資料請求
24時間365日対応の葬儀
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム > 大規模葬儀に終止符を打った新型コロナ これからは小規模葬儀一択

このエントリーをはてなブックマークに追加

大規模葬儀に終止符を打った新型コロナ これからは小規模葬儀一択

新型コロナウィルス感染症の流行により、「密閉」「密集」「密接」という三密は避けるべきとされている。ところが葬儀はどうしても三密になりやすく、コロナ禍の中どのように葬儀を執り行えばよいか悩む葬家はあるだろう。

密集を避けるためには、参列者を最小限に絞ることが必要だ。さらに密閉、密接を避けるためには、少人数でも広い式場を使用し、会葬者が隣り合わないように配慮する必要がある。飛沫感染の心配から、通夜振る舞いなどの会食も避けることが必要だろう。


新型コロナウィルス感染拡大防止の葬儀といえば火葬式(直葬)、家族葬

このような条件の中で葬儀を執り行うのに合致したスタイルの葬儀はある。葬儀場での儀式を行わず火葬場に直接ご遺体を運び簡単にお別れを行う火葬式(直葬)や、近親者のみが集う家族葬といった小規模なお葬式だ。これまではしきたりや付き合いの関係で一般葬を行うべきとしていた地域の方でも、小規模なお葬式を選択する葬家は増えるだろう。


火葬式(直葬)や家族葬は低費用で拘束時間も短く現代向き

小規模なお葬式を実際に催すと、今までの一般葬などの大規模なお葬式との違いに驚く葬家は多い。葬儀といえば多額の費用が掛かり、さらに心身ともに多大に疲労するものだ。

しかし、小規模なお葬式は葬儀費用が抑えられ、さらに長時間拘束されることが避けられる。あっけないと感じる一方で、日ごろ忙しい世代にとっては低コスト、短時間で済む現代に合ったスタイルの葬儀と感じるだろう。

会葬者への対応に気を使うこともなく、中には一般葬に比べ故人とのお別れを心行くまで行えたと感じる親族もいただろう。


コロナ禍での葬儀は、見ず知らずの参列者が来なくなる

コロナ禍以前より、火葬式や家族葬といった小規模な葬儀を営む葬家は増えていた。高齢の方が亡くなり、子どもの会社関係の参列者や義理で参列した地域の方など、故人を直接知らない参列者ばかりという一般葬は少なくない。

葬儀ではこのような参列者でも親族は対応する必要があり、故人との別れが十分に行えないと感じることは多かった。一方、小規模なお葬式はこのような会葬者への接待がないため、葬家は故人との時間を十分にとれるのだ。


希望があれば「お別れ式」を開けばよい

小規模なお葬式では参列者が限られる。そのため、参列できなかった人からクレームが出る可能性がある。このような場合は故人を忍び想い出を語る場を後日設けるのも一つの方法だ。

葬家は葬儀を執り行った後しばらくは落ち着かない日々を過ごすことになる。様々な手続きが終わり、気持ちがひと段落したところで改めて希望者をあつめ「お別れ式」を開くとよいだろう。

親しい人が亡くなったのちは小規模な葬儀を執り行い、後日お別れ式を開くといったスタイルはしきたりに縛られやすい地域の人にもおすすめだ。親族は大切な人とのお別れの時間を行くりと過ごし、さらには地域の方にも故人を偲ぶ機会も持てるだろう。


ライター 篠田

記事掲載日:2020/06/22

diy葬儀

diy葬儀

このページのトップへ