葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 【知性と信仰の歴史】科学と宗教はどのように折り合いをつけてきたか

【知性と信仰の歴史】科学と宗教はどのように折り合いをつけてきたか

宗教の人口はキリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教がほぼ不動のベスト3である。仏教は資料によって異なるが4位5位。近年急上昇なのが無神論・無宗教である。自称・仏教国の日本人が実際は特定の信仰を持っていない層が多いと思われる事から、実質的には無宗教が繰り上がる可能性が高い。科学時代に宗教は消え去るのか。しかし知性と信仰の歴史を振り返るとそう単純にはいかないように思える。

【知性と信仰の歴史】科学と宗教はどのように折り合いをつけてきたか

神話の時代

原始の時代。自然災害、理不尽な不運、人知を超えた現象、現実に人間は無力であった。そしてその背後に超越的な存在を見出し、畏れ、敬った。山には山の神が、海には海の神がいた。雷の原因はゼウスや雷神の怒りである。あらゆる現象は擬人化され数々の神話が生まれた。

哲学の時代

やがて「知」の革命が起こる。神話的人格的な神々を卒業した人間の知性は、世界の根本原理を追究する方向へ向かった。カール・ヤスパース(1883〜1969)は、紀元前800年頃から200年にかけて世界の各地に優れた思想家が現れ、「枢軸時代」と呼ぶ精神史に重大な時代を迎えたとしている。古代ギリシャの哲学者、科学者、数学者らは、理性の目で世界の根本原理を志向した。インドでは宇宙の根本原理「ブラフマン」を見出し、精緻を尽くしたウパニシャッド哲学が生まれた。その後、仏教が起こる。仏教は無神論とされるほど哲学的な宗教であった。中国では「諸子百家」が様々な学究を競い合った。特に隆盛を誇り二分したのは儒家と道家である。孔子は「怪力乱神を語らず」、老子、荘子は「道」を説いた。「道」とは無形でありかつ全ての根本原理である。そうした中で人格神を説く墨子の思想は歴史に消えた。人間の精神は素朴な信仰から根本原理の追究へ、知性の時代となった。

宗教の時代

このまま現代に至る科学の時代へ進化してもよさそうなものだが、時代は再び神仏への信仰が蘇った。キリスト教の出現である。その猛威は度重なる迫害を押しのけ、ギリシャの後を継いだローマの国教として君臨することになる。プラトンやアリストテレスの哲学書と比べれば、聖書は荒唐無稽な神話の集まりといえる。しかし人類至上に輝く知の体系ギリシャ・ローマの哲学は、神話的なキリスト教にとって変わった。
インドでは仏教がヒンドゥー教によって駆逐された。ヒンドゥー教はバラモン教にヨーガ哲学が加わったものである。ヨーガ哲学の根本であるサーンキヤ学派は無神論的な二元論を展開ししていたが、理論や形式的な儀礼より「信愛」を重視するバクティ思想が生まれた。その対象は人格神・ヴィシュヌである。さらにシヴァ、ブラウマーが加わり3神となり、多種多様な神々が織りなすヒンドゥー教が成立し信仰を集めた。
一方仏教はインドからは完全に姿を消した。仏教がインドで滅んだ理由にイスラム教の圧迫を挙げる説もある。イスラム教が寺院を破壊したのは事実であり、仏教は内からヒンドゥー教、外からはイスラム教によって滅んだといえる。いずれも無神論的な哲学としての面が強い仏教が人格神信仰に敗北したことになる。
その仏教は中国で大きく変化した。阿弥陀如来を信仰することで極楽浄土へ往生すると説く浄土思想、ヒンドゥー教との融合によって生まれた多様な神仏を信仰する密教など。ヒンドゥー教に劣らない多神教である道教も流行した。中国もまた禅を例外として大筋では、人格的な神仏への信仰が哲学的知性を飲み込んだといえる。

科学の時代

宗教の時代が長く続くと次は知性の逆襲が始まる。キリスト教支配にあった中世の欧州では、人間復興運動というべきルネッサンスの時代が到来した。人類は神からの解放を目指す。カトリック教会がガリレオを抑えつけても、人間の知性は止まらない。地球は回り、人類は翼を得た。そして月へ飛んだ。神が裁きを下さなくても人類は地球を破滅させる力を手に入れた。神に祈らなくても不治の病は次々に克服されていった。宗教は過去の遺物、神の存在は非科学的のレッテルを貼られた。世界の半数は無神論・無宗教の社会主義国家となった。科学の勝利、知性の時代であった。

癒やしの時代

現代は科学時代と言われるが、数値化できる目に見える世界がすべてということは、この世界以外の逃げ場はないということだ。しかも核開発、環境汚染など科学に対する不信感も増す一方である。科学による明るい未来が微妙なものになった時代、この世界を超えた存在と、それによる「救い」や「癒やし」が求められる。無神論国家・ソ連が崩壊した後のロシアでは、それで圧迫され続けてきたロシア正教が復活した。やはり知だけでは生きていけないのだ。そうした人間の弱さの間隙を塗って、オウム真理教のようなカルトが入り込むこともある。それでも時代は三たび、信仰の道を歩むのかもしれない。

救われたい存在

駆け足で概観したが、実際はここまで単純ではない。例えば西欧キリスト教はギリシャ哲学を取り入れることで成立した。それでもその事実は、知性と信仰のいずれも必要であることの証明である。我々はこれからも知性と信仰の間で揺れ続ける。それは人間は生・老・病・死から救われたい存在だからである。時には科学に、時には宗教に救いを求める歴史はこれからも綴られていく。

ライター

渡邉昇(掲載日:2021/12/10)

<関連商品>

<併せて読みたい>

7つのご葬儀プラン 追加費用一切なし

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
90%

感謝しております。

満足度
95%

四十九日の法要もお願いしたいのでご連絡お待ちしております。

満足度
90%

ありがとうございました。

満足度
90%

こちらがすべきこともお任せしてしまいご迷惑をおかけしました。

満足度
80%

当日その場でのクレジットカード払いが無理だった。

満足度
100%

お食事が思っていた以上に美味しかったです。

満足度
90%

倍は掛かると覚悟していましたが、その分を法事の費用にまわせそうです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
輪廻転生は東洋と西洋でそれぞれどのように捉えられているか
コラム
自分の命は誰のものか。自分か他者か。死は遺された人たちのもの。
コラム
黄泉の国の入り口とされている島根県松江市にある揖夜神社とは
コラム
最期に漢字一字を遺すとしたら何を遺すか 沢庵和尚は何を遺したか
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353