資料請求
24時間365日対応の葬儀
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 茨城県の葬儀・家族葬 > 石岡市の葬儀・家族葬

石岡市の葬儀ならお任せ下さい。
追加費用0円、全国平均より格段に安い葬儀をご案内致します。

石岡市で利用できる葬儀場・斎場

石岡地方斎場
石岡地方斎場いしおかちほうさいじょう
住所

茨城県石岡市染谷1749

アクセス

JR常磐線「石岡駅」から約3km、車で15分

運営主体

公営

火葬場

あり

式場(葬祭ホール)

あり

詳細を見る
葬儀プランを見る

石岡市から支給される葬祭費(葬儀の補助金)

日本全国、全ての市区町村で、金額は違えど国民健康保険・後期高齢者医療の被保険者が亡くなった際には、葬祭費が支給されます。
石岡市の場合は、5万円です。
注意点は、申請をしないと貰えないという点と、もし他の健康保険から葬祭費が支給される場合、石岡市からの葬祭費は受給できないという点です。
受給資格のある方は、その葬儀で喪主を務めた方になります。

石岡市のペットの葬儀

日本全国、全ての市区町村で、金額は違えど国民健康保険・後期高齢者医療の被保険者が亡くなった際には、葬祭費が支給されます。
石岡市の場合は、5万円です。
注意点は、申請をしないと貰えないという点と、もし他の健康保険から葬祭費が支給される場合、石岡市からの葬祭費は受給できないという点です。
受給資格のある方は、その葬儀で喪主を務めた方になります。

石岡市の情報

茨城県石岡市は茨城県の南部に位置し、毎年9月に開催される関東三大祭の1つ「常陸國總社宮大祭」の開催地としても知られています。また同市は県から「歴史の里」に指定されており、「丸山古墳」や「府中愛宕山古墳」などの史跡があります。また国指定の史跡も多く「常陸国分寺跡」や「常陸国分尼寺跡」、県内最大の古墳である「舟塚山古墳」などがあります。更に小野小町の伝説が残る「北向山観音」など多くの神社仏閣があります。 茨城県石岡市内を運行する鉄道では、JR東日本の常磐線があります。路線バスでは、関鉄グリーンバス・関東鉄道・石岡市デマンド交通システムなどが運行しています。高速バスでは関東鉄道・茨城交通・ジェイアールバス関東が運行しています。高速道路は常磐自動車道が通り、国道は国道6号と355号が通っています。

石岡市の葬儀・家族葬の情報

「石岡セレモニーホール」は、葬儀の規模により席数の移動が可能な家族葬から大型葬まで営める式場を2室持つ葬儀場です。同式場には格安で宿泊も可能な親族控室も併設されており、浴室やトイレ、洗面所が付いていますので家族葬などの葬儀前後にご自宅のように寛ぐことが出来ます。また家族葬での通夜振舞いや法事にも利用出来る法事・法宴会場もあり、家族葬に参列頂いた方々をおもてなしすることが出来ます。 「石岡地方斎場」は、家族葬から160人規模までの葬儀が営める式場と火葬場、待合室や告別室などが併設された総合斎場です。同斎場は石岡市の市営斎場のため、同市民は施設を格安で利用することが出来ます。また駐車場は普通車が278台、大型バスが5台収容可能ですので、家族葬などの葬儀場からマイクロバスや自家用車で同斎場まで移動することが出来ます。家族葬や音楽葬など石岡市近郊での葬儀をご検討の際は「心に残る家族葬」へお任せ下さい。

 
心に残る家族葬は、「5名~50名までの参列者」に特化した葬儀です
全額返金保証の心に残る直葬
通夜式、告別式、初七日法要を行わないシンプルなプランです。
業界では初めての「全額返金保証制度」をおつけしています。
全額返金保証の心に残る直葬
14万3千円
資料請求(無料)
プラン詳細

心に残る直葬
納棺やお花入れなどのお別れの儀式でお見送りします。※通夜・告別式を行いません。
心に残る直葬
17万5千円
資料請求(無料)
プラン詳細

心に残る一日葬
告別式・式中初七日を1日で執り行う、シンプルな葬儀です。※通夜を行いません。
心に残る一日葬
33万5千円
資料請求(無料)
プラン詳細

心に残る家族葬
通夜・告別式・式中初七日を執り行います。斎場を借りて故人をお見送りします。
心に残る家族葬
49万5千円
資料請求(無料)
プラン詳細

心に残る家族葬
49万5千円のプランに、お食事を付けました。(通夜振舞い・精進落し)
心に残る家族葬
59万5千円
資料請求(無料)
プラン詳細

心に残る家族葬
59万5千円の葬儀プランの生花祭壇をグレードアップした葬儀プランです。
心に残る家族葬
79万5千円
資料請求(無料)
プラン詳細

心に残る自宅葬
通夜・告別式・式中初七日を執り行います。ご自宅で故人をお見送りします。
心に残る自宅葬
39万5千円
資料請求(無料)
プラン詳細

実績

名古山斎場にて浄土真宗のご住職をお呼びして炉前での読経をして頂き火葬を執り行いました。
 実績
葬儀を行った日

2019年05月16日

葬儀を行ったエリア

岡山県姫路市

葬儀プラン料金

14万3千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

シンプルな火葬のみのプランを希望されたお客様でした。追加のオプションのご希望はありませんでしたが、浄土真宗の寺院様のお手配を希望して頂いたので、俗名で炉前での読経をして頂きました。葬儀終了後に、四十九日に納骨の法要のご希望も頂きました。


ご自宅にご安置をし、最後の時間をゆっくりとご家族でお過ごしいただき、松戸市斎場にて火葬を致しました。
 実績
葬儀を行った日

2019年05月02日

葬儀を行ったエリア

千葉県松戸市

葬儀プラン料金

17万5千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

ご家族の希望はシンプルで「故人様が生まれ育ったご自宅で、最後の時間をゆっくりとご家族だけで過ごしたい」とのことでした。寺院様のお手配や葬儀式なども一切必要なく、ただただゆっくりと過ごしたいとおっしゃっていただきましたので、できる限りのことをさせて頂きました。


一日葬と家族葬で迷われていたようですが、それぞれのメリットとデメリットをお伝えした上で、一日葬をおすすめしお選びいただきました。
 実績
葬儀を行った日

2019年04月13日

葬儀を行ったエリア

鹿児島県鹿児島市

葬儀プラン料金

33万5千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

ご家族だけの葬儀を希望しているお客様でした。参列者数をお伺いすると、家族以外はいらっしゃらないとのことでした。お話を更にお伺いしますと、一日葬と通夜葬儀で迷われていたので、それぞれのメリットとデメリットをお伝えしました。ただし、お客様にとっては一日葬のほうがメリットが大きいということもお伝えしました。すると、お客様自身も心の何処かで一日葬に傾いていたようで、気持ちよく一日葬にお決めいただきました。葬儀自体は鹿児島市内の北部斎場で滞りなく終わりました。


戸田葬祭場にて30名程度の家族葬を執り行いました。オプションは湯灌と祭壇のグレードアップでした。
 実績
葬儀を行った日

2019年05月08日

葬儀を行ったエリア

東京都板橋区

葬儀プラン料金

49万5千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

斎場や火葬場をどこにするかというのは悩まれたようでしたが、最終的に戸田葬祭場をお選び頂きました。規模は30名程度の家族葬で、オプションは湯灌と祭壇のグレードアップでした。


「追加費用がかからないようしたい」というお客様の希望通りのご葬儀を執り行うことができました。
 実績
葬儀を行った日

2019年04月25日

葬儀を行ったエリア

東京都八王子市

葬儀プラン料金

59万5千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

打ち合わせの段階で「追加費用がかからないようにしたい」という要望をお聞きすることができましたので、希望通りの葬儀を提案し、ご了承いただき、無事南多摩斎場にて執り行うことができました。今回は料理も返礼品も含めたプランをお選びいただきましたが、過不足なく調整できたことが大きな要因でした。またお客様ご自身も、追加オプションの検討をされなかったことも大きかったかもしれません。


少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、受けれ入れて頂き、結果的に贅沢なご葬儀となりました。
 実績
葬儀を行った日

2019年06月13日

葬儀を行ったエリア

岡山県倉敷市

葬儀プラン料金

79万5千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

家族葬を希望していただきました。人数は参列や弔問をあわせても10名程度でした。お打ち合わせで故人様の生前のご様子やお人柄をお聞きすると、非常に明るく元気で前向きで、社会的にも非常にご成功されいたこともあり、人数的には小ホールがふさわしかったのですが、空いていたということもあり、大ホールの提案をしましたら、快く受け入れて頂き、少人数で大ホールを広々と贅沢に使用して葬儀を行いました。葬儀後にお話をおききしましたら、非常に喜んでくれていたので安心しました。


町内会の方々へのご周知やご調整などをご家族にもご協力して頂き、無事自宅葬を執り行うことが出来ました。
 実績
葬儀を行った日

2019年06月05日

葬儀を行ったエリア

兵庫県西宮市

葬儀プラン料金

39万5千円 ※追加料金なし

葬儀の様子

葬祭ホールや公営斎場、集会所などいくつか選択肢がありましたが、故人様が生まれ育ったご自宅での葬儀を強く希望されたのでご対応致しました。 葬儀自体に必要な手続きや作業はもちろん当社で対応致しましたが、ご家族のご好意で町内会の方々への周知や調整をして頂き、大変助かりました。 葬儀自体は、滞りなく終えることができました。


このページのトップへ