葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 野田秀樹の戯曲「パンドラの鐘」から考える死への向き合い方

野田秀樹の戯曲「パンドラの鐘」から考える死への向き合い方

日本では「死」は穢れとされ、忌むべき対象とされる。

一般的に「死」に限らず「穢れ」とされるものは「忌むべきもの」と考えられている。では「忌む」とはどういうことか、といえば「不吉なものとして避ける」「禁忌とする」ことをいう。「穢れ」は周囲に悪いことをもたらす危険な状態と考えられているため、これを「忌む」のである。

死を「穢れ」と考える日本人は、当然、「死」を「忌む」ことになる。「死」は恐怖の対象とされ、周囲に伝染すると考えられていたからだ。

野田秀樹の戯曲「パンドラの鐘」から考える死への向き合い方

けがれ 穢れ 汚れ 気枯れ

「穢れ」は「気枯れ」とも書き、「人の命が消え、生気が枯れたこと」、「大切な人を失い、周囲の人が気落ちした状態」を指す。人が亡くなった時に神棚を封じる必要があるのは、人々が気落ちした状態の悪影響を神様に及ぼさないためという。

「穢れ」の考え方は神道の影響があって、元をたどっていくとイザナミ・イザナギの話から始まるのだが、それは古事記を読んでいただきたい。

神式の葬儀と死

葬式は、現在は葬祭場で行われることが一般的だが、少し前までは、仏教では寺で行うこともあった。しかし神道では神社ではなく各家で行った。神社は聖域なので「穢れ」は持ち込んではいけないからである。神社での手水舎は、聖域に入る前に、穢れを祓うためにある。

神道では、亡くなった方は、火葬・埋骨された後もその霊魂は祖先の霊とともに家にとどまり、遺族の守り神になるとされている。「ご先祖様」である。神式の葬儀、つまり神葬祭には、氏神であるご先祖様に故人が亡くなったことを知らせ、故人を先祖のもとへ送り、遺された家族を守ってくださいと祈るのである。神道では死は「穢れ」とされているため、「穢れ」を「祓い、浄める」ということも、神葬祭の目的とされる。

仏式の葬儀と死

仏教では死は「穢れ」とはされていない。仏教は輪廻転生の教えがあるので、次に生まれ変わって来るからである。

しかし、日本は神仏習合の国でもあるので、仏式の葬式の際に「清めの塩」を配る風習がある。この「清めの塩」は元々神道からきたもので、死を穢れたものととらえ、清めるという考え方からきている。葬式や火葬に行くと死穢に染まるから穢れを家に持ち込まない、という考えから清めの塩を家に入る前に振る。

しかし、最近では仏教の本来の考え方により、「お清めの塩」を使わない葬式が増えている。特に「浄土真宗」や「真宗」は「誰でも浄土に行くことができる」という教えなので、清めるという行為は正しくないとされ、塩を振ったりしない。

野田秀樹の戯曲『パンドラの鐘』でのワンシーン

野田秀樹の戯曲に『パンドラの鐘』という名作があり、葬式屋の「ミズヲ」と、まだ少女の女王「ヒメ女」との場面に以下のような会話がある。

ミズヲ:何故人は、死者をこんなに忌み嫌うんだ。ついこの間まで生きていて、話もし、笑ってもいた、まして知り合いが死んで化けて出てきたら「きゃあ」じゃなくて「やあ」じゃないのか。
ヒメ女:でも幽霊は足がなかったりするのよ。
ミズヲ:とすればそれは、足の不自由な幽霊だ。
ヒメ女:あたしが死んで、そんな姿で化けてでてきても、あなたは「やあ」と言ってくれる?
ミズヲ:言うよ。「やあ」でも「おお」でも「ナイストゥーミーチュー」。
ヒメ女:うわあー、ひさしぶりー。
ミズヲ:元気い?
ヒメ女:元気い。
ミズヲ:元気なんだあ。
ヒメ女:死んじゃってさあ。
ミズヲ:もっと化けて出て来いよ。
ヒメ女:……そんな気がしてきた。
ミズヲ:死者をお化けなんて呼んで、死者に悪意のある人間は、この世がやましいんだ。死者に恨みを買うような奴らなんだ。
ヒメ女:じゃあおまえは、大好きな人が死んだら、化けて出てくるのを心待ちにする?
ミズヲ:勿論、丑三つ時にローソクつけて墓場で待つ。
ヒメ女:そこまでするの?
ミズヲ:だって会いたいでしょ。
ヒメ女:誰に。
ミズヲ:その人に。

引用:「20世紀最後の戯曲集」野田秀樹著(新潮社)『パンドラの鐘』より

この舞台を見ていて、ハッとさせられた。「その通りだ」と思った。

「何故人は、死者をこんなに忌み嫌うんだ?」

ライター

大森(掲載日:2022/08/05)

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

花やぼだいじの提案ありがたかったです。

満足度
100%

不記載

満足度
100%

竹内さんの対応と笑顔がとても好印象でよかったです

満足度
100%

不記載

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
95%

温かく母を見送る事出来た事に感謝しております。

満足度
95%

思い切って自宅葬にしてみましたが、とてもよかったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
キリスト教の一部会派が唱える「死後の希望 セカンドチャンス論」
コラム
トランスヒューマニズム・超人間主義 科学は不死を実現するか
コラム
覚鑁上人によって広まった五輪塔 名前の由来や発祥、歴史を解説
コラム
無神論国家ソビエトで弾圧に屈することなく耐え凌いだロシア正教
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353