葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 偶像崇拝を禁止する仏教とそれでも敢えて求める民衆

偶像崇拝を禁止する仏教とそれでも敢えて求める民衆

「鰯の頭も信心から」と言うが、実際には歴史ある伝統宗教において神仏そのものではなく、人間(教祖・聖者など)、仏像、神像などの「モノ」を崇める偶像崇拝は最大のタブーである。それでもひたすらに救いを求める民衆は祈る対象の具体化、具現化を願った。

偶像崇拝を禁止する仏教とそれでも敢えて求める民衆

ドローン仏と具現化された来迎図

2022年11月23日。京都の浄土宗寺院・龍岸寺で「ドローン仏」を用いた法要が行われた。ドローンに仏像を乗せて浮かび上がらせることで、「阿弥陀如来の来迎」を具現化しようというもの。浄土系仏教では念仏を称えて臨終を迎えた信者に阿弥陀如来が菩薩を伴い、極楽浄土へ迎え入れるべく雲の上から訪れるとされる。その情景を描いた絵画は「来迎図」と呼ばれている。この日は読経が鳴り響く中、阿弥陀如来と9体の菩薩が浮かび上がり編隊飛行を披露。最新テクノロジーを用いた「来迎図」の完成である。ドローン仏を作ったのは京都の仏師・三浦曜山氏。派手な近未来的な演出を担った三浦氏だが「仏像とは仏像の向こうにある仏様に祈りを捧げるもので、仏像そのものが存在を主張してはいけない」と語っていた。「空」や「無我」を説く仏教においては、仏像それ自体が主役になる偶像崇拝に陥ってはならない。それは仏師の重要な心得なのだろう。しかしドローン仏の個性は凄まじいものがある。

仏像の衝撃と浸透

仏教は宗教というより哲学に近かったが、高度な哲学的真理より辛い現実から救われたい無学な民衆は具体的視覚的な礼拝対象を求めた。釈迦の姿を形どった仏像は1世紀には本格的に制作されていたようである。日本に伝来した仏教が日本古来の神道を圧する勢いで受け入れられたのも仏像・仏画の存在が大きい。それまで日本では山の神や海の神など自然に対する畏敬の念がそのまま信仰対象となっており、死後の世界観も曖昧だった。素朴な信仰に生きていた日本人には、きらびやかな仏像の存在は大きな衝撃を与えたのであった。さらに真言・天台の密教の時代になると、不動明王や毘沙門天などの多種多様な仏神が登場した。その様は仏教というよりインドの多神教・ヒンドゥー教に近い。実際、密教系仏教はヒンドゥーの神々を取り込み仏の弟子としている。そして密教も仏教であるからには偶像崇拝には陥るまいとする。宇宙の仕組みを表した曼荼羅の中心に鎮座する、密教の最高神・大日如来は宇宙の法則そのものを表すという高度な抽象的な存在である。しかし密教の神々が〇〇大師、〇〇明王などとして民衆に浸透してからは、大日如来の影は薄く、民衆はお大師さまやお不動さんに世俗の願いを託すようになった。

浄土真宗の本尊問題

浄土真宗の宗祖・親鸞(1173〜1262)は阿弥陀如来に帰依するという意味の「南無阿弥陀仏」の名号を本尊とした。名号とは単なる阿弥陀如来の称号ではなく、弥陀の智慧と慈悲の働きそのものだとする。親鸞は仏像や仏画から本質を抽出したものが名号であるとして、これを信仰対象にすることで偶像崇拝の危険を回避した。しかし文字も読めない民衆には「名号本尊」のような単なる文字を崇めることは抽象的すぎて理解し難い。そこでやはり親鸞以降には具体的な絵像、木像の阿弥陀本尊が出現するようになった。親鸞の曾孫で本願寺第三世・覚如(1271〜1351)は絵像・木像の本尊を心中は複雑ながらも民衆の期待に応じて容認した。真宗中興の祖と言われる蓮如(1415〜1499)も「木像より絵像、絵像より名号」と言ってはいたが、現在は東西本願寺をはじめ、浄土真宗系の寺院で木像以外の本尊を見ることはほとんどない。阿弥陀の智慧や慈悲の働きが形となって現れたものであることには変わりなく、木像・絵像・名号のいずれも同等であるとしているようである。民衆からすればお寺に参拝して文字が並んでいるだけでは張り合いがない。やはり豪奢な阿弥陀如来が出迎えてこそ極楽往生への夢を見ることができる。一方で門徒(真宗信者)の仏壇の本尊は絵像か名号であることが多いが、これは単に貧しい民衆が入手しやすいというのが理由と思われる。付け加えれば本願寺は東西どちらも阿弥陀如来がおられる「阿弥陀堂」より親鸞がいる「御影堂」の方が中心を占めかつ大きい。

無視できない民衆の思い

神の命令は問答無用の一神教とは違い、仏教は偶像崇拝を禁忌しながらも、具体的な仏像・仏画を求める民衆の思いを無視できなかった。その歴史には民衆のそれぞれの悩みに応じて対処しようとする、釈迦の対機説法の精神が見える。仏教は純粋に悟りを得たい人には抽象的な世界を、ひたすら救われたい民には具体的な仏神明王の姿を提供してきた。現代においてもマインドフルネスなど宗教色を除いた瞑想のニーズが高まる一方で、冠婚葬祭や祈願供養まで観音さま明王さまに手を合わせる人は絶えない。ドローンによって具現化された「阿弥陀来迎図」の向こうに本当の仏法を見ることができる人がどれほどいるか。信仰の「具現化」は悩ましい問題なのである。

参考資料

■MBS毎日放送「京都知新 『阿弥陀来迎の具現化に挑戦する現代の仏師・三浦耀山』」2023年01月08日放送
■奈良康明/下田正弘「新アジア仏教史 02 インドⅡ 仏教の形成と展開」佼成出版社(2019)
■井上鋭夫 「本願寺」 講談社(2008)

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

不記載

満足度
100%

100%でな く、1000%でした。

満足度
100%

親切に教えていただき、大変良かったです。

満足度
100%

感謝しております

満足度
100%

紹介してくださった葬儀社には本当に感謝しています。ありがとうございました。

満足度
100%

ありがとうございました。

満足度
100%

おまかせして、良かったです。◯◯様とても良かったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
仕事で心労が溜まり神経衰弱に陥った二宮尊徳はその時どうしたか
コラム
死後の国という意味だけでなく、沖縄の死生観そのものも表すニライカナイ
コラム
持たないことで執着からの開放を目指した時宗の祖の一遍と踊り念仏
コラム
死後、追悼文によって形成される死者のイメージとそれに共鳴する周囲
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353