葬儀後にするべきこと 葬儀後にするべきこと
TOP 葬儀に関わる情報知識 葬儀後にするべきこと 喪中はがきはいつどのタイミングで送るべき?
▼ 一覧へ

23 喪中はがきはいつどのタイミングで送るべき?

カレンダーの残りが少なくなり、頭を悩ませるのが年末年始の挨拶です。特にことし身内を亡くされた方には余計につらいものでしょう。なかでも喪中はがきをどうするか、いつどのタイミングで誰に送るか?初めてのことで戸惑う方も多くありません。そこで喪中はがきについてまとめてみました。

喪中はがきとは何か?

身内に不幸があった時は四十九日までを「喪中」とし、遺族は喪に服して祭事やお祝いを自粛するのが一般的です。またその年は元日の挨拶や初詣なども含めた新年の行事も控えます。これは死が「穢れ」とされていた、古くからの神道の考え方が仏教ならびに日本人の考え方に広く普及しているからです。年賀状は新年の訪れを祝う挨拶状であるため、喪中の間はこれを送ることはできません。ですから事前に新年の挨拶はできない旨を親族や知人に知らせる必要があります。その際に出すのが喪中欠礼のはがきです。

喪中はがきは親戚や兄弟にも送るの?

喪中はがきは基本的に年賀状をやりとりしている人や新年の挨拶を交わす関係にある人全員に送るもので、親戚や別世帯の兄弟にも送るのが一般的です。
しかし近年は葬儀に参列した人や親族に送るのはかえって失礼になる、故人の死を知っている人にわざわざ喪中はがきを送るのは無駄だという意見もありますので、「誰に送るか」というのはご自身の周囲や地域、親族の慣習にならった方がいいでしょう。

では、いつ喪中はがきを送ればいいの?

結論から言うと、相手が年賀状を用意する10月下旬から11月中旬です。

まず喪中はがきは年賀状を出すなという依頼ではありません。あくまで喪に服しているためこちらからの挨拶は失礼するというお詫びです。ですから喪中にある人が年賀状を受け取る分には一向にかまわないのです。ただその場合、お祝い事はできないため年賀状を送り返すことはできず、寒中見舞いという形で返事をしなければなりません。
しかし実際には喪中だということを知らず年賀状を送ってしまったとき、また反対に喪中に年賀状を受け取った場合でもお互いを気遣ってしまうものです。年賀状の送り主に対して悪いなと思ったり、寒中見舞いのハガキを買い足しに走ったり、多くの人がそうしてしまうでしょう。

そういったことを考えると、喪中はがきは年賀状を投函する時期までに相手に届くようにする必要があると分かります。郵便局の年賀状引き受けは曜日などによっても前後しますが毎年12月15日から12月25日あたり、これが元日に届く投函期限です。あるアンケートでは回答者の72%が元日に年賀状が届くように投函し、さらに別のアンケートでは回答者の約半数が「遅くとも12月25日には投函する」と答えています。アンケート内容が違うことと、人によって元日に着くまでの日数に関する認識のズレがあるためか数字が合わない部分もありますが、ほとんどの人が12月25日までに年賀状を投函しているようです。

では喪中はがきもそれ以前、12月くらいに出してもいいのでは?と思うでしょうか。しかし一般的に年賀状は前もって用意しておくものです。特に付き合いが多く年賀状をたくさん出す人なら早めに必要枚数を把握し、はがきを予約したり印刷所を手配したりしていることがあります。全国の郵便局で年賀はがきが発売されるのは通例として11月1日です。またスーパーやコンビニを予約窓口とする印刷所では11月、早いところでは9月や10月から予約を始めているところがあります。

そういったことから12月に喪中はがきを用意するのでは間に合わないことがほとんどでしょう。喪中はがきは相手が年賀状を投函する期日ではなく、年賀状を実際に購入しようとする以前に出しておきたいものです。ですから年賀状の発売日に合わせた11月1日を基準に、10日前後の幅を持たせた10月下旬から11月中旬に送るのが最適と思われます。

年末に亡くなった場合は?

一般的な喪中はがきは10月下旬から11月中旬に送るものだと分かりました。では11月や12月に亡くなった場合、喪中はがきが用意できない場合はどうしたらいいのでしょうか?
11月に亡くなった場合は、初旬なら喪中はがきも間に合うことがあります。喪中はがきは年賀状を投函するまでに届けばいいので、遅くても12月初旬までなら大丈夫でしょう。その際は印刷所もしくは喪中はがきを手配する葬儀社などに「いつごろ届くか、時期に間に合うか」確認した方がいいでしょう。
間に合わない場合、あるいは亡くなった時期が12月の場合は喪中はがきを送ることができません。物理的には送れますが相手の投函日に間に合わないので送っても意味がないということです。この場合は喪中の家庭にも年賀状が届くことになります。そういった際には年賀状をそのまま受け取って、後日「寒中見舞い」という形で欠礼のお詫びと事情を簡潔に述べます。

また喪中はがきには、いつ誰が亡くなったか・喪主との続柄・日頃の付き合いへの感謝と欠礼のお詫びを書き、近況報告などの余計なことは書きません。

まとめ

喪中はがきを送るにも相手が年賀状を購入する時期を考慮する必要があるため、10月下旬から11月中旬と早めに出す必要があります。そんな早くから……と思われるでしょうか。しかし年末年始は誰しも忙しく時間が経つのも早く感じるもの。マナーとは規則ではなく、相手に対して余計な気遣いや手間をかけさせないための配慮です。喪中のあいだは何かと気ぜわしく相手の立場に立つ余裕を感じられないものですから、この機会に知識として覚えておきましょう。

●興味のあるテーマをタップ●

遺品がありすぎて何をしたら良いかわからない場合はどうしたら良い? 遺品の中で捨てていけないものはありますか? 故人の兄弟や両親に遺品を送ってもいいか 形見分けで気をつけることは? 遺品相続で揉めるケースの紹介 生命保険や医療費の申請の仕方 死後に必要な手続きとその注意事項や期限 会葬いただいた方や手伝っていただいた方へのご近所周りのお礼やハガキ、手紙、電話などでお礼の方法 遺言書が見つかりました。何をすればいいですか?どうすればいいですか? 四九日までにすべきことはなんですか? 仏壇は買うべきですか? 本位牌はいつ買うべきですか? 墓の継承はいつどうやって行いますか? お墓がない場合は、どうすればいいですか? お墓以外の選択肢はありますか? お墓を持たない場合、それぞれの選択肢について 特徴やメリット・デメリットはなんですか? 手元供養とはなんですか?どんな人に向いていますか? 自然葬とはなんですか?どんな人に向いていますか? 香典返しはいつ返しますか? お墓がある場合、四九日までにそのお墓になにをしておくべきですか? 生命保険はいつまでにどんな手続をすればいいですか? 相続とはまず何をするべきですか? 個人の預金口座はどのように取り扱えば良い? 喪中はがきはいつどのタイミングで送るべき?

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

花やぼだいじの提案ありがたかったです。

満足度
100%

不記載

満足度
100%

竹内さんの対応と笑顔がとても好印象でよかったです

満足度
100%

不記載

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
95%

温かく母を見送る事出来た事に感謝しております。

満足度
95%

思い切って自宅葬にしてみましたが、とてもよかったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
トランスヒューマニズム・超人間主義 科学は不死を実現するか
コラム
生きながらにして死を経験し克服するチベット密教の瞑想技法「ポワ」
コラム
覚鑁上人によって広まった五輪塔 名前の由来や発祥、歴史を解説
コラム
極楽への手形として「満願した御朱印帳をお棺に入れる」という風習
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353