葬儀コラム
TOP 葬儀コラム キリスト教の一部会派が唱える「死後の希望 セカンドチャンス論」

キリスト教の一部会派が唱える「死後の希望 セカンドチャンス論」

人間は死んだ後はどこへ行くのか。天国か、来世に生まれ変わるのか、それとも「無」か。地獄行きだったら恐ろしいことだ。しかもその原因が生きている間にキリストの教えを聞かなかったからだとしたら。しかし死後にもう一度、救われるチャンスがあるとしたらどうだろうか。

キリスト教の一部会派が唱える「死後の希望 セカンドチャンス論」

セカンドチャンス論とは

セカンドチャンス論とは、キリスト教の一部の会派で唱えられている思想で、キリスト教の福音に触れずに死んだ不信心者にも、もう一度福音に触れて救われるチャンスがあるという聖書の解釈である。キリスト教では人は死後、「よみ」(陰府、黄泉)の世界に行くと説く。この「よみ」で福音を聞き、最後の回心の機会が与えられるとするのがセカンドチャンス論である。この論では地上における回心の機会がファーストチャンスということになる。福音とは基本的には現世で説かれ、現世で救いを約束される。信心を獲得すれば臨終の際にも安心して旅立てるわけであるが、それができずに死んでしまう人間もいる。そんな彼らにも最後のチャンスが与えられるとしている。

セカンドチャンス論 肯定派の根拠

イエス・キリストは死後3日後に復活したとされる。ではその3日の間はどこで何をしていたのか。彼は「よみ」に下り、苦しむ死者を救った「キリストの陰府下り」という話がある。西欧キリスト教会は公式に「十字架につけられて死に、葬られ、陰府に下り、三日目に死者のうちから復活し…」との信仰を宣言している。
またセカンドチャンスの根拠として挙げられるのが、一番弟子で初代ローマ教皇ペテロが書いたとされる手紙の一節である。

「キリストは捕われの霊たちのところに行ってみことばを宣べられた」(3章19節)

「死んだ人々にも福音が宣べ伝えられていた」(4章6節)

「よみ」は「陰府」「黄泉」「冥府」といくつも訳されているが、永遠の苦しみを味わう「地獄」とは異なり、すべての死者が最初に行く場所のようである。一方で「よみ」と地獄を同じだとする解釈もあり「よみ」とは何なのかは定まっていない。いずれにしてもイエスは死と復活の間に死後の世界に赴いたことでは一致している。セカンドチャンス論者は「よみ」は不信心者が落ちる場所であり、イエスは「よみ」にいる死者に福音を与え救ったのだと主張している。

なお東方正教会ではイエスは磔刑の後に埋葬され、靈(たましい)にて地獄に降り、地獄に居た義人を解放して天国に入らせたと伝わる。正教は原罪を認めないなどカトリックに比べるとやや穏健な印象があり、西欧キリスト教の本流に比べるとセカンドチャンス論に近いかもしれない。

救いのチャンスは一度?

セカンドチャンス肯定派は全体から見ると少数派で、西欧キリスト教諸派のほとんどで否定されている。セカンドチャンスがあるなら、この世での伝道に意味がないことになるからだ。中には死後に回心すればいいと、この世で悪事を働く輩も出てくるかもしれない。セカンドチャンスを信じたい気持ちはわかるが、ご都合主義だというわけだ。輪廻転生などを認めていないキリスト教の救いは神に創造されたこの地上において、この生涯においてのみということであり「人生ただ一度きり」の思想といえる。

しかし福音を聴く機会があるにも関わらずこれを無視した者についてはともかく、キリスト教が布教される前の時代、国に生まれた人はどうなるのか。福音に預かっていないのだから、彼らは当然地獄行きである。セカンド・チャンスがない以上救われることはない。だが彼ら自信に何の罪があるのか。フランシスコ・ザビエル(1506〜1552)は日本人にこうした疑問を突きつけられた。洗礼を受けていない親や先祖はどうなるのかと問われ、やむなく地獄行きだと答えるしかなかった。ザビエルの容赦ない回答に彼らは非常に悲しんだという。

救いのチャンスは一度きり。これは相当に厳しい思想である。キリスト教は信ずる者は救われるが、信じない者は異端者として救われないという排他的な面がある。非クリスチャンとしては神とはそれほど狭量なのだろうかと問いたくなる。キリスト教内でもそうした疑問を抱く者は古来から絶えず、内村鑑三(1861〜1930)ら少数派による「万人救済説」が唱えられてきた。死後の希望を説くセカンドチャンス論も一定の支持を集め消えることはなさそうである。

信仰に賭ける

非クリスチャンの筆者がどちらが正しいなどとは言えない。聖書には様々な解釈があり絶対的な答えは存在せず、肯定・否定どちらの論拠にも一理あるように思える。心情的にはセカンドチャンスがあると考えた方が安らかな死を迎えられそうではある。「セカンドチャンス」という響きがよい。死後の希望を感じさせ、臨終における大きな力になりそうだ。信じてみるのもよいかもしれない。

信仰は賭けなのだろう。親鸞はたとえ師・法然の教えがウソで地獄落ちだったとしても決して後悔しないと言っている。死後のことは人間の理性を超えた領域であり、何を信じるかは自身に託されている。

参考資料

■佐藤博「セカンドチャンス(死後の救いの可能性)肯定論」レムナント出版(2022)
■久松英二「ギリシャ正教 東方の智」(2012)講談社選書メチエ
新約聖書 新改訳 国際ギデオン協会

ライター

渡邉昇(掲載日:2022/06/24)

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

花やぼだいじの提案ありがたかったです。

満足度
100%

不記載

満足度
100%

竹内さんの対応と笑顔がとても好印象でよかったです

満足度
100%

不記載

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
95%

温かく母を見送る事出来た事に感謝しております。

満足度
95%

思い切って自宅葬にしてみましたが、とてもよかったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
生きながらにして死を経験し克服するチベット密教の瞑想技法「ポワ」
コラム
トランスヒューマニズム・超人間主義 科学は不死を実現するか
コラム
人災と天災で荒れていた中世に広まった末法思想と極楽寺院への思い
コラム
祭りは「祀る」を語源とし、イベントやフェス的な意味は含まれてない
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353