の概要とスケジュール 一周忌法要の概要とスケジュール 四十九日の法要はいつから準備?手順やポイントは? どんな法要がありますか? 四十九日法要ではどんな挨拶(閉会開会)をしたら良いですか? 新盆なのですが、いつからいつまで何をしたらいいですか? 納骨はどのように、どのような手順で行いますか? 納骨の時期は決まっていますか? 年忌法要は、毎年やらなければなりませんか? 法要の服装は?(遺族側と招かれた側) 法要に招かれたら? 法要に出席できない時は? 卒塔婆供養をしたいときは? 新盆に招かれたら? 供物料を包む時の注意事項は? 法要に招かれた時の挨拶は? 神式の霊祭に招かれたら? キリスト教の記念祭や追悼ミサに招かれたら?出席する時の注意事項は? 墓参りの時期は? 墓参りの作法は? 掃除の手順は? 神式の墓参は? キリスト教の墓参は? お盆とは?時期は? お盆の迎え方は? お盆の心得や守るべきマナーは? 新盆の迎え方 お彼岸とは?時期は? お彼岸の迎え方 お彼岸の心得や守るべきマナーは?

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

花やぼだいじの提案ありがたかったです。

満足度
100%

不記載

満足度
100%

竹内さんの対応と笑顔がとても好印象でよかったです

満足度
100%

不記載

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
95%

温かく母を見送る事出来た事に感謝しております。

満足度
95%

思い切って自宅葬にしてみましたが、とてもよかったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
父母の大恩を教えそれに報いる孝の道を説く「仏説 父母恩重難報経」
コラム
キリスト教の一部会派が唱える「死後の希望 セカンドチャンス論」
コラム
トランスヒューマニズム・超人間主義 科学は不死を実現するか
コラム
覚鑁上人によって広まった五輪塔 名前の由来や発祥、歴史を解説
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353