葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 葬儀は大切だった人の葬儀ばかりでなく義理や代理で参列する葬儀もあるが

葬儀は大切だった人の葬儀ばかりでなく義理や代理で参列する葬儀もあるが

故人とはさほどの関係ではないが社会的な関係、いわゆる「義理」で葬儀に参列することがままある。また都合で参列できない家族の代理で赴くこともある。いずれも人の死に向き合いそれなりに厳粛な心持にはなるものの、時間や記憶を共有したことのない人の葬儀に対して事務的な感覚であることは否定できない。朝、テレビの殺人事件・災害報道に触れた時に痛ましい気持ちにはなる。しかし次の瞬間、そんなことは忘れて日常に戻る。それは家族でも友人でも同僚でもない本当の意味での「他人」だからである。家族・友人らが事件・事故の当事者であればそうはいかない。この感情は身勝手なものだろうか。

葬儀は大切だった人の葬儀ばかりでなく義理や代理で参列する葬儀もあるが

ラビオ君とハマノパレード

サッカー ワールドカップ(W杯)ロシア大会を巡り、北海道小平(おびら)町のミズダコ「ラビオ君」が日本代表の1次リーグ3試合の結果予想をすべて的中させ、話題を呼んでいた。小平町はタコ箱を使ったミズダコ漁が盛んで、地元漁師の男性が特産品を広く知ってもらおうと思いついたものだ(毎日新聞 2018/6/29)ところが「ラビオ君」は決勝トーナメントを待たずして出荷されてしまった。これに対し世間から「かわいそう」という声が殺到した。

これに似た事例が「ハマノパレード」騒動だ。ハマノパレードは、1973年に宝塚記念を制した日本の競走馬である。しかし次に出走した高松宮杯で骨折・予後不良となり、翌日屠殺され物議を醸した。また、その馬肉は同日中に「さくら肉」『本日絞め』400キログラム」という品目で市場へ売りに出されたことがスポーツ新聞に取り上げられ、大きな反響を呼んだ。

タコといい馬といい、我々人間はこれを食している。漁師にすれば商品を出荷するなというのも無茶な話であるし、そういう人たちはタコを食べたことはないのか、勝手なことを言うなと言いたくなる。残酷だと思う一方、その口で馬刺しに舌鼓を打つことも現実だ。その上で食用のタコにも関わらず「ラビオ君」がかわいそうと思う心情も理解できるものだ。それはもはや他人ではないからだ。

儒教の「別愛」

こうした他者に対する心の距離による愛情の格差について、中国思想の主流を占めた儒教(家)の大家 孟子は、ある国の王が儀式の生贄のために引かれていた一頭の牛の怯えた様子を見て忍びず、「この牛の代わりに羊を用いよ」と命じたという話をしている。孟子は、王はこの哀れな牛と目が合ってしまい心を動かされた。一方、羊の方は観念的・抽象的な存在であると語った。また孟子はこの事例を「君子は調理場に離れた場所に立つ」とも表現している。

「ラビオ君」やハマノパレードはかわいそうで、寿司のネタとしてのタコ、馬刺しの馬肉を食べるのはなぜか。メディアの報道を受けても、一般人の凶事より、著名なアスリートやアーティストの死の方が遥かに衝撃的だろう。面識はなくとも心の距離が違うからだ。心の距離が近い程、情は厚く、遠くなるにつれて薄れていく。

儒教では心の距離は親を頂点とした近親者を最も近いとしている。それ故、最も近い親の葬儀は華美に過ぎるほどの装飾と演出が行われる。加地伸行はこの価値観を「別愛」と呼んだ。前回、位牌について論じたが、日本の祖先供養の形態は儒教の影響が大きい。日本でも親の葬儀を立派あげることが子の美徳であった。日本の葬儀の根底には「別愛」があったのだ。

墨子の「兼愛」

この「別愛」と葬送儀式を批判したのが墨子である。墨子は儒教の家族重視の考えを「偏愛」と呼び批判した。墨子は全ての人を分け隔てなく平等に愛する無差別無平等の思想「兼愛」を説く。現代なら「博愛主義」と言えばわかりやすい。墨子によれば儒教の「別愛」は利己主義である。「ラビオ君」の例にとればなぜ「ラビオ君 」だけ特別扱いなのか、「ラビオ君」を愛するなら全てのタコを愛するべきだということになる。

ここから葬儀批判につながる。墨子は「節葬編」で、富は生きている者にこそ使うべきであり、葬儀などに使う富は最小限に留め、貧しき民衆を救うべきであるなどとしている。「自分たちさえ良ければ」ではいけないというわけだ。

墨子の批判は、経済的な負担などから葬儀を不要とする論調や、災害時における「絆」が叫ばれるなどの現代の論調に先んじているものがある。しかし理想的にも思える。
心の距離が近い人と他人はやはり違うだろう。その勝手さが神ならぬ人間のリアルな心情ではないだろうか。兼愛主義が実現できれば戦争も差別もなくなるが、そもそも無理がある。
「別愛」を否定すると、孟子が王と牛の例で指摘するように、親しい人の死も観念的になりかねない。もちろん他人に無関心であれというのではない。ここは難しい問題である。

最後に…

孟子も心の距離で身内と他人の間に格差をつけてそれで良しとは言っていない。心の距離は近い者から遠い者へ拡大していくべきだと説いている。神ならぬ人間としては「兼愛」を理想として「別愛」を少しずつ拡大していくしかない。

そうした中、現代はテレビのニュースを見て終わりという時代ではなくなった。SNSなどによって被災者の声がより身近に伝わり、心の距離は拡大しているという見方もできる。先人の教えはネット社会でいかに展開していくだろうか。

参考文献

■竹田晃編/大島晃 訳「中国の古典4 孟子」1983年、学習研究社
■浅野裕一「墨子」1998年、講談社

ライター

渡邉 昇

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

花束や棺に入れるお花等、追加出来きたら良かったと思いました。

満足度
100%

深夜にも関わらず、ご手配ありがとうございました。

満足度
100%

いいお見送りができました。

満足度
80%

高齢者がきた時、車イスをすすめる等あれば尚良し。

満足度
100%

紹介してくださった葬儀社には本当に感謝しています。ありがとうございました。

満足度
100%

ありがとうございました。

満足度
100%

おまかせして、良かったです。◯◯様とても良かったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
科学時代における「常識と非常識 目に見えるものと見えないもの」
コラム
願いを叶える神と試練を与える神 私達はそれでも神に祈り願いを捧げる
コラム
僧侶の吉本伊信が「身調べ」という修養法を元に創始した内観療法とは
コラム
心理学者の渡辺恒夫が唱える独特な死生観 偏在転生とは
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353