資料請求
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム

死後に隠し子が発覚したときの相続トラブルの要点と対策を解説

ある日、知人が親戚の相続でトラブルになってしまい、非常に困っているので助けて貰えないかと言ってきた。内容を聞いてみると、知人の親戚の父親が亡くなり相続が始まったが、その直後に隠し子が発覚し大きなトラブルとなったという。相続としては良くあるトラブルであるが、今回は隠し子と相続のトラブルについて触れてみたい。

日本人と唯一神教との相性は?日本人と唯一神教との微妙な関係

日本はキリスト教が普及しなかった最大の先進国とされており、信徒数は総人口の1パーセントにも満たない。そもそも唯一神教は日本人には合わないと言われている。しかし、日本で最大の信徒数を誇る宗教は唯一神教に近い仕組みを持つ宗派なのである。


精神保健福祉士が考えるキューブラー・ロスの死への第1段階「否認」

もしも自分に残された時間が少ないと分かったら、人はどのようにその瞬間へ向かうのだろう。そこには、どのような心の変化が生まれるのだろう。前回同様、アメリカの精神科医であったキューブラー・ロス(1926-2004)の著書「死ぬ瞬間」を参考として死への過程の第1段階「否認」について考察しようと思う。

生命保険金の受取人は配偶者と子供のどちらが節税対策になるか

生命保険契約における死亡保険金の受取人を誰にするかによって、大きなトラブルを招く恐れがある。しかし、近年の民法改正によって受取人の選択のお陰で相続税の節税効果が期待できる状況になってきた。今回は死亡保険金の受取人と節税効果について触れてみたい。


名前がもっている神秘と永遠ーー名前にはどんな意味があるのか

イギリス・ケンブリッジ大学の近くに、ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン(1889〜1951)の墓がある。著名な人物の墓には銅像やら功績を讃える説明文などがあるものだが、その墓石には「Ludwig Wittgenstein 1889-1951」とだけ刻まれている。「20世紀最大の哲学者」とも言われる人物の墓にしては実に簡素なものだ。しかし彼の人物や人生を知る者には、彼らしいと思える。なぜ「らしい」のか。名前とはただのラベルではない。墓に刻まれた名前には、その人のすべてが宿っている。

精神保健福祉士が考えるキューブラー・ロスの死の受容モデル

もしも自分に残された時間が少ないと分かったら、人はどのようにその瞬間へ向かうのだろうか。そこには、どのような心の変化が生まれるのか。 今回は、キューブラー・ロス著「死ぬ瞬間」を参考として死への過程を紹介し、精神保健福祉士(精神科ソーシャルワーカー)としての筆者の見解と共に記す。


口頭でも贈与は成立する?贈与契約書を交わす重要性を解説!

前回の友人から、再度相談に乗って欲しい旨の連絡がきた。曰く、実母からの話しだと実父から土地付き一戸建てを贈与すると聞いている。生前贈与か遺贈に該当すると思うが、全く問題ないのだろうかということだった。筆者が友人に贈与契約書の有無について確認すると、贈与契約書は作成していないはずとのこと。と言うよりも、そんな契約書自体初耳であり、作成する必要はあるのかどうかすら疑問だし、民法上では口頭でも贈与可能となっていると書籍で読んだから、これで充分なのではないかという。

藤沢秀行名誉棋聖が絶筆として遺した「強烈な努力」を考えてみる

東京都台東区入谷(いりや)の奥まった裏道に、小さな神社がある。百人一首の「わたの原 八十島かけてこぎ出(い)でぬと 人には告げよ 天の釣舟(つりぶね)」の作者・小野篁(おののたかむら、802〜852)と「学問の神様」で知られる菅原道真(すがわらのみちざね、845〜903)を御祭神とする小野照崎(おのてるさき)神社だ。


ヘレン・ケラーが信奉していたスウェーデン・ボルグの神秘思想

「奇跡の人」ヘレン・ケラー(1880〜1968)が、キリスト教の世界で異端とされている神秘思想家 スウェーデンボルグの信奉者であったことはあまり知られていない。ヘレンのエピソードといえば、アン・マンスフィールド・サリバン先生(1866〜1936)との交流がよく語られる。しかしサリバン先生がヘレンの「心」を解き放ったとすれば、スウェーデンボルグはヘレンの「魂」を解き放った存在であった。

法律婚の配偶者と内縁の配偶者の相続における差について解説

在宅勤務中とは言うもののしっかりと夏季休暇を取っていたある日、長い付き合いの友人から連絡を貰った。聞けば相続について相談があるとのこと。内容は、友人の実母の相続についてであった。正確には、実父が亡くなった際の実母の相続についてであった。経験上少々嫌な予感がしたのだが、その予感は的中してしまった。



このページのトップへ