資料請求
24時間365日対応の葬儀
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム > 生死を超えた剣豪たちの境地と剣術が剣道に昇華した理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

生死を超えた剣豪たちの境地と剣術が剣道に昇華した理由

ソーシャルゲーム「刀剣乱舞」の影響で日本刀に関心を持つ「刀剣女子」なる人たちが話題になっている。「刀剣乱舞」は日本刀を擬人化したもので、名だたる名剣、名刀が登場する。剣術、武術とは無縁の友人がこの影響で、多少なりとも武道を学んでいる筆者以上の刀剣の知識を持つようになり驚いたことがある。


剣は人を殺すための道具 剣術は人を殺すための技術

日本刀には言語に尽くしがたい妖しい魅力があるのは確かだ。こうした世界に若い女性が関心を持ってくれるのは喜ばしいことだが、忘れてはならないことがある。

それは剣とは人殺しの道具であり、剣術とは、武道とは人殺しの技術であるという事実だ。そしてかつての剣豪たちはその段階で終わらず、単なる殺し合いを超えた、独自の死生観を確立した。日本刀にはその歴史と思想が込められている。


日本刀の独特の魅力とは

日本刀には独特の魅力がある。海外では、王家の財宝などに装飾品としての「宝剣」といったものがあるが、主役はあくまで剣にちりばめられた金銀宝石である。日本のように刀身そのものを美の対象とし、刃紋の良し悪しを語る感性は世界でも独特といえる。刀身のみが飾られている刀剣展の光景は、海外の人からみれば奇異なものにみられるに違いない。


人殺しの道具に過ぎなかった日本刀に、どのようにして高い精神性は宿ったか

日本の「剣」には、高い精神性が宿っている。刀は武士の魂という。刀工もまた魂を削って刀を打つ。しかしそれほどのものはといえ、それ自体は単なる道具、それも人殺しの道具である。剣術に限らず武術とは、いかに人体を合理的に殺傷するかを追求した技術であった。現代格闘技のようにルールや倫理などは存在しない。勝つことは生きることに直結し、殺される前に殺すための術であった。

しかし、そのような殺人術、戦闘技術は世界に伝わっている。その中にあって日本で「武術」は「武道」となる。「剣術」から「剣道」へ、「武術」から「武道」へ。武の「術」から「道」への昇華は日本のみに起こった突然変異という他ない。同じ武器でも銃の銃身や、戦車の砲台に深い精神性を見いだすことができるだろうか。人の命を奪うことに変わりはないはずの単なる武器を超えたどのような精神性が宿るのか。


殺人刀から活人剣へと昇華しようとした柳生新陰流の剣豪・柳生宗矩

徳川家武道指南役を務めた、柳生新陰流の剣豪・柳生宗矩(1571~1646)は、人を殺す「殺人刀
(せつにんとう)を、人を活かす剣「活人剣」(かつにんけん)として昇華した。今でこそ剣道、武道は心身の鍛錬として推奨されるが、宗矩が生きた安土桃山~江戸初期という戦国時代の名残が残る時代にあって、「人を活かす剣」とはかなり突飛な発想であったに違いない。

「兵は不祥の器なり。天道之を悪む。止むことを獲ずして之を用ゐる、是れ天道也」

「一人の悪に依りて万人苦しむ事あり。
しかるに、一人の悪をころして万人をいかす
是等誠に~略~人をきるにはあらず、悪をころす也。
一人の悪をころして、万人をいかすはかりごと也」(柳生宗矩「兵法家伝書」)


柳生新陰流に伝わる奥義「無刀取り」とは

宗矩は著書「兵法家伝書」において剣を「不詳の器」として、その存在価値を否定する。その上で仕方なく、無法な者に対しては剣を奮わざるをえない時もある。それは人を斬るのではなく「悪」を滅ぼすのだとする。

ここではまだ例外としての殺人を肯定している。しかし柳生には「無刀取り」という奥義がある。素手にて剣を奪い制する技だ。剣の奥義が斬ることではなく、そもそも剣を持たずにして人の命を奪わず、制することだとするのは、武術の意味からして驚くべきことである。この「無刀取り」を宗矩はさらに展開し次のように述べる。

「無刀は取る用にてもなし。人をきらんにてもなし。敵から是非きらんとせば、取るべき也。取る事をはじめより本意とはせざる也。よくつもりを心得んが為也。敵と我が身の間何程あれば太刀があたらぬと云事を、つもりしる也」

「無刀取り」とは素手で刀を取ることではない。それはやむをえず、刀と対峙した時のことで、そもそも戦わなければよい、逃げてしまえば良いのだとする。もはや、立ち合うこと、殺し合うことそのものを否定するのである。


宮本武蔵が辿り着いた人殺しを超えた境地

宮本武蔵(1584~1645)も晩年は高度な精神性に到達した。武蔵は13歳である兵法家を撲殺して以来、「五十余り 負けなし」という剣士というより兵法家であった。吉岡一門との対決では神出鬼没、ゲリラ戦の様相を呈し、佐々木小次郎との「巌流島の戦い」ではわざと遅れて小次郎の気を乱すなどの心理戦を仕掛けた。また、武蔵は無防備になることを嫌い、風呂に入らなかったという徹底した合理主義者、現実主義者であった。その武蔵も晩年は書や彫刻などに励み、著書である「五輪書」では、武の神髄は真の「空」に到達することにあるとする、単なる人殺しを超えた境地を説くに至った。

宗矩は、武蔵は、人を斬る、人の命を奪うという行為の果てに何をみたのか。


妖刀「村正」と名刀「正宗」

妖刀と称された「村正」と名刀と言われる「正宗」の切れ味を試そうと川に立てたという逸話がある。川に流れる木の葉は村正に触れるやいなや、真二つに斬れた。恐るべき切れ味である。一方、正宗には木の葉が当たらない。木の葉が避けて通るのだ。そこには絶対的な平和が実現している。宗矩や武蔵も最終的には戦いの放棄に至った。

戦いをしない、殺し合いをしないということは、実は自分の命を護るだけではない。相手にも殺人という罪を犯させないことでもある。

本来、人殺しにすぎない剣豪たちは生と死、敵と味方の区別すらない高い精神性に至った。それは真剣を介し、生と死の狭間に立つことで、死に向かい合い、生きることに執着するぎりぎりの現場を見極めた先に実現した境地であった。

「斬る」ことを経た境地は、殴られる痛みすら知ることの少ない現代日本に生きる我々が無下に否定することではない。外的には戦争、紛争、犯罪、内的には脳死問題、延命治療など、「命」を考えることを避けられない現代において、彼らの境地、その死生観を学ぶことは無駄ではないだろう。


ライター 渡邉 昇
坂本龍馬 大刀と小刀の2点セット

坂本龍馬 大刀と小刀の2点セット

このページのトップへ