葬儀コラム
TOP 葬儀コラム ヘルプマークと赤十字マークに見る宗教性と「慈悲」

ヘルプマークと赤十字マークに見る宗教性と「慈悲」

日頃当たり前のように目にする赤十字マークと、近年見られるようになった「ヘルプマーク」について考える。これは病人や障害者など社会的な弱者に対する良心、国や宗教を超えた慈悲が問われる問題である。また同時に赤十字の精神には創立者の宗教性が存在することも確認したい。

ヘルプマークと赤十字マークに見る宗教性と「慈悲」

椎名林檎のヘルプマーク騒動

椎名林檎のニューアルバムの特典グッズが「ヘルプマーク」に酷似していると騒動になった。「ヘルプマーク」は義足や精神的な障害など、外見からはわかりにくい疾患やハンデを背負っている人が援助や配慮を求める、東京都が制定した標章である。それと見間違えるような紛らわしいデザインは障害、疾患のあるひとに迷惑がかかる危険がある。この騒ぎを受け販売元は発売を延期する対応を取った。

精神疾患でマークを身に着けている筆者の知人は「積極的な助けは必要ではないが、認識はしておいて欲しい。何かあったら手を差し伸べてくれればといったニュアンスの控え目なサイン」だと話していた。そうした性質のためか行政の展開も地味で一般的に浸透しているとは言い難い。椎名を擁護する側からは過剰反応だとの声もある。しかし浸透していない現状において、紛らわしいマークが広がることで誤解を招くことの懸念はある。

ヘルプマークと赤十字マーク

「ヘルプマーク」は赤地に白十字に白のハートマーク。特典グッズのデザインは赤地に白十字、その下に林檎というもので、かなり似ている。「ヘルプマーク」の白十字は赤十字マークと類似している。赤十字マークは赤十字社など法律で定められた組織しか使うことができず、類似したマークも使用禁止である。赤十字に似ている「ヘルプマーク」は東京都が制定したものであり、その「ヘルプマーク」と似ているデザインを個人が考案、使用してはならないということになる。今回の騒動は明らかに椎名側に落ち度がある。

赤十字がなぜそこまで使用に制限をかけるのか。赤十字マークは戦場や紛争地帯で赤十字社が医療行為を行う際に掲げる、攻撃禁止の目印として使用されるからだ。しかし実際には無視されて攻撃を受けることも多々ある。赤十字の旗の下で医療行為に励む医師たちは命をかけて、敵を武力で制する戦争・紛争においても人間に残された良心に訴えているのである。赤十字マークが元になっていると考えられる「ヘルプマーク」にも同様の精神が宿っている。

アンリージュナンとキリスト教

赤十字社は戦争、紛争、災害などにおける救護活動を中心として多岐に渡る活動を行っている人道支援団体である。赤十字といえばフローレンス・ナイチンゲールを連想する人も多いかもしれないが、赤十字設立の立役者はスイスの実業家アンリー・デュナン(1828〜1910)である。デュナンは1828年スイス・ジュネーブで生まれた。いわゆる「イタリア統一戦争」の最中、デュナンはイタリア北部・ソルフェリーノの凄惨な現場を目の当たりにした。一旅行者に過ぎなかったにも関わらず、あまりの惨状に涙したデュナンは負傷者の救援活動を始めたという。その後デュナンは戦時において、敵・味方、国家、民族、宗教などから、完全に中立の立場を有する国際的救護活動団体の必要性と、その活動に対する攻撃の禁止などを訴えた。その思想を根幹として赤十字が1863年に創設。翌年傷病兵の救護などの医療、看護、衛生活動を保護する国際条約「ジュネーヴ条約」がヨーロッパで締結され、医療活動の中立の印として赤十字マークがが採用された。赤十字マークは諸説あるものの、デュナンの母国であるスイスの国旗を逆にしたものだとされている。
十字ということでキリスト教の影響下にあるようにも思えるが、赤十字社とキリスト教の間には、少なくとも公には直接の関係はない。宗教や国境を超えるべき赤十字の理念からすれば、背景にキリスト教云々とされるのは断じて認められないだろう。しかし、創設者のひとりであるデュナンは敬虔なプロテスタント系キリスト教徒(カルヴァン派)の両親の下で育ち、デュナンの思想にも大きな影響を与えたと思われる。実際デュナンはキリスト教活動にも尽力しており、 ロンドンで創設された「YMCA」(キリスト教青年会)をジュネーブで設立。彼が中心となり世界大会が開催されたほどである。
敵を滅ぼすことが当然の戦時における「中立」という概念は、当時としては画期的なものであった。戦場における「中立」の概念は新約聖書の「汝の敵を愛せよ」という言葉を実践しているといえる。十字軍や大航海時代などで教会自身が踏みにじっていた言葉である。デュナンの死傷者に向けた献身と涙が生んだ「中立」の思想と実践こそ、聖書の教えに真に沿ったものである。その意味で、赤十字の十字にイエス・キリストの慈悲の象徴である十字架を重ねても的外れとは言えないのではないだろうか。
歴史上様々な問題を孕んだキリスト教だが、出家して社会を超越することを説く仏教や死をケガレとして避ける神道などに比べ、戦争や貧困などの社会問題へのアプローチは優れたものがある。その教えは敬虔なクリスチャンだったデュナンの精神が創立した、赤十字の精神に内在していると考えてもよいと思われる。

学び、知る機会

「ヘルプマーク」酷似疑惑に対する批判は避けられない。行き過ぎだとの指摘もあるが、マークの使用者にとっては時に生死に関わる問題である。社会的弱者は周囲の慈悲にすがらないわけにはいかない。他方、この騒動でマークの知名度が上がったとも言える。これを機会にマークの元となった赤十字の歴史や精神、そこに内在するキリスト教の教えが知られるようになれば意味はあったかもしれない。

参考資料

■「椎名林檎さん CDの特典グッズ改訂へ“ヘルプマークに酷似”」NHK NEWS WEB 2022年 10月18日 15時37分配信
■古澤有峰「赤十字思想と宗教性論争」再考 : 医療・宗教・スピリチュアリティの射程」『東京大学宗教学年報』第22号 東京大学文学部宗教学研究室(2005)
■井上忠男「人道とアイデンティティ戦争 宗教の壁を超える赤十字の視点から」『国際哲学研究』第6号 東洋大学国際哲学研究センター(2017)

ライター

渡邉昇(掲載日:2022/11/04)

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

不記載

満足度
100%

葬祭ディレクターの本多さんの対応が温かく丁寧でとても良かったです。

満足度
100%

本人の希望通りにささやかながらもゆっくりお別れが出来たと思います。

満足度
100%

不記載

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
90%

居士に変更したのでその分追加費用がかかりました。

満足度
95%

思い切って自宅葬にしてみましたが、とてもよかったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
賛否を呼んだ国葬であらわになった無宗教な日本人の宗教的な一面
コラム
古来の神道と外来の仏教 神と仏はどんな対話をし神仏習合を遂げたか
コラム
死者に花を手向けてきた人類 死と花と人のこれまでの歩みとは
コラム
東京都千代田区の神田明神で行われる日本の三大祭「神田祭」の歴史
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353