葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 「火葬」という埋葬方法が浸透していった当時の記録や考察が興味深かった件

「火葬」という埋葬方法が浸透していった当時の記録や考察が興味深かった件

戦前から昭和後期に活躍した民俗学者の堀一郎は、1951年に「民間信仰」を著した。現在、堀の説は余り注目されていない。しかし、葬儀・埋葬を巡る様々な矛盾や苦悩が噴出してきている今だからこそ、再評価してもよいのではないかと思われる点も、決して少なくない。「民間信仰」も、そうした再評価が期待される著作の一つである。

同書には、戦後の日本において、火葬が少しずつ一般庶民の間に浸透し始めた頃の興味深い記録と考察が書かれている。その中には、現代の日本で「自明の常識」とされていることを、大いに揺らがせるようなことも多く書かれている。

「火葬」という埋葬方法が浸透していった当時の記録や考察が興味深かった件

火葬が盛んな地域は一部だった

例えば1950年11月の調査によると、当時の北海道と奄美・沖縄を除く日本列島では「火葬地帯」、つまり火葬が盛んな地域は極めて一部であった。驚いたことに、首都圏や(滋賀の一部を除く)近畿圏、名古屋など大都市部は「火葬地帯」ではなかった。そして、筆者が更に驚いた点としては、東北地方の太平洋側が、この時点では、「火葬地帯」には全く該当していなかった点が挙げられる。

2010年代の現在、東北地方太平洋側は、極めて火葬が盛んであり、(地域や宗教宗派によって多少異なるが)火葬されて初めて、故人は永遠の安らぎを得られるとする信仰が強い。そして土葬への忌避感も、決して弱くはない。しかし、この調査結果を見ると、調査が行われた1950年の時点では、こうした考え方は東北地方太平洋側では、決して一般的ではなかった可能性が極めて高い。

ということは、この「火葬されてこそ、故人は安らげる」とする信仰は、1950年代後半以降に東北地方太平洋側に起こり、その後急速に一般化していったのではないか。そう筆者は仮定している。

火葬が取り入れられていった地域とその信仰の関連性

また、堀は火葬が積極的に取り入れられている地域には、「全般的に死体に対する尊重、保存の念が薄く」、むしろ遺体を「穢れとし畏れる観念が潜在」していると指摘している。これは、極めて興味深い指摘である。

このくだりが書かれた1951年といえば、海外で戦死した兵士の遺骨へのこだわりが強化されるなど、日本で遺体・遺骨へのこだわりが強化された時期でもある。そうした時期にあって、火葬に抵抗がない地域は故人の遺体への「尊重、保存の念が薄」い傾向があるため、火葬に抵抗がないという見方が成り立っていたことは大変興味深い。

そしてこの指摘は、火葬の盛んな地域では、一方では故人への厚い弔いが「濃厚に存在」していることへの指摘に続く。その理由を堀は、「死者の肉体と霊魂は容易に分離し得るとの思想」に求めている。この一連の指摘からは、故人の遺体や遺骨へのこだわりや、故人の魂は遺体や遺骨に宿るという考え方は、戦後に至っても、必ずしも一般的ではなかったことがうかがえる。

参考文献:民間信仰

ライター

木皿さらさら

<関連商品>

<併せて読みたい>

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
95%

告別式、葬儀を省いたことは、金銭的にも、身体的にも負担がなくできたのはよかったです。

満足度
100%

親切、丁寧で施設も綺麗で広く大変満足している

満足度
90%

満足のいく葬儀となりました

満足度
95%

何もかも初めての事ばかりっだった私たちに親切で丁寧な応対をしていただき、とても安心出来ました。

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
95%

温かく母を見送る事出来た事に感謝しております。

満足度
100%

知人にも自信をもっておすすめしようと思います。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
極楽への手形として「満願した御朱印帳をお棺に入れる」という風習
コラム
キリスト教の一部会派が唱える「死後の希望 セカンドチャンス論」
コラム
交霊会やハイズビル事件など物理的な心霊現象の歴史と当時の背景
コラム
太平記の巻十に登場する新田義貞と東村山市の徳蔵寺にある元弘の板碑
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353