資料請求
24時間365日対応の葬儀
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム > 遺体をアルカリ性の液体で溶かす新しい水葬「アクアーメーション」

このエントリーをはてなブックマークに追加

遺体をアルカリ性の液体で溶かす新しい水葬「アクアーメーション」

葬儀後、ご遺体は火葬をするのが一般的である。これらは、国や地域、宗教などの死生観により大きく異なり、土葬をするケースもあることはご存じだと思う。また、以前のコラムでも取り上げられているが、チベットでは遺体をハゲワシに食べさせる伝統的な鳥葬という葬儀方法には驚きを隠せない。そんな中、新しい葬送方法としてご遺体を水に分解するアクアメーションという技術が存在するので紹介する。


アメリカで徐々に認知度が上昇しているアクアメーション

火葬に代わり、遺体を液体によってとかす葬送形態として注目を浴びている。科学的にいうと、アルカリ加水分解、つまりアルカリ性の液体によって体を溶かすというもの。アルカリ性の溶液が満たされた円筒形の機械に遺体を入れ、液体を加熱、人体を構成する物質であるタンパク質や、脂肪、血液などを分解する。しかし、すべて溶けてなくなってしまうわけではない。骨は残るし、金属も残る。機械にもよるが時間は90分~3時間、また低温でゆっくり16時間かけて分解するものもある。


アクアメーションの起源

アメリカではアクアメーションを動物の排せつ物や遺体処理方法として1990年代から利用されていたのだが、この技術を葬送に使用しようと考えたのには以下の理由がある。

アメリカは全国民の約8割キリスト教徒であり、その死生観から土葬が基本とされている。キリスト教では、死は終わりではなく、世界の終わりが訪れたときに復活をするというもの。なので、その時に体がないと困るということで、土葬とされてきた。しかし、土葬が基本と申し上げたのは、土葬をする費用やスペースの問題が大いに関わっているため、火葬を選ぶ人が増えているという。

2016年の全米葬儀者協会によると、米国人の50.2%が火葬、43.5%が土葬を選んでいる。人々が火葬を選ぶ理由の一位が金銭的な問題である。ちなみに、1960年代にローマカトリック教会は火葬禁止令を撤廃でいており、火葬を選ぶことは自由である。このように、肉体が失われることに対し、抵抗がなくなったのだろう、新しい葬送技術であるアクアメーションに注目が集まるようになったのだ。

アクアメーションは、環境への配慮もあり、火葬よりエネルギーを使用せず、コスト面でも利点がある。


日本人はアクアメーションを受け入れられるだろうか

この葬送方法を日本人はどうとらえるのか。アクアメーションはまだ、日本には上陸しておらず、そのような技術があることも、まだ知りえない方が多い。もし、この技術が日本に入ってきた時、みなさんはどう考えるだろうか。


ライター 中川

記事掲載日:2021/05/28

熔ける

熔ける

このページのトップへ