葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 日本の心霊主義運動の父で日本スピリチュアリズムの祖 浅野和三郎

日本の心霊主義運動の父で日本スピリチュアリズムの祖 浅野和三郎

スピリチュアルという言葉の意味は現代では多様化している。だが、元々は霊魂の存在を認めるという明確な立場を指していた。霊魂と死後世界。いつの時代でもその実在が問われてきた。科学時代の21世紀においてもそれは変わらない。もし正史には記されない、人が常に求めてきた「日本心霊探究史」を編纂するとしたら、日本スピリチュアリズムの祖とも言われる浅野和三郎(1874~1937)は最重要人物のひとりである。

日本の心霊主義運動の父で日本スピリチュアリズムの祖 浅野和三郎

インテリの衝撃

浅野は東京帝国大学英文学科で小泉八雲(ラフカディオ・ハーン 1850-1804)の教えを受け、在学中に小説や翻訳などを執筆。1900(明治33)海軍機関学校の英語教官を務めた。科学者ではなく文学者ではあるが、当時の日本では屈指のインテリといってよい。西洋の学問を貪欲に吸収していた時代のインテリだった浅野は心霊や霊能の類を信じることはなかった。ところが、三男が原因不明の熱病を発症。何件もの医師にかかるも回復の見込みがなかったのだが、妻が探し出した行者の祈祷によって回復したという。浅野はこの事実に衝撃を受け、心霊の世界に関心を持った。

大本教

1616年(大正4)、浅野は海軍機関学校を退官し、新興宗教「大本教」に入信した。大本の重要な修行法に「鎮魂帰神法」がある。術者に神霊を降ろし託宣を受ける、いわゆる神憑り、神降しである(正確には神降しは帰神法。鎮魂法は瞑想に近い)。浅野は目の前で開祖・出口なお(1836-1918)の帰神法を目撃し心霊現象の実在を確信し入信に至った。浅野にとっては知性・知識を超える世界を直接見た思いだった。入信後は心霊研究の著作を次々と発表。出口王仁三郎(1871-1948)の側近として腕を振るい、大本と鎮魂帰神法の存在は広く世に知られるようになった。しかし浅野はなおへの傾倒は変わることがなかったものの、王仁三郎の思想には不信を抱くようになる。そして国家による弾圧である第一次大本事件を機に、1921 年(大正12)大本を離脱した。

心霊科学と心霊の時代

大本離脱後の1923年(大正12)、浅野は「心霊科学研究会」を設立。現在の財団法人 日本心霊科学協会(1946/昭和21設立)の源流である。宗教・信仰の世界から、心霊現象、心霊の世界を科学的に研究する方向に舵を切ったのだ。浅野は欧米の心霊研究の紹介・翻訳や独自の実験・研究を通して、「死」の問題は科学的に解決されたと確信し、霊魂は実在し霊界との交流は可能であるとした。

この時代ヨーロッパでは、死後の魂の存続と死後の世界の実在についての研究への関心が高まっていた。未曾有の犠牲者を出した第一次世界大戦で近親者を失った人たちが、近親者の「霊魂」との接触を試みたことなどがきっかけだったという。シャーロック・ホームズの作者、コナン・ドイル(1859‐1930)もその一人で、晩年は心霊研究に情熱を注いだ。そのドイルが会長を務める心霊研究団体、ISF(国際スピリチュアリスト連盟)が1928年(昭和3) ロンドンで開催した第3回国際会議に、浅野は東大助教授・福来友吉(1869-1952)と共に参加した。この時、福来は後に「千里眼事件」として世に残ることになる念写の研究を発表した。ISFは宗教色を廃し純粋なスピリチュアリズムを探究することを掲げていた。あくまで科学的に死後生の実在、霊界と現世の交信などの心霊現象を探究する「心霊科学」の流れが世界に定着しつつあった。

死児との通信

1929年(昭和4)浅野は次男・新樹を若くして亡くした。その後、以前から霊媒資質のあった妻・多慶子の身に「霊界」からの次男による通信が行われるようになった。息子と会いたい、息子の声が聞きたいと願い続けた結果、実現したという。これが真実、霊界からの通信だったのか、死児との再会を願う母の幻聴だったのかはわからない。少なくとも霊魂・霊界の実在を確信しており、死は終わりではないと公言していた浅野はこの「霊界通信」の内容を事細かに記録した。心霊科学が生まれたのは死者と話したいという願いである。浅野は父であると同時に心霊科学者としての使命を果たそうとしていた。1937年(昭和12)浅野和三郎死去。死後1年後、多慶子の霊界通信によると、新樹は浅野の魂が離れていく様子を観ていたという。浅野は息子と会えたのだろうか。

浅野の評伝の著者松本健一は、近代日本の「知」は死の問題について、それは宗教の問題であるとして触れようとしなかった。そこに浅野が科学的な心霊研究を取り入れた。しかし、それは死児の声を聞きたいという現実的な課題にたどりついたところで終わったと評している。

死者への想い

浅野の研究会には子を失った人たちが多く集まった。「荒城の月」の作詞で知られる土井晩翠(1871-1952)も、二人の子供を亡くしたことをきっかけに、浅野の下で心霊研究に没頭した時期がある。彼らは皆、失った近親者とのコンタクトを求めて心霊研究に向かった。近代の科学時代は死者への想いを文学的な表現に昇華することに留まらなかった。死者は思い出ではなく現実的物理的に存在することを立証しようとしたのである。その切なる願いは現代でも潰えていない。

参考資料

■松本健一「神の罠 浅野和三郎、近代知性の悲劇」新潮社(1989)
■浅野和三郎「神霊主義 事実と理論」崇山房(1934)
■浅野和三郎編「新樹の通信 幽界物語」心霊科学研究会(1949)
■浅野和三郎著/黒木昭征訳「読みやすい現代語訳 心霊講座」ハート出版(2014)
■拙稿「交霊会やハイズビル事件など物理的な心霊現象の歴史と当時の背景

ライター

渡邉昇

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

不記載

満足度
100%

100%でな く、1000%でした。

満足度
100%

親切に教えていただき、大変良かったです。

満足度
100%

感謝しております

満足度
100%

紹介してくださった葬儀社には本当に感謝しています。ありがとうございました。

満足度
100%

ありがとうございました。

満足度
100%

おまかせして、良かったです。◯◯様とても良かったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
空海はなぜ今も死なないのか 弘法大師空海の入定伝説と神格化
コラム
ルッキズムにとらわれず自由に生きるヒントを仏教の不浄観から学ぶ
コラム
持たないことで執着からの開放を目指した時宗の祖の一遍と踊り念仏
コラム
安倍晴明の秘儀 延命長寿をもたらす泰山府君祭(たいざんふくんさい)
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353