葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 余韻を好み、余韻を大事にする日本人 葬儀とは余韻である 

余韻を好み、余韻を大事にする日本人 葬儀とは余韻である 

直葬、家族葬。葬儀を簡易な形で執り行うことが増えているようだ。経済的な問題もあり、家族の故人を悼む気持ちに変わりはなく、それ自体は批判されるものではない。しかし形式以前に葬儀そのものを意味がないと否定する向きがあるがそれはどうだろう。葬儀に何を求めるか。日本人の心性に関して言えば、それは去りゆく故人との日々の余韻を味わうためではないだろうか。

余韻を好み、余韻を大事にする日本人 葬儀とは余韻である 

余韻のある映画とそうでない映画

「ビッグ・ウェンズデー」というサーフィン映画がある。数年に一度の水曜日に訪れる大波に往年のサーファー達が挑戦する物語だが、非常にセンチメンタルな内容で、アメリカではあまり受け入れられなかったらしい。しかし日本では大ヒットとなりサーフィン映画の代名詞のような作品となった。筆者は「ロッキー」のラストに驚いたことがある。試合終了後、リング上でロッキーが恋人エイドリアンと抱き合い、その後のエピローグなどはなく、そのままエンドになったのである。勢いのままエンドに突入するのはハリウッド映画によくあるパターンだが、少年期の少ない経験に照らしても唐突に感じたものである。もちろん名シーンではある。

これに対して「ビッグ・ウェンズデー」は、主人公たちが大波の前に力尽きて、若い世代(当時のトップサーファー、トム・カレン本人)の活躍を背に海岸を後にする。ロッキー的演出なら主人公たちが肩を組んで去っていき、その背にエンドロールが流れ…といったところだ。しかしその後、場面は一転して、主人公がひとり静かな夕陽の海を見つめ、背を向けて去るという余韻たっぷりのシーンが導入されて幕を閉じた。余韻を好む日本でヒットしたのも頷けるというものだ。

主語と目的語がない日本語

お笑い芸人のとにかく明るい安村さんがイギリスのオーディション番組で大評判になったとして話題になっている。その要因のひとつに日本語と英語の文法上の違いがあるとの指摘が散見されていて興味深い。それによると、安村さんの決め台詞といえば「大丈夫。履いてますよ」だが、この英訳「Don’t Worry.I’m wearing」は目的語を取るため、英語圏では不完全な表現となる。英語ネイティブの人には何を履いているのか言ってもらわないと気持ちが悪いのだ。だから「I’m wearing」に対して審査員の女性が「Pants!」とレスポンスを付けた。安村さんはこの機を逃さず(最初から計算していた可能性もある)、その後は「wearing?」と疑問文風にアクセントを替えて審査員のレスポンスを待った。「wearing?」「Pants!」のリズムによって場が盛り上がったというのである。

日本人は「大丈夫。履いてますよ」に「何が?」とは聞かない。「大丈夫。“パンツ”は履いてますよ」では冗長でつまらなくなる。日本人は「wearing?」ではなく「wearing…」で終わらせることを好む。この「…」は言語化する必要はない、むしろしてはいけない、非言語された一種の余韻ではないだろうか。一連の流れを「Pants!」で締められると余韻が台無しになって白けてしまうのである。「ちびまる子ちゃん」のナレーションでお馴染みの言い回しに「〇〇をしていた、まる子の立場は」というものがある。「立場は『無い』」では台無しになる。「立場は」で止めることで非言語された余韻を味わうのだ。

こうした比較を見ると英語圏の人たちは最初と最後がはっきりしている。誰が、なぜ、何をしたと、主語や目的語を必要とし、余計なおまけは不要とする。そもそも主語と次に動詞を置いて結論を先に言う文化である。その視点から見ると「wearing」「立場は」などで止める表現は文法上不完全で非論理的に思えるだろう。

余韻とは逆に出だしの話になるが、川端康成「雪国」の有名な、「国境の長いトンネルを抜けると、雪国だった」の英訳は「The Train came out of the long tunnel into the snow country.」だそうである(註 永井均「哲学のエッセンス 西田幾多郎<絶対無>とは何か」 NHK出版 2006)。英文法上「電車」という主語を抜くわけにはいかなかったのだろう。しかし日本人からすれば、主語が非言語されているからこその名文である。

葬儀は余韻を味わう場

著名人が死亡した際に葬儀は身内で済ませた上で、お別れの会を実施することがある。あれは必要なことだと感じる。著名人であれば故人を慕うファンにその人とのエピローグを、余韻を提供する義務がある。葬儀は心の区切り、ケジメを付けるために必要だとする論がある。それも間違いではないと思うが、一方で、葬儀とは故人との関係の余韻を味わうためのものでもある。家族縁者以外の知人、関係者の多くは、死の瞬間に立ち会うことはない。死後、何らかの手段で伝達されるものである。その後に見送る場がない場合、知人にとっては死亡の一報がラストシーンになる。「エイドリアン!」で終わるようなものだ。しかし私たちには静寂の夕陽の海が必要である。故人との余韻を味わいたい。葬儀は故人とのエピローグの場なのである。

余韻は無駄か

最近の若者は音楽を聴く際にイントロを飛ばすという話を聞いた。カラオケで間奏を飛ばす人もいる。彼らにとってボーカルと関係ない非言語化の部分は無駄、無意味ということなのだろうか。また以前ネットで「祭りは非科学的でやる意味がない」との書き込みを見たことがある。非言語、非論理、非科学…それらが無駄、不必要というなら、故人との余韻を味わう、故人の魂との交流としての場である葬儀などは無駄の極みである。本当にそれでいいのだろうか。言語・論理の極みであるAIの進歩が著しい今こそ人間らしさが問われている。

ライター

渡邉昇(掲載日:2023/05/30)

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

不記載

満足度
100%

100%でな く、1000%でした。

満足度
100%

親切に教えていただき、大変良かったです。

満足度
100%

感謝しております

満足度
100%

紹介してくださった葬儀社には本当に感謝しています。ありがとうございました。

満足度
100%

ありがとうございました。

満足度
100%

おまかせして、良かったです。◯◯様とても良かったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
持たないことで執着からの開放を目指した時宗の祖の一遍と踊り念仏
コラム
仕事で心労が溜まり神経衰弱に陥った二宮尊徳はその時どうしたか
コラム
福岡県中間市にある「垣生羅漢百穴(はぶらかんひゃっけつ)」を調べてみた
コラム
墓碑は語るー長崎県大村市にある僧侶の墓・大日堂とキリシタンの文化破壊
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353