葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 心霊スポットの代名詞「墓地」ーーいつの時代からそんな存在になった?!

心霊スポットの代名詞「墓地」ーーいつの時代からそんな存在になった?!

説話集や要人の日記など、中世日本の様々な書物には、他の時代では余り語られない、また実話か作り話なのかも不明な不思議な出来事が、時々記録されている。そうした出来事の中には、葬儀文化的に見ても興味深い事件が、幾つかある。

心霊スポットの代名詞「墓地」ーーいつの時代からそんな存在になった?!

鳴動=ポルターガイスト

それは、「墓(特に政権のトップや名家の祖など、過去の偉大な人物の墓)が、地震でないにも関わらずひとりでに音を立て、揺れ動いたこと(以下、「鳴動」)」である。

なお、墓の他にも、寺院や神社、神仏や一族の祖の像、一族の祖が着用したとされる甲冑や武具などが鳴動したという話も、複数伝わっている。また、そうした鳴動が記録された墓や神社仏閣から、謎の光や火の玉が飛び出して遠くに飛んでいったという記録もある。

つまり、当時の政権や社会にとっての権威の拠り所であったり、更には信仰の対象であったりしたものや場所が、鳴動したと記録されたわけである。なお、この鳴動は、いわゆる「ポルターガイスト」現象の一種だという説もある。

鳴動があったと信じられていた

勿論、実際に鳴動、その他の不思議な現象が起こったのかどうかは、証明しようがなく、また鳴動があったとしても、実際には、地震のために揺れ動き、音を立てたに過ぎないケースも、ないとはいえない。そのため、「実際に鳴動があったかどうか」ではなく、鳴動があったと「信じられたこと」が、この鳴動についての話では重要になる。

先述のように、中世日本で鳴動があったと信じられたのは、基本的に、当時の政権や社会にとって「尊いもの」であった。その中でも、過去の偉大な人物の墓が鳴動したという記録は、葬儀文化的に見ても大変興味深い。

平安時代の前半にもあった

往時の要人の墓も含めて、そうした「尊いもの」はなぜ、どのような場合に鳴動すると信じられたのか。

多くの場合、政権や社会全体にとって、肯定的・否定的を問わず、大きな事件や変化が訪れることを伝えるため、それらの「尊いもの」は鳴動するのだと信じられた。特に、要人の墓の鳴動は、墓の主の子孫や社会に、何らかの警告を発していると信じられることが多く、しばしば、子孫がお家存亡の危機に直面していることのお告げだとされた。

古くは、平安時代の前半に既に、古代の伝説上の皇后「神功皇后」の墓と信じられていた古墳に、鳴動があったとする記録がある。ただこれは、朝廷や社会の危機のお告げではなく、被葬者の取り違えを訴えたものとされた。

豊臣秀吉のお墓も鳴動した?!

また平安時代の末には、藤原氏の祖中臣鎌足の墓が鳴動したという記録も出てくる。この頃から、過去の要人の墓の鳴動は、墓の主の子孫がお家存亡の危機に直面していることのお告げだとする考え方が、強まってくる。この、墓の鳴動をお家存亡の危機のお告げとする信仰の発生は、武家の台頭や源平合戦など、社会の大幅な変化と関係が強いと考えられる。

この種の鳴動が記録されているような墓の主で、最も新しい時代の人物の一人が、豊臣秀吉であった。秀吉が亡くなった翌年の1599年、彼の墓が鳴動したという記録が、江戸時代前期の『本朝通鑑』にある。この鳴動の、更に翌年である1600年には関ヶ原の戦いが起こり、1615年には大坂夏の陣で豊臣政権が滅ぼされた。このことも人々に、秀吉の墓の鳴動は、豊臣政権の危機を告げるものだったと信じさせたことだろう。

最後に…

往時の要人の墓が鳴動したと信じられたり、そうした鳴動はしばしば子孫や社会に警告を発するものだと信じられたりした日本の中世は、死者の魂が時々この世に戻り、墓に一時的に滞在するという信仰が芽生えた時代でもある。この信仰は、中世末〜近世に発展し、更に近世末〜近現代には、死者の魂は、遺体(遺骨)や墓に常駐するという信仰につながっていった。

ただ、死者の魂が墓に滞在するとする信仰が発展した近世以降は、こうした墓の鳴動の記録は、大幅に少なくなる。「墓の鳴動」と、「死者の魂のゆくえ」に関する考え方の変化とは、必ずしも一致していないといえよう。

参考文献:鳴動する中世 怪音と地鳴りの日本史

ライター

木皿さらさら(掲載日:2017/02/17)

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

不記載

満足度
90%

不記載

満足度
95%

不記載

満足度
80%

高齢者がきた時、車イスをすすめる等あれば尚良し。

満足度
100%

紹介してくださった葬儀社には本当に感謝しています。ありがとうございました。

満足度
100%

ありがとうございました。

満足度
100%

おまかせして、良かったです。◯◯様とても良かったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
死後、追悼文によって形成される死者のイメージとそれに共鳴する周囲
コラム
菩薩行とは自らを犠牲にする行為 誰かのために死ぬこととは
コラム
異教徒的と評されたガブリエル・フォーレの「レクイエム」
コラム
戦死者への慰霊碑をただの石碑に見せかけたその理由とは
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353