葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 僧侶にとって修行する目的とは?修行によって何が得られるか?

僧侶にとって修行する目的とは?修行によって何が得られるか?

僧侶といえば修行・荒行を連想する人は多いだろう。滝に打たれ、断食をし、途方も無い時間座禅を行う。そんなイメージがある。厳しい修行に耐え、心身共に浄化される。そのイメージが我々に、俗世に浸かったいわゆる「生臭坊主」に対して許すまじと憤慨させる。そもそもなぜ彼らは修行・荒行をするのか。

僧侶にとって修行する目的とは?修行によって何が得られるか?

天台宗の修行 千日回峰行

日本仏教で最も知られている荒行が天台宗比叡山の「千日回峰行」である。7年間にわたり1000日間山林を歩き、挫折したときは自害する覚悟を決め、首をくくるための紐と短剣を携える。しかし最も過酷なのは700日目から行われる「堂入り」である。9日間寝るどころか、臥せることさえ許されず、座して真言を休みなく唱える。もちろん断食断水である。その肉体は7日も過ぎると死臭が漂うという。成就かさもなくば死か。生死のギリギリのラインを突破した満願者は生き仏として称えられる。

日蓮宗の修行 大荒行堂

日蓮宗の荒行もよく知られている。正中山法華経寺の「大荒行堂」では毎年11月から2月までの100日間、半年間修練を積む。読経三昧で喉が潰れ、荒むしろに正座し続ける足はあかぎれでひび割れ、雑菌が入りかかとが腫れる。こちらも死の危険すらあるという。

比叡山には他にも荒行があり、曹洞宗の総本山永平寺も厳格な戒律が知られている。いずれもその内容は凄まじい。我々のような凡人には及ばない境地であり、満行者には敬意を惜しまない、彼らはそれをもって何を得るのだろうか。

修業によって加持祈祷の資格を得る

修行者の目的は「加持祈祷」を行う資格を得ることである。日蓮宗における荒行の目的は「修法師」になることだ。日蓮宗には密教系に劣らない祈祷の修法が伝えられている。祈祷を行うには「修法師」の資格が必要で、荒行はそのために必須の修行である。千日回峰行の満願者も法力が宿るとされる。回峰行を2度成就した酒井雄哉師(1926〜2019)も加持祈祷を得意としており、臨終の際にあってもその場の人たちに加持祈祷を施したという。逆に祈祷の類を一切しない浄土真宗に荒行は無い。

つまり修行と祈祷は切り離せない関係といえる。仏教における修行とは祈祷を行い、何らかの形で効果を出せる「呪力」を身につけるためにほかならない。「呪力」を会得した者は「呪術師」である。元々日本においては仏教は呪術として受容された。僧侶は法力や霊力をもって不治の病を治し、災害を防ぐことを期待されたのである。

仏教は修行をどう見ているか

呪力を得るための荒行。しかし、それが仏教の本義かというと一概には言えない。釈迦は苦行林で苦行に励んだが、ついにこれを無意味と断じて苦行をやめた。そしてこの世の一切は空であるとの境地に達し、現世利益を期待する呪い(まじない)も否定した。その教えとは矛盾しないのか。原始仏教に近いとされるテーラワーダ仏教のスマナサーラ長老が「般若心経」を批判しているのは、心経の呪術性に対してである。

千日回峰行の満行を報じるネットニュースなどを見ると、荒行へ疑問の声も多い。荒行したからそれがどうしたのだと。確かに凄いことは凄いかもしれない。しかし大谷翔平や井上尚弥のような誰もが認める偉業かというとそれも違う。彼らの活躍は夢や希望を与える。ウクライナの五輪選手も国民に勇気を与えた。荒行を終えた僧侶は何をしてくれるのか。ただの自己満足ではないのか。

現代に生きる人々からすると術者が得たと称する「力」が、どれほどわれわれに益するものか疑問である。加持祈祷で本当に病気が治せるのだろうか。キリスト教の神父(牧師)や医者、カウンセラーになるのに滝に打たれる必要はない。

迷信扱いされる祈祷

日本の近代仏教では西欧文化の吸収・対応の必要性から、儀礼より信仰を重視する考えが盛んになり、加持祈祷や荒行などは形式的かつ古臭い迷信のようなものとされた。これらの潮流の中心となったのが、清沢満之(1863〜1903)の「精神主義」や、井上円了(1858〜1919)が創立した「哲学館」系の僧侶、学者らによる「新仏教運動」であった。こうした動きに加持祈祷の本家といえる真言宗なども近代化への対応を迫られたという。

しかし、21世紀の現代、浄土真宗以外のほぼすべての宗派で、祈祷が行われている。病気平癒、家内安全、学業成就、安産祈願…あらゆる現世利益を求めて今日も人々は神社仏閣に足を運ぶ。「呪力」を持つ僧侶の存在はやはり必要なのだろう。

彼らが会得した「力」は万人のために使うものだ。荒行は自分が悟りを開こうする自己満足ではなく、他者を救うための自己犠牲と言える。釈迦は悟りを得た当初、その教えを広めるつもりはなかった。衆生を救う力を得るために命がけの荒行に身を投じるのは、慈悲行を重んじる大乗仏教ならではといえるかもしれない。

救いを求める人のために

修行・荒行とは現代的な価値観から見れば、あるいは無意味に近いことを命懸けで挑んでいるようにも思える。しかし、救われたい人がいるならそれに応えてあげたいという思い。衆生を救いたいという思いで苦行に飛び込むことは尊敬に値するべきだろう。一方で、町田宗鳳は満行者の自我膨張の危険を警告している。つまり荒行を達成した者の傲慢である。厳しい荒行に耐えた自分を忘れて「生臭坊主」に成り下がる僧侶は多い。彼らにはいつまでも荒行の記憶を忘れず、悩める衆生のために尽力して頂きたい。

参考資料

■新アジア仏教史 第15巻 日本Ⅴ「現代仏教の可能性」佼成出版社(2019)
■阿部貴子「真言僧侶たちの近代」『現代密教』第23号 智山伝法院(2012)
■菅沼晃「新仏教運動と哲学館―境野黄洋と高嶋米峰を中心に」『印度學仏教學研究』49巻 1号 日本印度学仏教学会(2000)

ライター

渡邉昇(掲載日:2022/08/22)

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

不記載

満足度
100%

葬祭ディレクターの本多さんの対応が温かく丁寧でとても良かったです。

満足度
100%

本人の希望通りにささやかながらもゆっくりお別れが出来たと思います。

満足度
100%

不記載

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
90%

居士に変更したのでその分追加費用がかかりました。

満足度
95%

思い切って自宅葬にしてみましたが、とてもよかったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
中国の秦漢期の儒家が尊奉した五経典の中の「儀礼」から考える葬儀
コラム
「願わくは花の下にて春死なむその如月の望月のころに」を叶えた西行
コラム
古来の神道と外来の仏教 神と仏はどんな対話をし神仏習合を遂げたか
コラム
江戸時代の随筆「翁草(おきなぐさ)」に記されている人の生き死の話
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353