葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 多くの宗教が禁欲を説く中、欲望を肯定する密教とその経典「理趣経」

多くの宗教が禁欲を説く中、欲望を肯定する密教とその経典「理趣経」

密教は他の仏教とは色合いが異なる。炎の燃えさかる祭壇を前に、怪しげな印を結び、奇怪な呪文(真言)を唱え、願望成就を祈祷する。その教えも、禁欲や無我を説くような他の宗派には無いものがある。生命を賛美し、欲望、特に性欲を肯定する哲学である。

多くの宗教が禁欲を説く中、欲望を肯定する密教とその経典「理趣経」

真言宗の経典「理趣経」は性欲を肯定する

真言宗の根本経典は「金剛頂経」と「大日経」である。真言密教の教理が説かれている重要な経典だが、勤行、葬儀、法事、仏事などで読経をされることはほとんどない。こうした場面において真言宗で最も読まれ、檀信徒に親しまれている経典は「理趣経(りしゅきょう)」(大楽金剛不空真実三摩耶経)である。しかし檀信徒にはお経の意味などわからないのが普通だろう。寺側も積極的にこの経典の意味を伝えようとはしない。理趣経は欲望、中でも性欲を肯定する教えを説いたものだからである。

「理趣経」では性欲を賛美する「十七清浄句」が記されている

理趣経のテーマは“煩悩即菩提”という。菩提とは菩提心、覚りを欲する心。あらゆる煩悩、つまり欲望は本来清浄なものであり、この菩提心の現れであると説く。数ある欲望の中でも性欲は特に重視され、第1章にあたる初段では男女の合一による覚りへの道が示されている。冒頭でいきなり「妙適清浄の句、是れ菩薩位なり」と説かれる。妙適とはオルガスムス、エクスタシーのことである。性欲の快楽はそのまま菩薩の境地であるとの意味である。さらに「欲箭清浄句、是れ菩薩位なり」「触清浄句、是菩薩位なり」と続く。欲箭は欲望の矢、快楽を得ようとする欲望。触は男女が抱き合う行為を指す。以降17にのぼり性欲を賛美する教えが展開される。これを「十七清浄句」という。

欲望を肯定せずに人間社会は成り立たない

仏教に限らず宗教は基本的に禁欲を説く。世俗の誘惑を断ち切り神(仏)の世界を目指すものである。しかし密教は欲望を肯定した。宗教が禁欲を説くのは当然だと考えがちだが、性欲が無ければ人間は子孫を残せず滅んでしまう。性欲に代表される欲望はそれ自体は動物としての基本である。欲望は生命活動そのものだろう。欲望があるから文化・文明が発達した。無我の境地というが、何の雑念も無い木石になってそれが人間といえるだろうか。欲望あってこその人間であり、欲望を否定するのは人間であることを放棄することである。密教はそこから逃げない。逃げずに肯定する。欲望・煩悩が持つ迸るエネルギーを仏教本来の「覚り」を得るために利用する。

密教は性欲をどのように肯定しているか

欲望それ自体は生きるために備わった本能であり、密教はよれば本来純粋、清浄なものである。しかしその欲望も我々は自分だけが満足するだけで終わってしまう。本来清浄であるはずの欲望をただの醜い煩悩にしてしまうのである。小さい自己満足の喜び、例えば男女の交わり。これを「小楽」という。密教はそこに留まらず、その欲望をとてつもなく大きくしろ、自分だけの快楽「小楽」から全人類、全宇宙的規模の快楽「大楽」へ昇華せよと説く。全宇宙とは密教では絶対的真理の象徴「大日如来」を指す。つまり男女の合一から宇宙との合一を目指すのである。多くの宗教は禁欲を説き「小楽」を捨てさせる。だが密教は肯定し「大楽」への踏み台にする。「小楽」と「大楽」はレベルが異なるだけで本来も同じものである。「小楽」を否定しては「大楽」への道は閉ざされてしまう。覚りのために欲望肯定の哲学を説くのが理趣経である。宗教、仏教というものに禁欲的なイメージを持つ一般人から見ればかなり破天荒な経典といえるが、理趣経は密教を象徴するような内容であり、最も多く読誦されるのは当然といえるかもしれない。

危険視された経典 理趣経

性欲は人間の欲望の中でも特に激しいものである。古来より性のエネルギーを超常的な能力に転化しようとした人たちがいた。中国には房中術の伝統があり、古代インドの性愛論書「カーマ・スートラ」は様々な性行為について具体的に論じている。また同じ密教でもチベット密教の寺院には男女が合一する様を描いた歓喜図、歓喜像が存在し、仏画、仏像は色彩も激しい描写のものが多い。対して日本の密教はその他の宗派に比べて華美な装飾は目立つものの、チベット比べればシンプルで静謐な印象を受ける。密教は前・中・後期に分類され、空海(774〜835 )が継承した頃は中期の時代だった。チベット密教はその後に展開された後期密教の流れを汲んでいる。中期密教で理趣経が説いた欲望肯定の哲学は、後期に入ってより直接的になっていった。日本人は元々性に対してオープンになるのは苦手である。現代に至ってかなり変化はしたものの欧米などの大胆さには及ばない。日本の密教が欲望肯定の思想を、観念的な段階で留まっていた中期のうちに伝来したのは幸いだったかもしれない。

このような理趣経であるから極めて慎重に扱われた。字義通りに解釈すれば単なるセックス教団を生み出すことになりかねない。いわゆる真言立川流は理趣経の表現をそのまま実践した「淫祠邪教」集団として知られている(注)。また空海と最澄(767〜822)の関係がこじれたきっかけは理趣経の注釈書「理趣釈経」をめぐってのことだった。最澄は理趣釈経の貸出を求めるも空海はこれを拒否した。空海にすれば理趣経は直接教えを受けなければどのような解釈をされるかわからない劇薬である。もちろん最澄はそのような人物ではない。しかし理趣経の教えはこれまでの仏教とはあまりに違いすぎたのであった。

注:立川流に関しては近年有力な資料批判が行われており定説が覆されつつある。彌永信美「立川流と心定『受法用心集』をめぐって」、『日本仏教綜合研究』第2号 日本仏教綜合研究学会(2004)などを参照

本能を超え、宇宙とひとつになる

文明が性の問題をタブー視してきたのは、理性と反する動物的な本能に対する嫌悪感から来ているのかもしれない。理趣経は欲望を避けるどろこか、欲望を単なる本能から宇宙的規模にまで膨らませようとする。このような経典を葬儀、つまり死者を前に読経するのも大胆な話ではないか。理趣経は読経するだけで大変な功徳があるという。それはその場にいる生者はもちろん、魂となった死者にも宇宙と一体になる「大楽」への道を示してくれる力を持っているということではないだろうか。

参考資料

■正木晃「現代語訳 理趣経」角川ソフィア文庫(2019)

ライター

渡邉 昇(掲載日:2021/10/05)

<関連商品>

<併せて読みたい>

7つのご葬儀プラン 追加費用一切なし

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

特になし

満足度
100%

炉前で初七日もして頂き助かりました。

満足度
90%

ありがとうございました。

満足度
100%

臨海斎場にしてよかったです。

満足度
80%

当日その場でのクレジットカード払いが無理だった。

満足度
90%

疑問、質問、費用について何度も尋ねてしまいご迷惑をおかけしました

満足度
90%

倍は掛かると覚悟していましたが、その分を法事の費用にまわせそうです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
減少傾向のお墓はそもそも庶民が求め檀家制度によって確立された
コラム
函館の厚生院墓地にある「天下の号外屋翁の墓」と書かれた真っ赤な墓
コラム
曹洞宗の道元や浄土真宗の親鸞が故郷に帰って人生の幕を引いた理由
コラム
様々な情報を持つ遺体 考古学的に貴重な資料となった数々の遺体
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353