資料請求
24時間365日対応の葬儀
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム > 遺体への不適切な扱いは人を不快にする?中には笑いを誘うこともある!

このエントリーをはてなブックマークに追加

遺体への不適切な扱いは人を不快にする?中には笑いを誘うこともある!

アフリカで長年、ハンターとして生活したジョン・F・バーガーは、仔ゾウを殺されたゾウの集団が仇のライオンを踏み殺し、仔ゾウではなく、何故かライオンの遺骸の上に草や木の葉をかぶせ、「埋葬」するのを、頻繁に見たと報告していた。

一方の人間は古今東西、様々な伝統や文化に即した葬祭儀礼を行ってきた。しかし時に、決して穢してはならないご遺体を粗略に、時に笑いを引き起こさせる「取り扱い」をする場合がある。


映画『龍三と七人の仲間たち』では遺体へのぞんざいな扱いに笑いが起こった

北野武の映画『龍三と七人の仲間たち』(2015)の中に、中尾彬演じる「はばかりのモキチ」の遺体を車いすに座らせ、それを盾としながら、「ジジイたち」こと、藤竜也演じる龍三が率いる、昔ながらの暴力団・一龍会全員で、半グレ集団・京浜連合に殴り込みをかけるシーンがある。

いかんせん彼らは「ジジイ」であるため、かつて得意とした銃の早撃ち、五寸釘を投げる技がことごとく失敗し、モキチの後頭部に命中するばかり。京浜連合のボス・西が銃で反撃してくると、皆でモキチの背後に隠れる始末…。死装束、そして額に三角巾をつけた死化粧の顔で、ふにゃふにゃしつつ、何をされてもピクリとも動かないモキチの遺体は、昭和のクレイジーキャッツやドリフターズの葬式コントを彷彿とさせる。

もちろんこれらは、古典落語の「らくだ」を下敷きにしているものであるのは想像に難くない。「らくだ」とは、綽名が「らくだ」という男があるとき、フグに当たって死んでしまった。彼の葬儀のための酒肴を、長屋の仲間がケチな大家に頼みに行った際、「らくだ」の遺体をたくみに操り、「かんかんのう」を踊ったという噺である。


遺体の扱い方に正解はない

ここで考えたいことは、ご遺体を大切に扱うことばかりが、死者を重んじ、悲嘆や哀悼の意を表しているとは限らないということだ。

寸借詐欺を繰り返し、孫娘にさえ金を無心するモキチや、大酒飲みで乱暴者だった「らくだ」は、生きている間、いろいろあったとしても、周囲の人々に愛されていた。愛されていたからこそ、死そのものを放置されることなく、送りの際に、傍から見ると不謹慎に取り扱われてしまった。

このように、ご遺体の「取り扱い」ひとつを取り上げても、さまざまな人生模様、人間が生きた場所・歴史・文化が垣間見える。それらに想いを馳せ、時に笑い転げることもまた、自分自身の生きる意味を問い直す契機となるのではないか。

参考文献 動物に愛はあるか〈1〉死を悼むゾウ、盲目の仲間を導くネズミ


ライター 鳥飼かおる
龍三と七人の子分たち

龍三と七人の子分たち

このページのトップへ