葬儀コラム
TOP 葬儀コラム イギリス君主であり英国国教会の最高統治者でもあったエリザベス2世

イギリス君主であり英国国教会の最高統治者でもあったエリザベス2世

9月8日イギリス女王・エリザベス2世が逝去した。これは同時にイギリスにおける最高位の宗教的権威の逝去でもある。イギリスの君主は女王(国王)であると同時に、国教である英国国教会(イギリス国教会/英国聖公会)の「最高統治者」であり、宗教的権威としても君臨している。日本ではあまり馴染みのない事実とその意義を概観したい。

イギリス君主であり英国国教会の最高統治者でもあったエリザベス2世

英国国教会

イギリスには国家公認の宗教、国教がある。それはプロテスタント系キリスト教「英国国教会」である。元々イギリスはカトリックの国だったが、時の国王・ヘンリー8世(1491〜1547)の離婚問題が持ち上がり歴史を揺るがす大騒動に発展した。ヘンリー8世はカトリック信仰が厚く「信仰の擁護者」とまで呼ばれていたが、カトリックでは離婚は認められておらず、ローマ教皇クレメンス7世(1478〜1534)はこれに反対。政治的軋轢も絡み、ヘンリー8世を破門したことで両者の関係は決裂した。ヘンリー8世は1534年「首長令」を公布して国王を頂点とする教会を創設しカトリックから独立した。英国国教会の始まりである。一時期メアリー1世(1516〜58)がカトリック回帰を試みたがその後、エリザベス1世(1533〜1603)の時代に統一令(1559)が出され国教会が定着した。

国教会の僧としての最高位は「カンタベリー大主教」であるが、さらにその上に英国国王が「信仰の保護者」として君臨する。なお、英国国教会とはイングランドに限定され、連合国家であるイギリスを形成するスコットランド、アイルランド、ウェールズにはそれぞれの教会が存在する。

キリスト教は大きく分けてカトリック、プロテスタント、オーソドックス(東方正教会)がある。プロテスタントはルター派、カルヴァン派をはじめ多数に存在し、英国国教会はカルヴァン派に属する(さらにカルヴァン派も3派に分かれる)。国教会はローマ教皇との対立から反カトリックとして独立したが、政治的な理由が主であり宗教的な対立ではなかった。そのため他のプロテスタント諸派と比べると、歴史や儀式を重視するなどカトリックの色合いが残っており、かなりカトリック寄りのプロテスタントということができる。

エリザベス女王と英国国教会

1953年6月2日、エリザベス女王の戴冠式がロンドン・ウェストミンスター寺院で行われた。英国の戴冠式はカンタベリー大主教が導き、聖書の贈呈や聖餐式が行われる。英国君主は英国、並びに英連邦各国の法律と、英国国教会の教義を守ることを神の前で宣誓する。これだけを見ると、大主教が君主の上に位置しているようにも見えるが、 英国国教会において国王は大主教の上に君臨する最高統治者であり、大主教や主教、司祭などの聖職者は君主によって任命される。宗教上においては大主教が長だが、英国君主はその大主教を任命する「信仰の擁護者」である。そのエリザベス女王は同じウェストミンスター寺院において大主教に導かれ天国へ昇った。英国君主は教会で生まれ、教会で任期(生涯)を全うするのである。ローマ教皇フランチェスコは新国王チャールズ3世に、女王のイエス・キリストへの確たる奉仕と信仰を称える弔電を送った。

宗教的君主

イギリスと並ぶヨーロッパの大国フランスで革命によって王権は倒れ、一時期の復古王政や帝政時代を経て共和制国家となっている。これに対してイギリスは君主制を保っている。しかも英国君主はただの君主ではなく、国教会の最高位という宗教的存在である。いわゆる「先進国」の中では一方の君主制国家・日本でも、天皇は単なる王・皇帝ではなく、事実上、神道の最高位である。天皇は宗教的存在として五穀豊穣を祈る「新嘗祭」や、元旦に行われる「四方拝」など様々祭祀を司っている。両国共に近代民主主義国家であるにも関わらず、その頂点には血統により受け継がれ、さらに宗教的な存在を兼ねる君主が君臨するという意味で共通している。民主主義を超える存在といってよい。

このような政治・軍事の実権のない宗教的君主の存在は、人によっては不必要な非合理的な存在ともいえるだろう。民主主義国家においてすべての人民は平等であるはずなのに、宗教的君主の存在のような例外が許されるのか。しかし経済的格差や人種差別など、人間が平等ではないことは我々は痛いほど知っているはずである。それでもあらゆる人間に対して平等に与えられるものがある。「死」である。

超越的存在の役割

死において人間は平等な立場に置かれる。死は私たちの世界を超える世界に属している。死がある限り宗教が滅ぶことはない。その意味で英王室不要論も根強く議論されている中、宗教的権威を備える君主の存在はこれからも継続しそうである。現実には格差社会を生むばかりの民主主義(資本主義)社会において、宗教的超越的な存在は、人間は全能でないという謙虚さと安心を与えてくれる役割を果たしているのではないだろうか。

参考資料

■青山武憲「英国と英国国教会」『法学紀要』第53巻 日本大学法学部(2012)
■クリスチャン・トゥデイ「エリザベス女王の国葬に各国首脳ら2千人 カンタベリー大主教が説教で語ったこととは?」(2022年9月21日)
■クリスチャン・トゥデイ「神に信頼し、人々に仕えた君主 エリザベス女王の信仰」(2022年9月10日)

ライター

渡邉昇

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

不記載

満足度
100%

葬祭ディレクターの本多さんの対応が温かく丁寧でとても良かったです。

満足度
100%

本人の希望通りにささやかながらもゆっくりお別れが出来たと思います。

満足度
100%

不記載

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
90%

居士に変更したのでその分追加費用がかかりました。

満足度
95%

思い切って自宅葬にしてみましたが、とてもよかったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
古来の神道と外来の仏教 神と仏はどんな対話をし神仏習合を遂げたか
コラム
中国の秦漢期の儒家が尊奉した五経典の中の「儀礼」から考える葬儀
コラム
ジャータカに記された仏陀の前世が行ってきた数々の善行とは
コラム
人間の生死や禍福を司る神として信仰の対象となった北極星と北斗七星
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353