葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 生者と死者が触れ合う聖なるハロウィン 失われつつある生と死の間

生者と死者が触れ合う聖なるハロウィン 失われつつある生と死の間

日本でも秋の一大イベントになった感のあるハロウィン。当初はともかくここ数年でクリスマスと同様、本来の意味からはかけ離れたお祭りになったようだ。本来ハロウィンはこの世とあの世の「間」で死者の魂と触れ合う聖なる日だった。

生者と死者が触れ合う聖なるハロウィン 失われつつある生と死の間

ハロウィンと死者の日

10月31日に行われるハロウィン(Halloween)は、翌11月1日の「オールハローズ」(All Hallows)」の前夜という意味の「オールハローズイブ」(All Hallow’s Even=Eve)が語源とされる。Hallowは「聖なる、 神聖な」。「オールハローズ」はキリスト教(主にカトリック)のすべての聖人に祈りを捧げる「万聖節」の日である。その前夜祭がハロウィンであり、この日は死者の魂が地上に戻ってくる時だとされた。そして11月2日はすべての死者のために祈る「死者の日」(All Saints' Day)である。

元々はキリスト教の行事ではなく古代ケルト人が行っていた宗教儀礼「サウィン」(Samhain)が起源だとされる。この日はケルトの新年で、秋分と冬至の真ん中にあたる。この時期は生と死、あの世とこの世の境界が曖昧になり、死者の魂が戻ってくる日とされた。こうした風習がキリスト教社会に取り込まれ、10月31日~11月2日の期間は、現世に戻ってくる死者の魂を慰める期間となった。

同じ時期にメキシコではガイコツで有名な「死者の日(Dia de Muertos)」を祝う。この日は死者の魂が戻ってくるとされ、10月31日に前夜祭、11月1日に子供の、2日には大人の魂があの世へ帰っていく。アステカ文明の風習にやはりキリスト教の万聖節が取り込まれ、ハロウィンと同じ期間に同じような祭りが行われる。いずれも日本のお盆・お彼岸にかなり近い、あの世や死者を感じる風習といえる。

五月祭とワルプルギスの夜

冬を控えたこの時期は闇が光に優っていく「間」の時期であり、魔女や悪魔、妖精たちの活動が活発になるとされた。ハロウィンに登場する様々な怪物はそうした言い伝えの名残だと思われる。

その逆の春分と夏至の間にもお祭りがある。5月1日はヨーロッパ各地で「五月祭」(May Day)が行われる。5月1日は冬の終わりと春の訪れの間の日であり、焚火を焚いて太陽の復活を祝う風習が各地に伝わっている。その前夜の4月30日を「メイ・イブ」(May Eve)として祝う地域もある。特に「ワルプルギスの夜」として知られている祭りはキリスト教の聖者・ワルプルガにちなんでいるが、こちらもケルトやグルマンの民間信仰をキリスト教が取り入れた形だとされている。この時期はハロウィンとは逆に光が闇に勝っていく「間」の時期で、焚火を点けて悪魔や魔女を退散させる風習がある。

失われつつある生と死の「間」

つまりこの時期は世界的にお盆、お彼岸にあたる時期なのである。春夏と秋冬の間に生と死の境界を見いだす感性は世界共通のようだ。夏と冬、春と秋の間とは、つまり陽と陰、動と静、明と暗、生と死の間。あの世とこの世の境界が曖昧になる時期である。曖昧ではあるが、秋分と冬至の間は夜、闇が強くなりつつあり「死」の世界が濃厚になっていく。対して春分と夏至の間は光が強くなり、生命の復活が告げられる時期なのである。

この「間」は実は毎日訪れているともいえる。昼(光・陽・動)と夜(闇・陰・静)の間である夕方・黄昏時を、かつては「逢魔が時」と呼んだ。この時刻はこの世とあの世の境目とも言われ、魔物や妖怪が現れやすい時間とされていた。このようにかつて夜は静かな時間だった。しかし現代は、少なくとも先進国である日本は24時間眠らない。例えば、かつてのテレビ番組は21時頃を境に世界が変わった。子供向け番組は鳴りを潜め大人向けの内容となり、深夜には放送終了となった。21時は子供と大人の「間」の時間だった。それが現在では昼間やゴールデンタイムと同じ芸能人が変わらないノリで騒いでいる。こうした「間」への感性は年々鈍くなっているように思える。

日本のハロウィンはというと渋谷の喧騒が毎年報じられる。生と死の間の日に大騒ぎである。外国人が驚くのも無理はない。救世主の誕生日を恋人たちのイベントにしてしまった国なので不思議なことではないが、いささか鈍感に過ぎる気もする。本家?の川崎市ハロウィンでは子供たちも交えた微笑ましい仮装行列を見ることができるだけに、近年の暴走ぶりは残念なことである。これも「間」への感性の鈍化が進んできた証だろうか。

鈍くなる「間」への感性

お盆休みを単なる長期休暇だと思っている人も少なくない時代では、外国の風習であるハロウィンがただのお祭りになるのは必然だろう。しかし季節の「間」、昼と夜の「間」にあの世や死者の存在を感じる感性が鈍くなっていることは確かである。このあたりは日本人の心性の大切な部分だと思われる。ハロウィンが定着しつつある今こそ考える良い機会ではないだろうか。

参考資料

■鏡リュウジ「ハロウィン、あの世とこの世の境界線が曖昧になるとき」Audible Studios(2016)

ライター

渡邉昇(掲載日:2023/10/25)

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

花束や棺に入れるお花等、追加出来きたら良かったと思いました。

満足度
100%

深夜にも関わらず、ご手配ありがとうございました。

満足度
100%

いいお見送りができました。

満足度
80%

高齢者がきた時、車イスをすすめる等あれば尚良し。

満足度
100%

紹介してくださった葬儀社には本当に感謝しています。ありがとうございました。

満足度
100%

ありがとうございました。

満足度
100%

おまかせして、良かったです。◯◯様とても良かったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
善く生きることを説き、死刑直前まで実践したソクラテスの死生観
コラム
切腹の理念と現実とは 武市半平太と猪熊功の切腹
コラム
健康法の達人は意外にも早逝?不老長生は夢か?健康とは何か?
コラム
お念仏の南無阿弥陀仏か お題目の南無妙法蓮華経か
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353