葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 流行している家族葬から以前のような大規模な葬儀に戻る可能性を考えてみる

流行している家族葬から以前のような大規模な葬儀に戻る可能性を考えてみる

「喪服の色は?」ーーわざわざ聞かれると、最早応えることすら億劫になるほど今となっては当たり前のマナーであり、100人が100人、間違いなく黒と応えるだろう。

しかし、江戸の昔には遺族の喪服は白だったと聞くと少し驚きやしないだろうか。それが今では黒が当たり前。ではいつ黒が喪服の常識になったのだろうか。

流行している家族葬から以前のような大規模な葬儀に戻る可能性を考えてみる

喪服は黒という常識は、実は比較的新しい常識だった

それは諸説あるようだ。一つは明治時代、外国の喪服の色を皇室が取り入れ、それが一般まで及んだという説。あるいは日清・日露の戦争中あまりに葬儀が多くて貸衣装屋が汚れの目立たない黒にしたという説も残されている。とにかく色々な説があるようだが、明治時代から喪服が黒に変わったのは間違いないようだ。

しかし、明治44年9月に37歳で死去した日本画家の菱田春草の葬儀で「白い喪服を着た未亡人が、3人の幼子を連れて葬儀場に姿を現した時、参列者たちは涙を禁じ得なかった」という記事が残されている。

これを読むと、明治の末年まで一般の葬儀では白が使われていたようだ。地域の慣習などもあり、一斉に白から黒に変わったわけではなく徐々に時間をかけて黒が喪服として浸透していったのだろう。

当たり前だと思い込んでいた「喪服は黒」という常識は、実は案外新しいものだったのだ。

そもそも喪服は白と黒を交互にしてきた

では、日本人の喪服はずっと白だったのかというと、そうではない。

平安時代、源氏物語やそのほかの文学作品に「鈍色(にびいろ)」が喪服として用いられたという。鈍色とは薄墨色や濃いねずみ色を指し、やはり黒っぽい色を当時の貴族たちは喪服として使用していたのだ。
では、それがいつ白に変わったのか。残念ながらはっきりと時期が指定できないそうだ。そしてもっと古代になるとやはり白が喪の色だったであろうといわれている。

つまり日本の喪服の色は白から黒っぽい色、また白に戻って現在は黒という変遷を緩やかにたどってきたのだ。

喪服の色と同様に、葬儀の形式も変わり続けていくかもしれない

こうしてみると常識とは案外変化していくものだということに気づかされる。今では当たり前となっていることも、しばらくすればそうではなくなっているかもしれない。

それは葬儀の形式にも同様のことが言えるだろう。

現在、流行の家族葬は、いわゆる小規模な葬儀を指している。これは以前の大規模な葬儀からの反動だと言われている。今となっては以前のような大規模な葬儀に戻るなんて中々考えづらいことではあるが、喪服の色が変遷してきた歴史を考えると、その可能性を否定することは誰にもできないのではないだろうか。

ライター

J・K

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

不記載

満足度
100%

こちら様を選んで良かったです。ありがとうございました。

満足度
95%

不記載

満足度
100%

感謝しております

満足度
100%

紹介してくださった葬儀社には本当に感謝しています。ありがとうございました。

満足度
100%

ありがとうございました。

満足度
100%

おまかせして、良かったです。◯◯様とても良かったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
福岡県中間市にある「垣生羅漢百穴(はぶらかんひゃっけつ)」を調べてみた
コラム
サイバーパンク: エッジランナーズ(Netflix)に見るコンパクト化された死
コラム
死後の国という意味だけでなく、沖縄の死生観そのものも表すニライカナイ
コラム
座らない禅、動く禅・動禅として瞑想効果が期待できる太極拳
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353