喪主 喪主
TOP 葬儀に関わる情報知識 喪主の役割・作法について 葬儀社選びで気をつけることは?失敗しないための葬儀社選びとは?
▼ 一覧へ

03 葬儀社選びで気をつけることは?失敗しないための葬儀社選びとは?

身内が亡くなって葬儀を行うときに、気をつけなくてはいけないことは数多くあります。中でも、葬儀社選びはとくに慎重に行いたいもの。臨終を迎えてすぐ、遺体搬送をしてくれた病院付きの葬儀社に、選択の余地などないまま、その後のすべてを任せることになってしまった、なんてことはよくある話しです。ここでは葬儀社選びのポイントをご紹介します。

慌ててはいけません、葬儀社選びは慎重に!

さて葬儀社選びですが、まずは慌てないで対応することをおすすめします。安易に決めてしまっては後々後悔することになるからです。故人の思いや故人に対する、送る側の思いを込め、みんなが納得し喜んでくれる葬儀。また葬儀自体の内容や金銭的な問題など、後々トラブルに発展しないためにも、葬儀社選びはしっかりと行っていくべきでしょう。

その葬儀社は、守秘義務・個人情報の管理、徹底されていますか?

まず、守秘義務や個人情報の管理が徹底されているかどうかは重要です。葬儀というのは実にデリケートな情報が多く存在しています。個人の住所、生年月日や出身地などといった、ごく一般的で基本的な情報だけではありません。些細ではあるけれど、身内だけしか知らないような、しかしそれは身内にとってはとても重要な内容の情報なども、場合によっては葬儀に関わる業者によって外部に漏れてしまう可能性も大いにあります。それはその外部の人間が故意に行うのでないにしても。その点については、依頼する葬儀社では徹底して従業員の教育を行えているか、前もって確認しておく必要があります。

葬儀社の従業員はプロとしての意識が備わっていますか?

従業員の教育という点では、それぞれの担当者が、ちゃんとマナーが守れているか、また知識が豊富であるかというのも、重要な点であるといえます。葬儀は、わずかな時間のあいだに、さまざまな準備や手続きなど、一度にさまざまなことを行わなければいけません。そして遺族はたいていこういうことには慣れていませんから、物事をうまく運ぶためには、当然プロにお任せするしかありません。その一切をお任せしたはずのプロが、分からない、知らないでは困るでしょう。そして、基本的なマナーでさえ守ることのできないプロなんてプロとは言えません。そんな人のために大切な時間を無駄に費やしたうえ、大切な人の最後で嫌な気持ちが残ってしまっては本末転倒です。そういう意味でも従業員がちゃんと教育できているかというのは大事な要素です。もちろん人間ですから失敗などもあります。でも私たちにとっては葬儀社の従業員は、少なくとも葬儀のスペシャリストという自覚は備えておいてもらいたいでしょう。

遺族に寄り添い親身になって、願いごとを聞いてくれる葬儀社

葬儀は、大切な人を送り出す最後の重要な儀式です。その儀式をどのようなものにしたいか。送られるほうも、送り出すほうも、できれば絶対に後悔はしたくありません。最近はさまざまな形式での葬儀があります。人にはそれぞれの個性があるように、葬儀の形もひとそれぞれに違っていて当然。そういう風に考える人が増えてきた証拠ではないでしょうか。人生の最後に、何も感じない人なんてあまりいないでしょう。派手でも、地味でも、こだわりがあってもなくても、自分らしい葬儀をして送り出されたい。そう思っても、別に不思議なことではありません。

そして葬儀社に私たちが求めるのは、その思いをきちんと理解してくれるかどうかです。故人が自分の葬儀にどんな思い入れがあったか。また送り出す側が、故人にどのような気持ちを抱いていて、どのように送り出してあげたいと願っているか。わずかしかない時間のあいだに、どれだけの思いを組んだうえに実行すべく動いてくれるか。もし、とても不可能であったとしても、一生懸命努力してくれる姿を感じることができたなら、きっと何よりも嬉しくありがたく思えるはずです。何よりもその葬儀はあたたかいいい思い出となって、遺族の心に生き続けることでしょう。
また悲しみのなかで、何も考えることのできない遺族に対して、ただ要望を聞くばかりでなく、その人にあった提案をしてくれたりすると、さらにありがたいでしょう。
私たちの願いごとを真摯に真正面からしっかり受け止め、寄り添いながら親身になってきちんと聞いてくれる、そんな葬儀社を選びたいものです。

葬儀の見積書の内容を、ちゃんと説明してもらいましょう

一番トラブルに発展しやすいのが金銭面です。何しろ、葬儀自体がデリケートなものですから、金額交渉などという行為は、どうもはばかられてしまいます。またそのような心理が、遺族には働いてしまいがちになります。最近は利用する側もシビアな傾向になってきましたが、以前は細かい内容をちゃんと把握しないまま、葬儀というものはそもそも高いのが当たり前という認識で契約を交わしてきた人も多いです。そしてあとになってから、なんでこんなに費用がかかってしまったのか分からないなんてこともよくありました。そういった情報が蔓延していましたので、今でも葬儀というものは高いものであるというのが、世間一般の常識となっているのです。
 しかし、葬儀を行うための金銭は、それぞれにちゃんと行く先があるのです。何がいくら、どれにどれだけ、ということは追究すれば明確なはずなのです。もし、ちゃんとした見積もりをしてれない葬儀社であれば、それは間違いなく信用できません。なかにはそういうデリケートな事情を利用した悪徳業者も存在しますので、遠慮せずに、どんどん聞いて明らかにするべきでしょう。事前にきちんと見積書や仕様書の提示をしてもらい、費用の内容をきちんと把握すること。これはとても基本的で重要なことです。そしてまたとても簡単なことでもあるのです。

葬儀社選びは、遺族の大切な仕事だと思ってください

葬儀社には葬儀のすべてを任せることになります。ですから何度も言いますが、決して安易に決めてしまってはいけません。もちろん、特別に豪華にしたり、他の人とは違うこだわりのある凝った葬儀をする必要はありません。ただ、あとでトラブルに巻き込まれたり、後悔するようなことにないように、信頼がおけて、安心して任せることのできる葬儀社を選んでおくことが重要です。
どんなに心が悲しくても、やるべきことが多くてじっくり考えている時間がなくても、これだけは絶対にはずせない、遺族の大切な仕事ではないでしょうか。

●興味のあるテーマをクリック!●

亡くなったらいつ葬儀をする?亡くなった直後にするべきことは? 喪主は誰がつとめるの?葬儀での喪主の役割は?喪主は何をする? 葬儀社選びで気をつけることは?失敗しないための葬儀社選びとは? 葬儀や訃報は誰から伝える?伝えるべき範囲は?何を通知すればいい? 戒名ってなに?戒名を付けないとどうなる?戒名の相場は? 喪主は通夜や告別式のどのタイミングで挨拶する?注意点や忌み言葉とは? 葬儀と告別式は何が違うの?葬儀と通夜は?葬儀と告別式と通夜の意味 葬儀はどんな流れで進行するの?仏式と神式でどう異なる?家族葬は? 葬儀の日程や日取りはどうやって決まる?葬儀にかかる時間は? 葬儀の席順や弔電の順番、焼香の順番、供花の並び順、骨上げの順番 家族葬と他の葬儀との違いは?家族葬の意味や流れ、メリット・デメリット 還骨法要と初七日忌法要は何をするの? 葬儀に関する支払いやお礼はいつするの? 葬儀の後の挨拶は誰にどのようにすればいい? 香典返しの仕方とは いつまで喪に服せばいい? 葬儀に使った位牌はどうしたらいい? 死亡届・死亡診断書ってなに?提出はいつまで? 埋葬・火葬許可証ってなに?提出はいつ、どこに? 四十九日法要の準備はいつごろからすればよい? 四十九日法要はどんな挨拶をしたら良い? 新盆はいつからいつまで、何をしたらよい? 年忌法要は毎年やらなければならない? 納骨の時期は?

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

不記載

満足度
100%

こちら様を選んで良かったです。ありがとうございました。

満足度
95%

不記載

満足度
100%

感謝しております

満足度
100%

紹介してくださった葬儀社には本当に感謝しています。ありがとうございました。

満足度
100%

ありがとうございました。

満足度
100%

おまかせして、良かったです。◯◯様とても良かったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
菩薩行とは自らを犠牲にする行為 誰かのために死ぬこととは
コラム
ギリシャ哲学やドイツ哲学はあっても日本哲学はない 日本人の哲学とは
コラム
日本の心霊主義運動の父で日本スピリチュアリズムの祖 浅野和三郎
コラム
死後の国という意味だけでなく、沖縄の死生観そのものも表すニライカナイ
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353