資料請求
24時間365日対応の葬儀
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 茨城県の葬儀・家族葬 > 龍ケ崎市の葬儀・家族葬

龍ケ崎市の葬儀ならお任せ下さい。
追加費用0円、全国平均より格段に安い葬儀をご案内致します。

龍ケ崎市で利用できる葬儀場・斎場

龍ヶ崎市営斎場
龍ヶ崎市営斎場りゅうがさきしえいさいじょう
住所

茨城県龍ケ崎市高砂7091

アクセス

■電車で行く場合 ・関鉄竜ヶ崎線の「竜ヶ崎駅」下車、タクシーで約15分。  ※竜ヶ崎駅からは距離がありますので、タクシーをお薦めします。 ■車で行く場合 ・水戸方面から龍ヶ崎市営斎場  首都圏中央連絡自動車道「牛久阿見IC」より、県道48号線を千葉方面へ進みます。  そのまま、道なりに約10キロ進み「長沖新田」信号の交差点を右折します。  約200m進み右折した後、約1キロ進みますと、龍ヶ崎市営斎場となります。 ・東京方面から龍ヶ崎市営斎場  常磐自動車道「柏IC」より、国道16号線を千葉方面へ約5キロ進み、信号「呼塚」の交差点を左折し国道6号に入ります。  左折後、約20キロ進み利根川を渡る前の交差点を右折して県道170号線(利根水郷ライン)に入ります。  約15キロ進みますと、「栄橋南詰」信号がありますのでを左折します。  橋を渡りまして、約4キロ進み「長沖新田」信号を右折します。約200m進みT字路を右折した後、約1キロ進みますと、龍ヶ崎市営斎場となります。

運営主体

公営

火葬場

あり

式場(葬祭ホール)

あり

詳細を見る
葬儀プランを見る

メモリアルホールすがはら
メモリアルホールすがはらめもりあるほーるすがはら
住所

茨城県龍ケ崎市川原代町2578-4

アクセス

常磐線 佐貫駅(東口)よりタクシーにお乗り下さい。ワンメーターほどの距離です。 常磐自動車道 谷田部ICより25分 首都圏中央連絡自動車道 牛久阿見ICより20分

運営主体

民営

火葬場

なし

式場(葬祭ホール)

あり

詳細を見る
葬儀プランを見る

龍ケ崎市から支給される葬祭費(葬儀の補助金)

全国どの市区町村でも、国民健康保険・後期高齢者医療の加入者が死亡した場合、その葬儀を執り行った喪主は、葬祭費の補助金を受け取ることが出来ます。
但し、支給される金額が市区町村毎に違い、龍ケ崎市の場合、5万円が支給されます。
注意すべき点は、この葬儀の補助金は、申請をしないと振り込まれないという点です。
葬儀が終わったら、保険証の返還と合わせて、忘れずに申請をするようにしましょう。

龍ケ崎市のペットの葬儀

全国どの市区町村でも、国民健康保険・後期高齢者医療の加入者が死亡した場合、その葬儀を執り行った喪主は、葬祭費の補助金を受け取ることが出来ます。
但し、支給される金額が市区町村毎に違い、龍ケ崎市の場合、5万円が支給されます。
注意すべき点は、この葬儀の補助金は、申請をしないと振り込まれないという点です。
葬儀が終わったら、保険証の返還と合わせて、忘れずに申請をするようにしましょう。

龍ケ崎市の情報

茨城県龍ケ崎市は茨城県の南に位置し、「竜ヶ崎ニュータウン」など東京都心のベッドタウンとして開発されています。同市の名産は、甘さと酸味が絶妙な「竜ヶ崎トマト」や「龍ケ崎コロッケ」、特別栽培の龍ケ崎産コシヒカリの「龍のまごころ」などがあります。また工芸品では宮内庁御用達の「カガミクリスタルのガラス工芸品」があります。同市には「般若院のしだれ桜」や「牛久沼の景勝」があり市民に親しまれています。 龍ケ崎市を運行する鉄道では、JR東日本の常磐線、関東鉄道の竜ヶ崎線があります。路線バスでは、関東鉄道・大利根交通自動車・JRバス関東・龍ケ崎市コミュニティバスの「龍・ゆうバス」と「龍ぐうバス」・河内町コミュニティバスが運行しています。国道は国道6号(水戸街道)が通っており、県道では茨城県道5号竜ヶ崎潮来線など4本が通っています。

龍ケ崎市の葬儀・家族葬の情報

「龍ケ崎市営斎場」は、火葬場と家族葬や一般葬などの葬祭室、待合室を併設した市営の斎場です。同斎場の利用料は市民の場合は家族葬などを営む場合、午後5時から翌日午前11時までの連続使用で7.2万円と格安で利用出来ます。また家族葬での利用の場合は、待合室に宿泊することも出来ますので、宿泊費を大幅に減らすことも出来ます。尚アメニティはあまりありませんので、家族葬前には各自準備をしたほうが良いでしょう。 「龍ケ崎市営斎場」は、市営の火葬場と家族葬などの葬儀場を兼ねた斎場です。同火葬場の利用料は市営の為、同市民は安い価格設定が適用されますので、同斎場で家族葬などの葬儀を営まなかった場合でも火葬場としてのみ利用する方も多いです。同火葬場は1日4回火葬が行われますが、事前予約が必要となります。市内近郊での家族葬や密葬をご希望の方は「心に残る家族葬」へご相談下さい。

 
心に残る家族葬は、「5名~50名までの参列者」に特化した葬儀です
全額返金保証の心に残る直葬
通夜式、告別式、初七日法要を行わないシンプルなプランです。
業界では初めての「全額返金保証制度」をおつけしています。
全額返金保証の心に残る直葬
14万3千円
資料請求(無料)
プラン詳細

心に残る直葬
納棺やお花入れなどのお別れの儀式でお見送りします。※通夜・告別式を行いません。
心に残る直葬
17万5千円
資料請求(無料)
プラン詳細

心に残る一日葬
告別式・式中初七日を1日で執り行う、シンプルな葬儀です。※通夜を行いません。
心に残る一日葬
33万5千円
資料請求(無料)
プラン詳細

心に残る家族葬
通夜・告別式・式中初七日を執り行います。斎場を借りて故人をお見送りします。
心に残る家族葬
49万5千円
資料請求(無料)
プラン詳細

心に残る家族葬
49万5千円のプランに、お食事を付けました。(通夜振舞い・精進落し)
心に残る家族葬
59万5千円
資料請求(無料)
プラン詳細

心に残る家族葬
59万5千円の葬儀プランの生花祭壇をグレードアップした葬儀プランです。
心に残る家族葬
79万5千円
資料請求(無料)
プラン詳細

心に残る自宅葬
通夜・告別式・式中初七日を執り行います。ご自宅で故人をお見送りします。
心に残る自宅葬
39万5千円
資料請求(無料)
プラン詳細

実績

ご実家で本葬を行うということでしたので火葬のみで対応致しました。
 実績
葬儀を行った日

2020年09月03日

葬儀を行ったエリア

北海道函館市

葬儀プラン料金

14万3千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

出先でのご不幸でした。本葬をご実家で行うということでしたので、函館市斎場で火葬のみの対応を致しました。


ご出棺前のお顔合わせの時間をゆっくりと過ごして頂きました。
 実績
葬儀を行った日

2020年08月08日

葬儀を行ったエリア

兵庫県加古川市

葬儀プラン料金

17万5千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

ご依頼を頂いた時点で既に他のお客様の対応中でしたので、そのお客様の対応が終わり次第になるため、少々お待ちいただきますがよろしいですか?とお尋ねしたところ問題ないと仰って頂きご依頼を承りました。プランは175000円で、火葬場は加古川市斎場でした。お迎えでおまたせしたので、その分ご出棺前のお顔合わせのお時間をゆっくりと過ごしくださるようにご配慮させて頂きました。


家族葬会館での葬儀、いつくしみの杜での火葬で対応いたしました。
 実績
葬儀を行った日

2020年07月11日

葬儀を行ったエリア

三重県津市

葬儀プラン料金

33万5千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

東京からお越しになる参列者の方々もいらっしゃったため、安置期間は少々延びましたが、それ以外は特別変わったことはなく、厳かな雰囲気の中でのご葬儀となりました。式後はお食事を召し上がらず、追加費用は一切かかりませんでした。ご遺骨は分骨で収納いたしました。


福井市聖苑で家族葬を行い、そのまま納骨法要まで対応致しました。
 実績
葬儀を行った日

2020年08月25日

葬儀を行ったエリア

福井県福井市

葬儀プラン料金

49万5千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

福井市聖苑でご家族だけで葬儀を執り行いました。遠方からお越し頂いた方もいらっしゃったので、日程の都合上、初七日法要と納骨法要を同日に執り行いました。


八尾市立斎場での家族葬
 実績
葬儀を行った日

2020年08月01日

葬儀を行ったエリア

大阪府八尾市

葬儀プラン料金

59万5千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

15名様での家族葬を八尾市立斎場で行いました。元々495000円のプランと悩んでらっしゃったのですが、595000円のプランにはお料理と返礼品が15名様含まれており、ちょうど15名様での家族葬だったので、ピッタリ人数があったことからいくらかまだお安い595000円をおすすめしました。葬儀自体は遅滞なく終える事ができました。


府中の森市民聖苑での家族葬
 実績
葬儀を行った日

2020年09月12日

葬儀を行ったエリア

東京都府中市

葬儀プラン料金

79万5千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

府中の森市民聖苑で仏式での家族葬を執り行いました。10名様でのお式となりましたが、終始和やかな雰囲気でした。


ご家族だけの自宅葬は新型コロナ感染防止という点でも安心でした
 実績
葬儀を行った日

2020年08月19日

葬儀を行ったエリア

山口県下関市

葬儀プラン料金

39万5千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

元々故人様もご家族も自宅葬を希望していたのですが、結果的に移動時や斎場での感染リスクがほぼゼロとなったので、この点は良かったかと思っています。


このページのトップへ