資料請求
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム > 野辺送りから葬列、告別式に変化していくまでの歴史と葬儀社の関わり

このエントリーをはてなブックマークに追加

野辺送りから葬列、告別式に変化していくまでの歴史と葬儀社の関わり

かつて交通手段がなかった時代、遺体は人力で埋葬地まで搬送しなければならなかった。出棺後、自宅から墓地までの人の群れを葬列と良い、それ自体を野辺送り(のべおくり)と呼んでいた。地域によって異なる野辺送りは、時代と共になくなりつつある。時代の流れとして当然かもしれないが、今回は葬列の歴史を葬儀会社の出現などとともにお伝えする。


野辺送りとは

野辺という言葉は「埋葬」を意味しており、まだ火葬が行われていない時代からの風習である。葬儀を終えた後に近親者や地域の人々が故人の棺を担ぎ、さまざまな祭具とともに葬列を組み、埋葬地や火葬場へ向かう非常に重要な儀式である。野辺送りは地域によって方法や規模も大きく異なる。現代は昔ながらの野辺送りが残る地域は少なく、一部の儀式を残すのみとなっている。


明治に始まった葬列と葬儀社の原点

江戸時代には夜にひっそりと行われていた葬列は、明治時代に入ると商人を中心に大掛かりな葬列を組み、日中に葬儀が行われることとなり、いかに立派な葬列を組むかが財力の象徴ともなった。また、葬儀社の原点は江戸時代であり、桶のような棺をつくる業者が始まりと言われている。かれらは、桶屋(おけや)・早桶屋(はやおけや)と呼ばれ、都市部では葬列の際の祭具の貸し出しを行う業者もあった。このように棺や祭具を製作する以外にも、造花の製作から転じたものや葬列の手配、葬儀の食料品の手配業者から転じ、葬儀社となったものも多い。


豪華になっていった葬列

江戸から明治へと、富裕層を中心に葬儀についてさまざまな変遷が進んでいく。まずは、葬儀を豪華に見せるために、生花や造花を挿した花車、位牌を運ぶための位牌輿などが登場する。葬列の出発時には菓子や小銭をかごにいれて近隣の人に振る舞ったり、会葬者すべてに菓子包み、饅頭、弁当を配るという現代の粗供養の原型が生まれる。

配られる弁当を目当てに、まったく関係のない人々が集まって、何度も並ぶということもあったそうだ。大きな葬列を演出するために、中には千人を超える人夫が手配されることもあった。そして、葬列用の衣装の貸し出しを行う業者も出現する。


葬列は自宅での葬儀告別式へと形を変えていく

明治20年頃から30年の間に豪華な葬列はピークを迎え、その後葬列は告別式へと変化していった。現在も野辺送りをしている地域は少ないが、風習として残っているところもまだ存在する。また、野辺送りの際に持って行った祭具は形を変えて祭壇に組み込まれている。例えば、白木祭壇の上部は、棺を入れて運んだ輿(こし)の名残でもあり、祭壇に乗せている六灯も野辺送りの祭具の一つであった。

現代では、出棺の後はあっという間に火葬場に到着し、もう葬儀場を出てしまえば故人との最後のお別れが叶わない火葬場もある。葬列は、故人に感謝の気持ちを感じながらゆっくりと歩き、火葬場へ向かう。時には、家族や地域の方々とたくさんの思い出話をし、その悲しみに涙する。その時間はとても大切なものだったのではないだろうか。家族葬で故人との時間を取ることが出来る今、葬儀を簡易に終わらせてしまうのではなく、故人との思い出をゆっくりと共有できるような時間を持つことも大事ではないだろうか。


ライター 中川

記事掲載日:2021/07/30

葬送のフリーレン 1

葬送のフリーレン 1

このページのトップへ