参列者としてのマナー 参列者としてのマナー

14 弔問の時期とすぐに駆け付ける場合のマナー

弔問とは、訃報を受け取った後に亡くなった人の自宅に伺い、お悔やみを述べることです。現在では亡くなられた人の遺体は自宅よりも葬儀場に安置されているケースが多いので、そちらへ出向く際にも同じく「弔問」の言葉が使われます。弔問にあたって一番注意しなければならないのが、いつ訪問するか、ということです。あんまり早く行っても遺族の負担になるのではないか・・・とも考えてしまいがちな弔問の訪問時期。どのようなマナーに気をつければよいのでしょうか。

弔問にはできるだけ急いで向かった方がいい?

訃報の知らせを受け取ったので弔問に伺いたいけれど、今押しかけると迷惑にならないだろうか・・・。ある程度 あちらが落ち着いてから伺った方が、ご家族の負担にならないのではないか・・・。

人が亡くなった直後というのは様々なことに気を遣うものです。特に遺族の家への訪問へ行くのであればなおさらです。ことさら気を遣うのが訪問時期。なるべく遺族の負担にならないようにしたいものですが、弔問にはいつ伺うのがマナーとして正しいのでしょうか。

実は、弔問にはあまり時間をおかずに、すぐに向かった方が良いとされています。訃報を受けた際にはもちろんのことですが、通夜や葬儀に参加できず、行われた後に自宅に弔問するときにもなるべく早い時期を心がけます。遅くても四十九日の法要が終わるまでに伺うのが良いでしょう。

電話や訪問は簡潔に!

訃報を受けて弔問に向かう際や、通夜や葬儀の日取りなどを聞くときには、「いつ、どこで行うか」を簡潔に聞きましょう。遺族側も忙しく、また精神的にも余裕のないことが考えられますので、あまり長々と時間は取らせずに要件を聞き、伝えることが重要です。無駄話はしないようにしましょう。

また実際に遺族の家を訪れた際にも、あまり長居をしないようにします。お悔やみの言葉は玄関口で述べ、特に親しい間柄でなければ 長話や無理に遺族を引き留めるようなことは厳禁です。時間にも心にもゆとりのないときです。遺族の立場をよく思いやって、あまり負担をかけないよう心がけましょう。

手伝いの申し出、故人との対面などの際のマナーについて

急な訃報の知らせを受けて遺族の家に駆けつける場合には、故人との間柄によって 遺族側に何か手伝いを申し出るのがマナーです。

訃報を電話などで知らされた場合には、その場でお悔やみを述べ、弔問に伺ってもいいか確認を取ります。許可が出た場合にはなるべく急いで自宅へと向かい、遺族に対面したときには玄関口などでもう一度お悔やみの言葉を述べましょう。その後、故人と親しい間柄であった場合や 近所に住んでいた場合には、通夜や葬儀を行うにあたって 何か自分に手伝えることはないかを遺族に尋ねます。
 
また、故人との対面や焼香などをしたいと弔問客側から申し出ることはマナー違反となります。自分から希望するのではなく、必ず遺族からの勧めがあって 許可を得てから行うようにしましょう。もしここで自分の気持ちの整理がつかないなどの理由で 故人との対面がつらい場合には、そのことを遺族側に伝え 対面を辞退することもできます。自分の気持ちを伝え、失礼にならないようお断りしましょう。

弔問に駆けつけるときの服装はどうすればいいの?

いざ遺族の家に伺うとなったときには、まず注意したいこととしては喪服は厳禁である、ということです。これは、弔問が 故人が亡くなったその日に行うものであることから、急な訃報を受け取って駆けつけたにもかかわらず喪服を着ていくということが「故人の訃報を予期していた」という意味に受け取られてしまうからです。これはかえって遺族に失礼に当たり、マナー違反となります。しかし故人の亡くなった翌日以降や 葬儀が終わってから弔問に行く場合などには、喪服を着て行っても失礼には当たらないとされることもあります。自分が遺族の自宅へと向かう状況に合わせて考えるようにしましょう。

それでは突然の訃報を受けての弔問の際にはどんな服装をすればよいのでしょうか。基本的に、弔問の際には地味で落ち着いた色合いをした平服で構わないとされています。ただ派手な化粧を避けたり、石付きの指輪は外したりといった配慮は必要です。また、作業着やジーパンなどのラフな格好はマナー違反です。「とりあえず急ぎで駆けつけた」という意味を表す平服で、「畏まりすぎない、地味な色合いのもの」を心がけるようにしましょう。

香典や手土産は持って行った方がいいの?

基本的に弔問の際には、香典も手土産も不要である、というのが一般的です。

香典についてですが、これは通夜か告別式で持参するものであるとされています。弔問時に持参して遺族に渡すのは「訃報を見越してあらかじめ用意されていた」ように受け取られるためマナー違反となります。
 
手土産についても、基本的には持参する必要はないとされています。しかし故人と親しい間柄で、生前に好んでいたものがわかるといった場合には、果物やお菓子などを持参することもあります。またどうしても何かを持って行きたいという場合には、蘭などのアレンジメントなどを「枕花」として持参するという手もあります。少なくとも必須ではありませんので、自分と故人の関係などを考慮して どうするか決めるようにしましょう。

【弔問にすぐに駆け付ける際のマナーまとめ】

・弔問に伺ってもいいかどうか 訃報を受けた際などに必ず遺族に許可を取る
・弔問にはできるだけ早く伺う
・電話や玄関口の挨拶では長話をせず、簡潔に要件を伝える
・お悔やみの言葉を述べた後に 何か手伝えることはないか尋ねる
・故人との対面や焼香は 必ず遺族の勧めと許可をもらってから行う
・弔問には平服で伺う
・香典は持参しない。手土産等も必須ではないので状況によって判断する

おわりに

弔問は通夜や葬儀前に遺族や故人と対面する機会となります。弔問をする側も受ける側も、どちらも心に余裕はないかもしれませんが、できることなら心穏やかに 故人と最後のお別れをしたいものです。

弔問に伺うとき、遺族は大変忙しい時期にあたります。弔問客は遺族への配慮を欠かさず、遺族の負担になるようなことを避けるように心がけましょう。電話での長話、玄関口での長居などには特に気をつけます。

また、弔問のタイミングや服装なども地域によって細かな差が出ることがあります。もし自分の住んでいる地域で不明な点があれば町内会の人や近所の方に聞いてみるのもよいでしょう。基本的なマナーを頭に入れ、いざというときに慌てたり恥をかいたりしないようにしたいものです。

●興味のあるテーマをタップ●

告別式と通夜は両方に参列するべき?片方だけ? 香典の一般的な相場について 家族葬とそれ以外の葬儀では参列マナーが異なる? 恋人の家族が亡くなった場合、参列するべき?参列するなら何に気をつけるべき? 赤ちゃんや幼い子供を連れて葬儀に参列する場合の注意事項 喪服選びのポイント 葬儀に参列出来ない場合の具体的な対応とマナー 香典を入れるふくさを選ぶ際のポイント 突然の訃報。まず何をするべき? 家族葬の為、香典不要と言われた場合、本当に香典は必要ない? お悔やみの言葉、ご挨拶 香典の書き方、差し出し方 供花、供物の贈り方 弔問の時期とすぐに駆け付ける場合のマナー 葬儀の手伝いや世話を頼まれた場合の対処方法 電報の贈り方とマナー 焼香の仕方とキリスト教式、神式だった場合の対応 香典返しや年賀欠礼を貰ったら? 通夜ぶるまい・精進落しに誘われたら? 火葬場への同行を誘われたら?骨上げはどうすればいい? 突然の訃報でネイルオフが間に合わない場合はどうすればいい? 宗派別のお数珠の持ち方 喪中見舞いとは?正しい贈り方とそのタイミング 御霊前と御仏前の違いとは

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
95%

告別式、葬儀を省いたことは、金銭的にも、身体的にも負担がなくできたのはよかったです。

満足度
100%

親切、丁寧で施設も綺麗で広く大変満足している

満足度
90%

満足のいく葬儀となりました

満足度
95%

何もかも初めての事ばかりっだった私たちに親切で丁寧な応対をしていただき、とても安心出来ました。

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
95%

温かく母を見送る事出来た事に感謝しております。

満足度
100%

知人にも自信をもっておすすめしようと思います。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
輪廻転生を信じるバリ島での葬儀は人生の門出を祝って盛大に行われる
コラム
仏教国の日本では「天国へ行く」ではなく「極楽へ行く」が正しい用法
コラム
楽に生きて穏やかに死ぬために改めて考え直したい「布施行」
コラム
与えられるものが何もなくても人は人を幸せにできる 無財の七施
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353