資料請求
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム

相続に備えて親子関係不存在の調停を申し立てた事例

私がかつて家庭裁判所で調停委員をしていた時、近い将来の自分の相続に備えて、親子関係不存在の確認を求めて、調停を申し立てた印象に残る事例があった。なおプライバシー保護の観点から、内容は幾分変えてある。

有料老人ホームの前払金に隠された秘密 償却期間以上の長生きは困る?

民間の有料老人ホームの中には、入居時に「前払金」などの名称でまとまった金銭の支払いが必要なことがある。その額は建物の豪華さやケアの手厚さなどで異なる。それだけではなく、前払金の仕組みの中には、ホーム側の「入居者には何年後に死んで欲しいか」といった本音が隠されているという。


仏教的に不倫がどのように取り扱われているかざっと調べてみた

発覚するたび騒ぎになり、たちまちニュースを染め上げるのが芸能人の不倫騒動だ。「いつから」、「誰と」、「どんなふうに」…そんな話題が毎日テレビやインターネットニュースに流れ、SNSには非難や擁護の言葉が溢れかえる。世間一般の認識でも、法的にも、不倫は罪だ。筆者が以前見たドラマでも、「不倫は地獄」だと言い現わされていた。そして、仏教的にも不倫は罪で、犯した者は地獄に堕ちるとされている。

借金して遺産を減らすという相続税対策は無意味!借金が相続税対策となる条件は?

銀行等の金融機関で金員を借り入れると相続税対策になると聞いたのだが本当なのか、という質問を受けたことがある。答えは金員を借り入れただけでは相続税対策にはならない、借り入れた金員で不動産を購入して自分で居住するか、賃貸アパートを建築して不動産投資を行う、生命保険を契約し借り入れた金員で保険料を支払う等を実行すれば相続税対策となることだ。今回は、借入金と相続税について触れてみたい。


福岡県直方市にひっそりと佇んでいる石柱梵字曼荼羅碑という石碑について

かつて飯塚・田川と共に、「筑豊三都」と呼ばれ、福岡県北部の石炭産業の中心地でもあった直方(のおがた)市植木(うえき)には、福岡県の指定文化財である、「石柱梵字曼荼羅碑」と呼ばれる石碑が、小さな「観音堂」の中に祀られている。普段は布に包まれた格好で、お堂の奥に安置されているので、その様子を窺い知ることはできないが、材質は玄武岩で、高さ85センチ、幅25センチの六角柱だ。それは単なる「石の塊」ではなく、全体的にかなり磨耗しているとはいえ、平安末期の仏教文化、祈りのありようを濃厚に物語るものである。

ゾロアスター教が鳥葬を行う理由は?鳥葬に込められている思いとは?

送の方式はと聞かれればほとんどの人は火葬、もしくは土葬と答えるだろう。最近では散骨がそれに続くかもしれない。1970〜80年代にはオカルトブー厶の到来や、秘境・魔境探検を銘打ったドキュメンタリーが人気を博すなどし、猛禽類に死体を食べさせる鳥葬の存在がしばしば伝えられた。興味本位な視点の要素も大きかったが、遠い世界の風景が垣間見えたものである。日本人には馴染みが薄い鳥葬に込められた意味とは。


自業自得は実は間違った意味で使われている。自業自得の本当の意味とは

先日センター試験が終了し、多くの学生が努力してきた成果をぶつけてきただろう。思ったよりできたという達成感や思ったよりできなかったという後悔をそれぞれ抱えて、それでもと気持ちを切り替えて国公立の二次試験や私立入試に挑んでいく。この時期の絶え間ない緊張感は、大学受験から数年たった今でもはっきりと思い出せる。

「相続法改正の背景と主な変更点」を家庭裁判所 元調停委員が解説

昨年12月中旬、「民法改正 相続編をざっと読む」という講座が開かれた。6年前まで家庭裁判所で数多くの遺産分割調停に携わってきた者として新しい知識を装備しておくべきと思い参加した。たまたま講座の講師が横浜家裁で調停官(週1回裁判官として調停を行う弁護士)をしていた方で私も数回、調停委員として一緒に調停を行ったことがあった。


贈与税の時効は何年?贈与税の時効が認められる可能性はほぼゼロ?

筆者の友人主宰の新年会で、友人から贈与に関する質問を得たのだが、贈与には贈与税が課税されることは知っているが、時効はあるのか?ということだった。更に、もし、時効が過ぎた場合には免税になるのかとも聞かれた。答えとして時効は通常六年、例外的に七年。贈与税の課税逃れはほぼ不可能というものだ。

火葬場や児童相談所、障害者施設への建設反対運動から考える不寛容の正体

火葬場、ゴミ処理場、児童相談所、障害者施設などの建設反対運動。子供たちが遊ぶ声や除夜の鐘がうるさいなどのクレームなど、社会全体が自分本位で不寛容になってきていることを考えさせられる報道が目立つように思う。今の自分の生活さえ良ければいいというエゴイズムの根底には生と死の分離にあると考える。



このページのトップへ