資料請求
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム > 追善供養は故人だけでなく自分が亡くなったときのためでもあった

このエントリーをはてなブックマークに追加

追善供養は故人だけでなく自分が亡くなったときのためでもあった

初七日、四十九日、一周忌、三回忌と人が亡くなると仏教では追善供養のための法要を行う。追善供養は、亡くなった方のためにあるだけではなく、この世で生きる私たちのためでもある。いわば心の積み立て貯金である。追善供養の意味を確認し、どうして積み立て貯金と表現したのかご紹介する。


法要が行われる日について

法要が行われる日付について意外と知らない方が多い。一周忌はなんとなく節目なのでと思うだろうが、初七日と四十九日はいったいどうしてその日付で行うのか。それは、あの世で行われる十王審査が関係していた。

仏教では人は亡くなると、仏様の化身である十王によって裁かれ、六道(地獄道、修羅道、畜生道、餓鬼道、人道、天道)のどこかに生まれ変わるという考え方がある。


十王審査

人が亡くなると旅をすると言われ、旅の過程で出会う十王により裁かれていく。これを十王審査という。
旅を始めてから7日目、1人目の王「秦広王(しんこうおう)」によって生前の嘘について裁判が行われる。
最初の裁判が行われるのが7日目であり、初七日のもととなっているのです。その後7日ごとに、行われていく十王審査を改めてまとめてみると以下の通りである。

14日目  初江王(しょこうおう)  動物や生き物の殺傷  二七日(ふたなのか)
21日目  宋帝王(そうていおう)  邪淫の罪  三七日(みなのか)
28日目  五官王(ごかんおう)  飲酒や嘘  四七日(しなぬか)
35日目  閻魔大王(えんまだいおう)  六道の行先の決定  五七日(いつなぬか)
42日目  変成王(へんじょうおう)  細かい場所を決定  六七日(むなぬか)
49日目  泰山王(たいざんおう)  性別や寿命の最終決定  七七日(しちしちにち)・四十九日

49日目までは、中陰とよばれており、死者は成仏できずにさまよっている状態となる。これら法要では、死者の冥福を祈り法事が行われているが少しでも裁判での罪が軽くなるように、また良い条件の六道へと生まれ変わりを遂げることができるようにと祈ることで、現世から故人へ善を送っているのである。

だから決して、遺族に自分の供養はしなくてもいいから、なんてことは言ってはいけない。特に四十九日は、法要のなかでも一番知られている供養であるがこれをもって忌明けとなることがほとんどで、故人の冥福を祈って喪に服していた期間を終えるのである。

しかし、上記を見ていただくと、この時点でまだ裁判を行った王は7人であり、まだ、3人の審査がこれから行われるのだ。

100日目  平等王(びょうどうおう)  遺族の貪欲の罪  百カ日(ひゃっかにち)
1年目  都市王(としおう)  罪によっては地獄に  一周忌
3年目  五道輪転王(ごどうりんてんおう)  六道先での悪事  三回忌

特に、100日目の裁判内容をみていただきたい。なんと、遺族の貪欲の罪が咎められるのである。しっかりと法要を行うことで故人と遺族の来世での安楽を願うことができるのである。


追善供養は「心の積み立て貯金」

初七日からはじまりその後の節目に行われる法要は、三十三回忌もしくは五十回忌を最後に弔い上げとすることが多い。そして故人の供養を行うことは、遺された生きる者のためでもある。このように、故人の死後の世界での幸福を願って行う供養は、私たちのこの世での善を故人に送っていると同時に、私たちがあの世の行ったときのための徳を積んでいるのだ。

初七日以降の四十九日までの間や、三回忌以降の法要に関しては、なかなか行えない方が多いのではないだろうか。しかし、法要でなくともできる限りの供養を行うことは、故人だけではなくご自身の徳の積み上げともなる。

これを私は「心の積み立て貯金」と表現してみたのである。たくさん集めるとそれだけ恩恵を受けることができるように、あの世で生まれ変わるときにも貯金として使用できるのである。たとえ、十王による数々の審判で点数を引かれても貯金で取り戻せるかもしれない。万人に仏教が広まったのも、このような考え方があるからではないだろうか。そして、三回忌以降も年忌法要は行われるのでぜひ、追善供養を行い貯金をためていきたい。ただし、この預金口座は本人限定である故、絶対に人に譲渡したりすることはできないので注意である。


ライター 中川

記事掲載日:2021/06/17

Tシャツ 追善供養

Tシャツ 追善供養

このページのトップへ