葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 「君死にたまふことなかれ」ーー死が身近だった当時とそうでない現代

「君死にたまふことなかれ」ーー死が身近だった当時とそうでない現代

「君死にたまふことなかれ」

与謝野晶子がこの詩を発表したのは、1904年(明治37年)9月の明星誌である。旅順攻囲軍の中にいた与謝野晶子自身の弟を思って書いた詩である。死の副題には“旅順の攻囲軍にある弟宗七を歎きて”というものであった。“武器を持って人を殺せというのは、親の教えでも商家の教えでもない。天皇がそういうとも思われない。旅順が滅びてもよい。父を亡くしたばかりの母の嘆き、残された新妻を思えば、自分ひとりの身ではないのがわかるだろうよ。弟よ、必ず死なないでいよ”という内容である。

「君死にたまふことなかれ」ーー死が身近だった当時とそうでない現代

当時では到底理解されなかった

国のために死ぬことは名誉であると言われていた当時の日本人の価値観からすると到底受け入れられない詩であった。実際に“皇室中心主義の眼を以って、晶子の詩を検すれば、乱臣なり賊子なり、国家の刑罰を加ふべき罪人なりと絶叫せざるを得ざるものなり”と歌人の大町桂月に批判されている。

当時の絶対的権力は軍にあり、その軍の教えに背くことは出来ず、皆が下を向いて頷く時代である。恐怖政治と洗脳を繰り返し国民を支配していた。

しかし核心をついていた

反戦の詩を読んだ与謝野晶子はとても勇敢だ。そして、大切な人が死んでほしくない。そう思う気持ちは人間らしく純粋な気持ちである。肉親が次々と戦火に散っていく中、誰しも死んでほしくない。戦地へ行かせたくないと心ではそう思ったのではないだろうか。反論できる状態でない社会にただ従うしかなかった。この詩は批判をされたが、当時の日本人にとって核心を突いたものであっただろう。

死ぬという行為

死ぬという行為は恐怖である。死を避けようする事は生物として当然のことである。しかし、避けられない環境下で死ぬことは美徳であるといわれ、名誉だ立派だとかの理由をつけられる。しかし、それだけでは死に対する恐怖を完全には押さえつけることはできないだろう。大切な人の為に、これからの未来あるもの達のためにと思うことで、戦地へと行くことができたのではないだろうか。従っては、日本の為という考えにつながるであろう。

私たち現代を生きる者たちには“生きている”という行為が当たり前となっている。ほんの77年前では“死んでしまう”ということが日常になってしまっていた。まさに地獄絵図に書かれている光景が自分たちの目の前にあった。生きるという気持ちを否定され、死ぬことを強制された時代に、一人の詩人が人間として当たり前の気持ちを詠った事に敬意を表する。

ライター

ICHIKAWA(掲載日:2022/12/28)

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

不記載

満足度
90%

不記載

満足度
95%

不記載

満足度
80%

高齢者がきた時、車イスをすすめる等あれば尚良し。

満足度
100%

紹介してくださった葬儀社には本当に感謝しています。ありがとうございました。

満足度
100%

ありがとうございました。

満足度
100%

おまかせして、良かったです。◯◯様とても良かったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
死後に結実する絆 「忠犬ハチ公」の物語をどう解釈するか
コラム
夏目漱石にも遺されたデスマスク 故人を偲ぶための遺品 デスマスクとは
コラム
チベット仏教に伝わる「理想郷 シャンバラ」とは
コラム
死後の国という意味だけでなく、沖縄の死生観そのものも表すニライカナイ
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353