葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 執着の断ち切りを目指す仏教は生存欲=自分の命すらも例外ではない

執着の断ち切りを目指す仏教は生存欲=自分の命すらも例外ではない

キリスト教では自殺が固く禁じられている。倫理と道徳を説くのが宗教であるなら当然と思われるかもしれないが、仏教は必ずしも自殺を禁じられているわけではない。場合によっては自殺を容認するケースもある。

執着の断ち切りを目指す仏教は生存欲=自分の命すらも例外ではない

仏教とキリスト教の自殺観

同じ世界宗教でも仏教とキリスト教の違いは絶対者の有無である。キリスト教では命とは創造主たる神より賜ったものであり、人間の都合でこれを短縮することは大きな罪になる。ユダヤ教から続く一神教の厳しさは徹底しており、人間は神から「生きることを許されている」存在なのである。

対して仏教では絶対者の存在は否定され、人間は他者との関係によって成り立つ「縁起」の理を支持する。自己もまた他者にとっての他者であり、ひとりひとりの命が得難いものだとする。自己もこの世を構成する縁起の輪のひとつであるから、自殺は他者(他者にとっての他者=自分)の命を軽視する行為になる。しかし生きることは絶対者の命令だとするキリスト教に比べるとわかりにくくやや強制力に欠ける。当の釈迦も経典によって言動がかなり変わっている。

反生命至上主義

仏教には「八万四千の法門」と言われるほど様々な宗派があり解釈があるが、根本は執着を捨てることである。欲、煩悩があるから人は苦しむ。この世のすべての欲から執着を捨てることで解脱に至ると説く。大金や権力、名声などは一度手にすると失うことが恐ろしくなる。権力者ほど疑心暗鬼になり周囲に心を許せなくなるという。最初から持っていなければ楽なのだが、持っていなければ欲しくなるのが人間だ。つまり持っていてもいなくても人間は執着する。「愛別離苦」という言葉もある。愛する者との別れによる苦しみである。愛する者がいなければ別離の苦しみは存在しない。僧侶が出家するのはこのためである。これらの理屈でいくと死にたくない、生きていたいという生存欲もこの世に対する執着ということになる。仏教はこの世に生きることを最高の価値とはしない。

その考えを基に釈迦が自殺を容認したとの説話が伝えられた。仏典によると執着を捨てる修行の結果、弟子達が自死する行為が相次ぎ、そのような行為を釈迦が禁じたという。ところが一方で別の仏典には容認したと伝えられている。ある出家者は6度解脱の境地に達したが、6度その境地を見失った。そして7度目の解脱に達した際、また見失うことを恐れ命を絶った。これを釈迦は認めたとされている。

このように仏教の自殺に対する態度は曖昧で一概には言えない。日本では「即身仏」というミイラが存在するが、今なら自殺である。いずれにしても「生きる」ことこそが最大の価値である、生命至上主義を無条件に受け入れているわけではないことは確かである。

自殺是認の条件

木村文輝(愛知学院大学)によると、仏教が自殺を是認するケースは3つの条件のいずれかに該当する。

1.死期を目前にした者が、この世で為すべ きことを為し終えたと自覚している場合。

2.自らの生命を犠牲にしても他者を救おうとする場合。

3.人生の目標の実現のために、 自己の全存在を賭ける場合。

「1」は釈迦自身のことだろう。80歳を迎えた釈迦は自身の死期が近いことを自覚していたにも関わらず、これまで説いてきた真理をできるだけ多くの人に伝えるため最後の旅に出た。覚りを得て「ブッダ」(目覚めた者)となった釈迦は既にこの世への執着はなかった。あとは肉体の寿命が尽きるまで教えを説くのみだった。

「2」はいわゆる「菩薩行」である。法隆寺・玉虫厨子の「捨身飼虎図」が該当する。釈迦が前世において飢えた虎とその7匹の子のために身を投げ与えたという物語が描かれている。獣に身を投げ出すのは究極の慈悲だが、親が子を救うために命を投げ出したとしたら、これを自殺と呼ぶのは酷だが、生きることを第一とする生命至上主義には反しているといえる。

「3」は先ほどの即身仏や、比叡山の千日回峰行などを指す。千日回峰行は成就できなかった場合、自死するための短刀を忍ばせているという。何らかの道を極めるために、命を削る覚悟を持って挑む行為は自死の要素を孕んでいる。

このように仏教では自殺を認めるといっても、それなりの理由が前提になければならず、自分勝手な感情で頂いた命を捨てることはやはり許されていない。とはいえ、自殺を絶対に禁じるローマ・カトリックなどと比べると遥かに柔軟ではある。ここから安楽死、尊厳死をめぐる議論も生まれる余地がある。

2つの「いのち」

仏教は例外なき生命至上主義を否定する。仏教の見地では「いのち」の定義はひとつではない。木村はこのように指摘する。

ー仏教が尊重すべき 「いのち」は生物としてのそれではなく、真の生き方に目覚めた主体的な自己、主体的な 「いのち」である。この2つの「いのち」を混同することは、仏教の本質を見失うことに他ならないー

「いのち」はふたつある。人間以外の生物は生存するための生命=「命」しかないが、人間にはただ生きるだけの「命」を超えた、大きな「いのち」がある。ソクラテスは「善く生きること」を説きながら毒杯をあおった。生物として生きるなら弟子や友人の説得に応じて脱走したはずである。仏教も然るべき理由があるなら、自ら死を選ぶことを認める。この点、「神様に許された命だから勝手に捨てるな。大切に生きろ」というキリスト教の論理と結論も、単なる命を超える「いのち」を説くことでも同じであるといえる。

「命」を否定して「いのち」を考える

仏教が経典によって主張が異なるのは、釈迦が相手の状況や人格に合わせて言い方を変える、いわゆる対機説法を用いたからである。自殺に対しても、例えば自殺志願者に、頭ごなしに倫理や道徳の立場から命の大切を説いても無駄だろう。その人に合わせて説得する必要がある。逆説的だが自殺が許される場合もあるとすることで「いのち」を考えさせられるのである。

参考資料

■木村文輝「自殺を是認する仏教の立場-人間の尊厳の具現と安楽死問題-」『生命倫理』Vol.18 No.1(2008)
■笹森行周「現代の自殺問題に対する仏教の役割と意義」『日本佛教學會年報』75巻(2010)
■芦名定道「現代神学と安楽死の問題」『キリスト教学研究室紀要』11巻 京都大学キリスト教学研究室(2023)

ライター

渡邉 昇

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

不記載

満足度
100%

100%でな く、1000%でした。

満足度
100%

親切に教えていただき、大変良かったです。

満足度
100%

感謝しております

満足度
100%

紹介してくださった葬儀社には本当に感謝しています。ありがとうございました。

満足度
100%

ありがとうございました。

満足度
100%

おまかせして、良かったです。◯◯様とても良かったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
墓碑は語るー長崎県大村市にある僧侶の墓・大日堂とキリシタンの文化破壊
コラム
死後に結実する絆 「忠犬ハチ公」の物語をどう解釈するか
コラム
空海はなぜ今も死なないのか 弘法大師空海の入定伝説と神格化
コラム
持たないことで執着からの開放を目指した時宗の祖の一遍と踊り念仏
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353