喪主 喪主
TOP 葬儀に関わる情報知識 喪主の役割・作法について 家族葬を行ないたいがどうしたらいい?
▼ 一覧へ

11 家族葬を行ないたいがどうしたらいい?

形式的な葬儀の枠をはずし、故人との最後のお別れである儀式を愛する家族と一緒に過ごしたい、という想いに重点をおいた葬儀が家族葬で、基本的な葬儀の流れは一般的な葬儀とほぼ同じ、通夜・告別式・火葬といった一連の儀式を通常どおり行ないます。

近年、この家族葬は人気が高まりつつあります。核家族化や経済的事情等から、お葬式は「義理や付き合いを避けたい」「葬儀費用を軽くしたい」「少人数の身内だけで葬儀を行いたい」という消費者の声を反映し、葬儀会社が家族葬スタイルとしてプラン化、つまり、家族葬は、葬儀を行うご遺族の声を取り入れた消費者から生まれた葬儀のスタイルと言えるでしょう。

家族葬への理解

【親族の方へ】

まず、家族葬と密葬を同じもの、と捉えている方々はまだたくさんいます。
家族葬を執り行うにあたって、身内、親族の理解が必要となります。
密葬というのは身内のみで葬儀を行い、火葬後、日を改めて本葬を行います。それに比べ家族葬は、葬儀の完結とした葬儀形態となります。日を改めた本葬は行いません。
今は新しい形の家族葬を執り行う葬儀社も増えています。病院が紹介してくれる葬儀社、知人が紹介してくれる葬儀社、地元紙・タウンページ等の広告で紹介されている葬儀社、また、インターネットサイトの検索で家族葬を謳う葬儀社等に問い合わせいただき、家族葬では何が行われるかよく確認し、身内親族皆から賛成される家族葬を行ないましょう。
家族葬の内容を理解できていない親族が、通常の一般葬を格安にしたものだと誤解している場合は大いにあります。

【参列を希望される方へ】

葬儀に招かない親族、友人、知人も出てきますので、不満がでないよう配慮をし、ご理解を得ておく必要があります。参列を希望される方にお断りをする場合は、丁寧な対応を持ち、家族葬であることを伝えておきましょう。

家族葬の利点

・参列人数や葬儀社による予算の変動が少なくて安心です。
・ほぼ近親者のみで行うため、弔問客に気を遣うことが少なく、落ち着いて故人とのお別れができます。
・虚飾を排し心のこもった葬儀を行ないたい遺族にとっては、ふさわしい葬儀の形態でしょう。

家族葬の欠点

・弔問客から、葬儀後に苦言を呈される場合があります。
・弔問客が後日自宅にバラバラに弔問に訪れたり、そのための対応に苦慮することがあります。
・社会的地位のある方、また、知人の幅が広く、葬儀に数多くの参列者が訪れることが予想される場合は、家族葬に向きません。参列を希望する多くの方の想いを断ち切ってしまい、たいへんな不義理になってしまいますので、上記にあたる故人の場合は、家族葬を避けましょう。

家族葬のお知らせ

家族葬のお知らせは2種類用意しましょう。参列をお断りする場合、その旨の文書、香典や供花・弔電の辞退の旨も記載しましょう。

・葬儀後に「家族葬を執り行いました」と事後報告をする場合
・葬儀前に「家族葬を行います」という報告をする場合

前者の場合「どうして知らせてくれなかったのか」という声が届く場合がありますので、葬儀前に「家族葬を知らせる人」「葬儀後にお知らせする人」を分けて文書を用意しておくことが必要です。

※返礼品の準備
葬儀や葬儀後に香典をお持ちになる方もいらっしゃいますので、失礼のないよう、香典を受け取る場合は返礼品の用意が必要です。
四十九日法要を終えてから、挨拶状と一緒に返礼品を送りましょう。

家族葬への参列のお願い

次の4つに分けると、参列をお願いする方、ご遠慮願いたい方が分かりやすいかと思います。
参列するのは、

・故人と同居家族のみ
・故人の近親者のみ(同居・別居関わらず二親等まで)
・故人の家族および親族
・故人の家族・親族および故人とごく親しくしていた人のみ

また、故人に生前から下記のことを含めたエンディングノートを作っておいていただくと、非常に分かりやすくなります。

・列席を希望する人の名
・お布施、供花、供物、お通夜、僧侶、戒名の要否
・祭壇飾り、花の指定
・遺影写真の指定

家族葬の流れ

1.ご逝去
2.ご遺体搬送、安置
3.関係各所へ連絡(葬儀社、菩提寺等)
4.葬儀社と打ち合わせ
5.納棺
6.お通夜・告別式日程の確定および参列者への連絡
7.お通夜
8.葬儀・告別式
9.初七日法要
10.出棺
11.火葬
12.お骨上げ
13.精進落とし

葬儀社選びのポイント

葬儀社を決めていなかった場合は、焦らず、まずご遺体を安置後、ご遺族で話し合いをしましょう。突然の訃報の場合、動揺していることも手伝い、善し悪しの判断もつかないまま葬議社を選んでしまい、葬儀後に後悔をしたという事例もあります。

・丁寧な応対、明朗な価格、わかりやすい説明、希望にあった家族葬プランを提示してくれる葬儀社。
そして、
・担当者は葬儀を執り行う際の一番身近な存在になります、人柄をよく見た上で葬儀社と契約しましょう。
・資料請求、見積をお願いした際、迅速に対処してくれる葬儀社。
・セット料金とオプション料金を明確にしている葬儀社。
・家族葬でも種類があり、判断に困る時「このようなプランがあります」と親切なアドバイスができる葬儀社。
・葬祭ディレクターの有無・人数、JECIAのような葬儀会社の格付機関の評価、国際規格のISO9001の取得業者であることも、葬儀社選びの評価基準です。
・契約を急かせない葬儀社(今契約すればサービスが、等の踊り文句を言わない)
・これまでの葬儀の記録を見せてくれる葬儀社。
・葬儀費用の支払い期日に余裕がある葬儀社(生命保険や葬祭補助制度、葬儀保険などで葬儀費用を賄う場合等、それらを考慮した葬儀費用の支払い期日を事前に相談できる葬儀社)。
・アフターサービスが充実している葬儀社(法事・法要、納骨堂・永代供養、相続手続き、散骨、遺品整理、手元供養等の相談にのってくれる葬儀社)

家族葬を執り行うに際しては、葬儀社選びがかなり重要なポイントになります。葬儀社の手腕で、滞りなく、故人にも遺族にも親族にも参列者にも温かな家族葬を行なえる、と言えるでしょう。

●興味のあるテーマをクリック!●

臨終を迎えたらその場でしなければならないこと 喪主を決めたら喪主は何をするの? 葬儀社選びで気をつけること 葬儀訃報をどのように通知したらよい? 戒名はどのようにお願いすればいい? 喪主はいつ、どんな挨拶をしたらいい? 「葬儀と「告別式」は違うの? 葬儀はどんな流れで進行するの? 葬儀の日程や時間の決め方 座る席順はどのように決めるの? 家族葬を行ないたいがどうしたらいい? 還骨法要と初七日忌法要は何をするの? 葬儀に関する支払いやお礼はいつするの? 葬儀の後の挨拶は誰にどのようにすればいい? 香典返しの仕方とは いつまで喪に服せばいい? 葬儀に使った位牌はどうしたらいい? 死亡届・死亡診断書ってなに?提出はいつまで? 埋葬・火葬許可証ってなに?提出はいつ、どこに? 四十九日法要の準備はいつごろからすればよい? 四十九日法要はどんな挨拶をしたら良い? 新盆はいつからいつまで、何をしたらよい? 年忌法要は毎年やらなければならない? 納骨の時期は?

7つのご葬儀プラン 追加費用一切なし

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
90%

東遠地区聖苑での火葬式、ありがとうございました。

満足度
100%

親切、丁寧で施設も綺麗で広く大変満足している

満足度
90%

満足のいく葬儀となりました

満足度
100%

丁寧な電話対応からはじまり、葬儀会社の方もみなさんとても良い感じの方達で安心できました

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
100%

立派な葬儀会館をご紹介していただき感謝しております。

満足度
100%

知人にも自信をもっておすすめしようと思います。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
弔いや供養と深い関係を持つお花 お花が手向けられる理由とは
コラム
弔いを目的に作られるのは碑や神仏像だけでなく文学作品でも存在した
コラム
死が近づいても知性は正常でいられるか?仏典や神話が果たす役割とは
コラム
死に慣れることで薄まった当事者意識と、慣れたことで得られた恩恵
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353