葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 浄土三部経の一つである「観無量寿経」が示す生死を超える道

浄土三部経の一つである「観無量寿経」が示す生死を超える道

死に対するテキストの一環として仏教の「浄土三部経」のひとつである「観無量寿経」を検討する。悲惨な境遇に置かれたひとりの女性を通じて、人間の弱さと劣悪さを指摘し、生死を乗り越える道を示している。

浄土三部経の一つである「観無量寿経」が示す生死を超える道

観無量寿経とは

「仏説 観無量寿経」(以下、「観経」)は「無量寿経」「阿弥陀経」と並ぶ浄土系仏教の聖典である。冒頭を飾るのはよく知られる「王舎城の悲劇」である。マガダ国の阿闍世(アジャセ)王子は、悪友の提婆達多(ダイバダッタ)の教えに従い、父・頻婆娑羅王(ビンビサーラ)を牢獄に幽閉した。母・韋提希(イダイケ)夫人は、密かにバターと乾飯を混ぜた粉末をその身に塗り夫に与え、王は餓死を免れていた。しかしこれは間もなく発覚し、王子は韋提希までも幽閉。王は餓死することとなる。次は自分の番と死に怯え、己の境遇に嘆き悲しむ韋提希に、遙か遠方にいる釈迦は超常的な神通力を発揮。極楽往生のための具体的な方法を説くという物語になっている。釈迦は韋提希に13の観相法(イメージを使った瞑想法)と、それができない者のために念仏を唱えるだけの称名念仏を説いた。

水をイメージする「水想観」、宝樹をイメージする「樹想観」などを経て、仏の姿や極楽浄土の非常に細かい、具体的なイメージを要求する観相に至る。「観経」は極楽に往生するための具体的な瞑想テキストである。その一方で、当初は己の境遇に悲嘆するだけだった韋提希の内面に変化が現れていく描写から、末期患者へのスピリチュアルケアの要素などが読み取れる。なお阿闍世は後に激しく後悔し苦しみ、釈迦の慈悲に救われることになる(詳細はこちら)。

凡人・韋提希の死の受容

前述のあらすじでは実の息子に幽閉され、夫を殺された韋提希は悲惨の極地である。しかし一方の事情を読むと、韋提希に全面的に同情できるものでもなくなる。善導(613〜681)による注釈書「観無量寿経疏」によると、世継ぎにめぐまれなかった王は、仙人が3年後に死んだ後に王子として生まれ変わるとの予言を受け、待ちきれずその仙人を殺してしまった。仙人は王子に生まれ変わって王を殺すと言い残して死んだ。この予言を恐れた王は生まれたばかりのわが子を殺そうとし、韋提希もこれに同調したという。

史実であるかは別として実に身勝手な話である。自業自得もいいところだが、韋提希はそんなことは棚に上げて、わが子を悪子と呼び、釈迦に対しても、息子を扇動した提婆達多の親族であることを責めるような言い方をする。さらに韋提希はこの世に絶望し生きていたくないと嘆き、釈迦にこの世を超える世界の提示を求めた。

釈迦はそんな韋提希に無数の仏の世界・仏国土の光景を見せる。それぞれが特徴的な仏国土の中で、韋提希は極楽浄土への往生を願うようになった。そして、自分は極楽浄土を見ることができたが、釈迦滅後に未来の人たちはどのようにして極楽を見ればよいのかと尋ねた。嘆くだけだった韋提希は生死を超越する世界を知り、さらに他人を思いやる気持ちが生まれたのである。その方法がこの後に説かれる観相であり、釈迦がすべてを語り終えると、韋提希は悟りを得て生死を超越する境地に至った。

仏教学者・田代俊孝は、この韋提希の心情の変化は、キューブラー・ロス(1926〜2004)が提唱した死の受容のプロセス「否認」「怒り」「取引」「抑鬱」「受容」に通じるものがあると指摘する。最初の嘆きは「否認」に相当し、阿闍世や釈迦を責める「怒り」が見出される。極楽浄土の提示と往生という「取引」すら見られるし、そもそもが「抑鬱」状態である。そして極楽浄土への往生を確信した韋提希の悟りは死の「受容」に匹敵すると考えられる。

下品下生の者

「観経」では人間には位があり、往生の仕方にも格差が生じると説く。上品、中品、下品にそれぞれ上生、中生、下生があり、9つの位に分けられる。最上級が「上品上生」、最下級が「下品下生」である。現代語の上品下品の語源ともされるが、ここでは「品」は「ひん」ではなく「ぼん」と読む。

釈迦が説く観相のイメージはかなり細微に渡る光景が要求されており、最下級である「下品下生」の者にはまず不可能で、そのような者には観相以外の別の往生方法が用意されている。それが「南無阿弥陀仏」と念仏を称えるだけの称名念仏である。後に法然(1133〜1212)がこの教えを特化して、専修念仏の教義を確立し浄土宗を開くことになる。法然が着目したように「観経」の真髄は「下品下生」にある。如来の慈悲の前に格差は無い。差があるのは生きる人間自身である。

韋提希が悟りに至ったのは釈迦がすべてを語り終えた後であり、語りの最後が「下品下生」であることは見逃せない。釈迦は観相の説明する前に韋提希に対して、死を免れない凡人に過ぎず、その心は弱いと指摘している。自分の落ち度は棚に上げて息子を責め、釈迦にさえ噛みついた韋提希は、病床でわがまま放題に振る舞う「病人さま」と変わらない。彼女の位は「下品下生」であったといえるだろう。

しかしこの世に「下品下生」でない人間、「下品中生」以上の人間などいるだろうか。死を突きつけられ絶望に陥った者が「下品下生」たる「病人さま」になるのはやむをえない。私たちも健康な時には理性的倫理的な態度を取っていても、いざがん宣告などを受ければ激しく狼狽する有様が目に浮かぶ。自分を棚に上げての悲嘆も凡人ならではである。韋提希は明日の私たちなのである。

どうしようもない人間

仏教学者・紀野一義(1922〜2013)は「親鸞上人は、観無量寿経に『下品下生』ととりあげられ、恵心僧都によって『極重悪人』と打ち出された、あの『人間のどうしようもなさ』に真向からぶつかって行った」と述べている。

韋提希を頭ごなしに責められるほど上等な人間などいない。私たちも死に直面した時、嘆き悲しみ、自分のやってきた所業などは棚に上げてすべての人に呪うだろう。「観経」は韋提希を通じて「人間のどうしようもなさ」を指摘し、それでも救いはある、生死は超越できるのだと説いているのである。

参考資料

■中村元・紀野一義・早島鏡正「浄土三部経〈下〉観無量寿経・阿弥陀経」岩波文庫(1990)
■浄土真宗本願寺派総合研究所「浄土真宗聖典(註釈版 第二版)」本願寺出版社(1988)
■浄土真宗聖典編纂委員会「浄土真宗聖典 七祖篇(注釈版)」本願寺出版社(1996)
■田代俊孝「仏教とビハーラ運動―死生学入門―」法藏館(1999)
■紀野一義「わが親鸞」PHP研究所(2015)

ライター

渡邉昇(掲載日:2022/04/08)

<関連商品>

<併せて読みたい>

般若心経「呪文」の功徳
般若心経「呪文」の功徳

日本人ならタイトルくらいは誰でも聞いたことがあると思われる経典・般若心経。般若心経を語る書籍を...

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
95%

告別式、葬儀を省いたことは、金銭的にも、身体的にも負担がなくできたのはよかったです。

満足度
100%

親切、丁寧で施設も綺麗で広く大変満足している

満足度
90%

満足のいく葬儀となりました

満足度
95%

何もかも初めての事ばかりっだった私たちに親切で丁寧な応対をしていただき、とても安心出来ました。

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
95%

温かく母を見送る事出来た事に感謝しております。

満足度
100%

知人にも自信をもっておすすめしようと思います。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
呪術的な力と医療知識を併せ持った医師にして呪術師の看病禅師とは
コラム
死に慣れることで薄まった当事者意識と、慣れたことで得られた恩恵
コラム
石神井川に架かる下頭橋という橋と側に建つ小さな六蔵祠を調べてみた
コラム
般若心経「呪文」の功徳
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353