葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 守り本尊とその源流である十三仏信仰が日本人に与えた影響とは

守り本尊とその源流である十三仏信仰が日本人に与えた影響とは

日本人の死生観、宗教観を語る上で仏教の影響はとてつもなく大きい。しかし難解な仏典や高尚な思想、著名な僧侶や寺院だけが仏教とは言えない。文字も読めず難解な教義などとは無縁の民衆の生活にも仏教は浸透し独自の信仰として根付いてきた。十三仏信仰や守り本尊もそのひとつである。

守り本尊とその源流である十三仏信仰が日本人に与えた影響とは

守り本尊

人は何者かによって守られている安心感が欲しいものである。占星術の十二星座にはそれぞれ火星や木星などの守護星があり、生まれ月に由来する、いわゆる誕生石なども身に着けると利益があるとされている。「守り本尊」もそのひとつである。守り本尊は生まれ年の十二支に、それぞれ仏教の仏(如来、菩薩、明王)が、守り仏としてその人を守護してくれるとされる民間信仰である。十二支と守り仏の対応は以下の通り。

子・千手観音、丑/寅・虚空蔵菩薩、卯・文殊菩薩、辰&巳・普賢菩薩、午・勢至菩薩、未/申・大日如来、酉・不動明王、戌/亥・阿弥陀如来

守り本尊にはそれぞれ独自の真言(マントラ)がありこれを唱えたり、それぞれに縁のある日(縁日)に詣でることで功徳を頂けるという。

縁日はたとえば千手観音を本尊とした寺を詣でると、千手観音とつながりを深められる日で、それぞれの仏に決まった日が縁日として定められて賑わいを見せる。守り本尊の八仏は十三仏信仰が源流とされているが、守り本尊自体の成立はよくわかっていない。おそらく仏教、神道、陰陽道などが混交したり、民間信仰が混ざったものだと思われる。それでも多くの寺院で十三仏にまつわる縁日などが行われている。守り本尊の理屈で言えば、今年は寅年なので虚空蔵菩薩、来年は卯年で文殊菩薩が、日本を全体的に守護してくれる仏であるということになる。

十三仏信仰

守り本尊の源流とされる十三仏信仰は、日本人の死生観、宗教観などに大きな影響を与えた。正月、彼岸、盆、葬儀・年忌法要といった日には、十三仏の掛け軸をかけ、十三仏の称名を行い、死者の供養をする風習が今も各地に残っている。例えば初七日に不動明王、三回忌に阿弥陀如来、十三回忌が大日如来といったように、各忌日の本尊として対応しており法要が営まれる。十三仏は室町時代にはほぼ成立したと考えられており、この頃十三仏の供養塔が各地に建立された。
仏教を受容するまで日本人の死後観は曖昧なものだった。日本神話に登場する「黄泉の国」などにかろうじて見いだせる程度で、具体的な世界はなかった。そこに魂や宇宙などを精密な理論で語る仏教が登場した。日本人は現実的なあの世を手にしたのである。
しかし十三仏という組み合わせ自体は仏典に見出すことはできない。民間信仰のひとつである。一説には中国に伝わる「十王」信仰が元になっていると言われている。十王は十人から成る地獄の裁判官といったところである。民衆の間には、仏教によって極楽信仰と対となる形で死後、地獄に落ちる恐怖も根付いた。やがて十王は実は仏であるとされるようになり、後に三仏が加わって十三仏となったという。この流れは八百万の神々が実は仏の化身であるとする本地垂迹説に似ている(天照大神は大日如来など)。民衆は地獄行きを逃れたいために十王を信仰した。そして恐るべき地獄の王たちが仏の化身であると考えられると、これを信仰することで地獄行きを避け、一転して極楽往生への道も望めるようになったのである。

民衆の守護仏へ

十三仏の守護は三十三回忌の虚空蔵菩薩まで続く。十三仏を深く信仰することで、故人の死後も極楽往生するまで面倒を見てくれるというわけである。その一方で十三仏は生前に自分自身の供養をしておくことで、死後の往生が約束されるという「逆修」の本尊でもある。現代でも生前に法名・戒名を頂いたり初七日を行う人は少なくない。死後生が今より遥かにリアルだった時代、十三仏を供養して功徳を得て、極楽往生を期待したのである。故人のそして自分自身の死後に向けた守護仏への切なる信仰が、日常の生活においても反映され、現世利益的な要請から守り本尊として崇められることになったのではないだろうか。

十三仏と守り本尊は正統的な仏典にあたっても見いだせない民間信仰だが、民衆にとっては「空」「悟り」といった精密な思想より、日常を少しでも安楽に生きることと、死後の極楽往生こそが重要だった。それは現代の私たちも変わらない。

自分だけの守り本尊

自分の守り本尊を調べると「私は〇〇如来なのか」「〇〇菩薩なんだな」などと親しみが湧いてくる。また先程も触れたように来年は卯年で文殊菩薩が守護する年である。今年寅年の虚空蔵菩薩は学問的な叡智を司り、文殊菩薩は生活の智慧といった分野が得意である。こうした知識があれば観光で寺院を訪れる際にも楽しくなるし、功徳を得ることもできるかもしれない。

参考資料

■宮坂宥洪「十三仏信仰の意義」『現代密教』 第23号 智山伝法院(2012)
■川勝政太郎「十三仏の史的展開」『大手前女子大学論集』第3号 大手前女子大学(1969)

ライター

渡邉昇(掲載日:2022/12/20)

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

ありがとうございました。

満足度
100%

葬祭ディレクターの本多さんの対応が温かく丁寧でとても良かったです。

満足度
100%

不記載

満足度
100%

不記載

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
90%

居士に変更したのでその分追加費用がかかりました。

満足度
95%

思い切って自宅葬にしてみましたが、とてもよかったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
葉隠の一節「武士道と云うは死ぬことと見つけたり」は誤解されている
コラム
寛政の改革を断行し自らを神人一体とするように考えた松平定信
コラム
わたしたちが知らないスーホの白い馬の真実と当時のモンゴル
コラム
江戸時代におこった幽霊や妖怪などの怪談話ブーム
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353