資料請求
24時間365日対応の葬儀
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム > 東日本大震災ではやむなく土葬もしたというが、そもそも土葬はやむなく行うものか

このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災ではやむなく土葬もしたというが、そもそも土葬はやむなく行うものか

日本における葬送の方式はほぼ火葬であるが、2011年の東日本大震災は未曾有の大災害であり、火葬が間に合わず、やむなく土葬にしたことが少なくなかったという。人一人を灰にするのは大変な火力が必要であり、火葬を行うことのできる施設の数は限られている。2万を越す遺体は土に還すしかなかったのである。しかし土葬は「やむなく」行うものなのだろうか。現代ではほとんど失われている土葬というものを少し考えてみる必要がある。


死者を見送る作法

宗教学者の山折哲雄は、近年では「葬送」の代わりに「告別」という言葉を使い、死者を他の世界に送るための儀式ではなく、別れを告げる儀式になったとし、「死」から目をそらし死者と向き合っていないと指摘する。

山折は葬儀の個別化・個人化についても憂慮の念を示す。病院から火葬場に直行する直葬を葬儀というより「死体処理」に近いと批判。さらに遺影も普段着を着てスナップ写真のようなものが選ばれていることに対し、生き残った側のエゴを感じるとしている。ここでも死から目をそらし「生」に執着しているというわけだ。こうした中で山折は死に向き合う、死者とのきずなを取り戻す方法であると、土葬を再評価している。


土葬の再評価

朝の紅顔 夕の白骨(蓮如)とはよく言ったものだが、強力な火力で一気に肉体を消滅させ骨だけにしてしまう火葬は人の一生の「無常」を感じさせる。一切は「空」であり、永遠に続くものはない「無常」を説く仏教が火葬を推したのは頷ける。

これに対し、仏教・神道と共に日本人の精神形成に大きな影響を与えた儒教は肉体を軽視する仏教を批判し、火葬についても親から頂いた大切な身体を傷つけるのは大罪であるとして断罪した 。

土葬は自然の摂理に任せてゆっくりと時間をかけて土に還していく。遺体が腐敗し、やがて分解され土と一体化していく様は「還る」という言葉に相応しい。土葬に比べると火葬には「還る」プロセスが少ない。死、死者と向き合うという意味で土葬はより自然に近い。


火葬が定着した事情

そういった中でも日本では火葬が定着している。火葬は遺体が煙と化して虚空と一体化するため、自然に還る趣を感じる。また腐敗し、微生物に分解されていく土葬に比べて潔く、綺麗なイメージがある。このイメージは「穢れ」の思想も含め、また公衆衛生的な意味でも日本における火葬の定着の根幹に流れるものだと思われる。

また、土地の問題もある。土葬には敷地が必要であり、儒家の立場から火葬を批判していた熊沢蕃山(1619~91)も後年は、そういった実務的な観点から消極的にではあるが火葬を容認した。

さらに火葬の場合、骨になって家族の同じ墓に入る。日本人の場合家族と同じ墓に入りたいという感情も強いだろう。同じく「家」を重視する儒教と考えが異なるのは、儒教では長幼の順が厳格であることから、同じ墓に入りたいなどいうのは無礼にあたるのかもしれない。


人間の故郷は大地である

人間の還る場所はどこかという視点から考えると、火葬におけるに人間の行き先はいわば「天」である。肉体が煙となって空を昇っていく様はまさに「帰天」だ。
一方、土葬においては「大地」である。鈴木大拙(1870~1966)は、天日より大地こそ人間の本質と直結していると述べている。大拙によれば、大地ほど近しい存在はない。我々は常に大地に立っている。

「生命はみな天をさしている。が、根はどうしても大地におろさねばならぬ。大地に係わりのない生命は、本当の意味で生きていない。天は畏るべきだが、大地は親しみべく愛すべきである。大地はいくら踏んでも叩いても怒らぬ。生まれるのも大地からだ。死ねば固よりそこに帰る。天はどうしても仰がねばならぬ。自分を引き取ってはくれぬ。天は遠い、地は近い」(「日本的霊性」 鈴木大拙

人間が還る場所はどこか。人間は大地に根を下ろす存在であり、生きるために積極的に田畑を耕し、狩りをしてきた。天からは恵みといい、災いといい、いずれも人間はただただ有り難く、時には畏れながら受け取るのみである。


一方で海に還る散骨はというと…

海はどうだろう。散骨がそうだが、しかし、筆者の主観ではあるが、海に還るのは人間の本義としては、ややずれている気がする。

海から大地に上がり2本の足で立つことから人間の歴史は始まった。むしろ海との決別にこそ人間たる由縁があるのではないか。こうした意味では天よりも海よりも土に還ることこそ人間の成り行きであり、大地こそ人間の還る場であるとも言えるのだ。


土葬を通じて考える人間の本質

諸事情を鑑みて日本では火葬が最も適してることは間違いない。一方で土葬に対しては原始的で野卑な印象を持ってはいないか。地震大国である我が国はある意味で、世界で最も大地を意識する民族である。土葬には人間の本質に関わる深い意味があるということは知っておくべきことである。それは人間と土、大地との関係である。


ライター渡邉 昇

参考文献:青木新門・山折哲雄 他 人は死ぬとき何を思うのか(2014)PHP研究所

土葬水葬火葬風葬空想

土葬水葬火葬風葬空想

このページのトップへ