資料請求
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム

戦犯作家のレッテルを貼られていた火野葦平が遺した兵隊三部作と自死の理由

「私にとつての記念碑的作品」「文字どおり生命を賭けて描いた作品」であり、「生涯に二度あろうとも考えられぬ運命的な體驗でもあつたので、その當時の思い出は胸の奥底に染みついている」という「兵隊三部作(麦と兵隊、土と兵隊、花と兵隊)」を著した作家・火野葦平(1907〜1960)は、「残酷!」や「軍国主義者!」のレッテル、そして国威掲揚、戦争賛美における「戦争責任」を、敗戦後、日本に平和が戻ってから、その自死に至るまで、否、今日もなお、それらのレッテルは剥がされることなく、弾劾され続けていると言っても過言ではない。

お酒が葬儀や法事法要で振る舞われる理由やその意味とは?

冬になると日本酒が恋しくなる。冬は日本酒に合う海の幸が豊富だ。鍋に日本酒なんかも最高である。寒い冬には熱燗で体を温めたいという気持ちにもなる。そして何よりもこの時期の「新酒」という文字に惹かれる。新酒の定義は米の収穫後、新米で仕込んだお酒を指している。つまり出来立てホヤホヤのお酒という解釈だろう。日本酒は10月〜3月の寒い時期に造られるため、寒い時期に新酒会として多くの酒蔵がイベントを開催し、色々な味わいを楽しむ事ができるので一層飲む機会が増え、美味しく感じるのかもしれない。


散骨のデメリットである別離が実は考え方次第ではメリットになるかもしれない

「亡くなった後は、納骨ではなく散骨してほしい」ーーこういった考えを抱く人も決して少なくはないだろう。散骨葬は何をもたらすのか。また散骨葬を望んだ人々は、どのような意志のもとでその選択をしたのだろうか。

親の介護は子供がするが当たり前だった時代に育った子供とそうでない子供

社会学者・副田義也は「家族を、ひとの誕生する場として語るほどには、ひとの死亡する場として語らないのはなぜだろうか」と述べている(1)。孤独死、無縁社会が叫ばれる昨今ではあるが、多くの人は何らかの形で家族の中にいる。そしてほとんどの人は死に至る過程で病を患う。その時、家族とはどのような存在であるのか。「死亡する場」としての家族とは。


遺産の分割方法である「代償分割」のメリット・デメリットや注意点を解説

日本人が所有する財産の殆どは土地や住宅等の不動産であるという。相続に関して、この不動産が大きなトラブルの元になっていることは良くあることだ。何故かと言うと、不動産は均等に分割して所有することが困難であり、持ち分の不公平性を巡ってトラブルになることが多いからだ。故に、持ち分の不公平性を是正するための措置として、代償分割という制度がある。

ユング派心理学者のアーノルド・ミンデルが提唱する「コーマワーク」とは

昏睡状態・植物状態の患者の意識はどうなっているのだろうか。一生意識が戻らないと宣告された人たち。彼らは本当に意識がないのか。ユング派心理学者 アーノルドミンデルはこれに異を唱え、生死の境で足を止めている彼らの意識的なメッセージを受け止め解放させるワークを開発した。それが「コーマワーク」である。


日光は仏教を由来とする地名だった?日光が徳川家康とダライ・ラマを繋ぐ?

大阪府藤井寺市や東京都国分寺市など、日本には仏教に由来する地名が数多くある。観音平、阿弥陀岳、称名滝など一目見ただけで仏教由来とわかる地名がある一方で、クイズのように複雑な謎解きが必要なものもある。世界的な観光地である「日光」もそのひとつだ。

「財産を寄付」という相続税対策のメリット・デメリットや注意点を解説

究極の相続税対策とは何かと問われると、筆者としては亡くなる直前までに財産は無いけど、借金も無い状態にしておくこと。欲を言えば自分の葬儀費用のみ残しておけば良いと言える。しかし、これは筆者の個人的な理想論である。では他に何があるのかと言うと、財産を国や都道府県、市町村に寄付することだと言える。


海外資産に対して相続税が課税されるかどうかの基準とその注意点を解説

タックスヘイブンと言う言葉をご存じだろうか。課税が著しく低いか、殆ど無税に近い国や地域のことを指す言葉であり、租税回避地若しくは低課税地域とも呼ばれる。有名なタックスヘイブンとしては、マレーシア、ケイマン諸島やモナコ公国等が挙げられる。世界の富裕層はタックスヘイブンに居住するか金融財産の殆どをタックスヘイブンにある金融機関を通して租税回避行為を実行し、多額の利益を得ているとも言われている。2016年5月に公表され話題となった、モナコ文書を覚えている方も多いのではないだろうか。

死の奇襲へのゆるい備え。覚悟は幸福。正常化バイアスの破壊。

何気なく日常を送る日々に「死」が奇襲をかけてくることがある。病気やケガをしていなくても、自身に、家族友人に。ある意味では「死」ほど身近なものはないはずなのに、我々はそれを無視することで生きている。明日も明後日も変わらぬ毎日が来ると漠然と考えて生きている。



このページのトップへ