資料請求
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム > 【人日の節句】正月明けに食べる七草粥の意味や由来

このエントリーをはてなブックマークに追加

【人日の節句】正月明けに食べる七草粥の意味や由来

1月7日に春の七草を食べる習慣がある。それは新たな1年の無病息災と五穀豊穣を願って食べるものであり、1年で5つある節句の一つとされている。また、お粥という事で、正月のご馳走からの胃腸を休めるためにも一役買っているのだそうだ。正月のご馳走と違い、非常にヘルシーであるにも関わらず大地の恵からの滋養があるスーパーフードである。


春の七草とは

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの若菜を春の七草と呼ばれている。これらは、早春にいち早く芽吹く青菜とされ新しい生命をいただく事で邪気を払うとされている。昔は1月6日までに七草を野山で採取し、7日にまな板の上で決められた回数叩くといった調理法だったそうだ。七草囃子を歌いながら決められた回数叩く事で七草の効力をさらに引き出す事ができるとも信じられていた。


七草の謂れ

【芹:せり】競り勝つという意味が込められ、縁起物とされている。鉄分、ビタミン、ミネラルなど多彩な栄養素がある。

【薺:なずな】撫ぜて穢れを取り除くと云われている。撫ぜるというのは「なでる」の言葉の音が変化したもの。別名ペンペン草とも呼ばれており、道端でハート型の葉っぱで音を出して遊んだ記憶がある。そんな薺は整腸作用や利尿作用など薬草としての効果がある。

【御形:ごぎょう】仏体の身体という意味を持ち、縁起物である。御形と呼ばれる起源は厄除けで身代り人形を川に流すところ、人形ではなくこの草を流していたという風習からの所以だそうだ。

【繁縷:はこべら】反映がはびこるとされている。野草としては可愛らしいイメージがあるが、腹痛の薬や歯磨き粉として使用されていた事がある。

【仏の座:ほとけのざ】仏の安座に似ている事からその名になり、縁起が良いとされる。食物繊維が豊富で食欲増進の効果がある。

【菘:すずな】すずという言葉の響きから神を呼ぶ鈴という意味がある。蕪の葉の呼び名であり、ビタミンが豊富である。

【蘿蔔:すずしろ】大根を指し、その白さから穢れのない潔白と意味づけられている。風邪予防、さらにはがん予防にも効果がる。


おかゆには十の徳がある

曹洞宗の宗祖である道元は「赴粥飯法」を著書し、お粥には10の功徳があると記している。

1、色(体の血色が良くなり艶が出る。
2、力(気力が増す)
3、寿(寿命が延びる)
4、楽(体に負担が少ない)
5、詞清辯(言葉が清く爽やかになる)
6、宿食除(胃もたれ、胸焼けしない)
7、風除(風邪を引かない)
8、飢消(飢えない)
9、渇消(喉を潤す)
10、大小便調適 (便通がよい)

仏教の修行においてお粥というイメージを持っていたが、実はこんな理にかなう意味があったとは。たかがお粥、されどお粥である。正月明け、無気力に喝を入れるべく、体の調子を整え新たな1年を無病息災で過ごせるよう、七草粥にあやかりたいと思う。


ライター
春の七草

春の七草

このページのトップへ