葬儀コラム
TOP 葬儀コラム 無神論国家ソビエトで弾圧に屈することなく耐え凌いだロシア正教

無神論国家ソビエトで弾圧に屈することなく耐え凌いだロシア正教

かつて無神論国家ソビエト連邦の下でロシア正教会は徹底的な弾圧を受けた。しかし正教会は耐え忍び、ソ連崩壊と共に息を吹き替えした。現在のプーチン大統領は正教に帰依している。ロシア正教が半世紀に渡る暗黒時代にも滅ぶことはなかったのは、人間が宗教を捨てられない証だといえる。なお、東方正教会(ギリシャ正教)は、ローマ・カトリックのバチカンにあたる統一機構は存在しない。一応はコンスタンティノポリス総主教が代表的な立場だが、基本的には各国が独立している。ロシア正教はロシアにおける東方正教会ということである。

無神論国家ソビエトで弾圧に屈することなく耐え凌いだロシア正教

弾圧と復活

帝政ロシアはレーニン(1870〜1924)率いるボルシェヴィキに打倒され、世界初の社会主義国家・ソビエト連邦が成立した。社会主義・共産主義は基本的に無神論である。マルクス「宗教は阿片である」フォイエルバッハの「神は人間が作ったもの」などの言葉はよく知られている。社会主義は人類平等を実現する科学であり、人知を超越する権威は認めない。そのような超越的な存在が君臨することで階級社会が生まれるからである。世界初の社会主義国家を樹立したボルシェヴィキ政権は、ロシア帝国の国教ともいえるロシア正教の撲滅に乗り出した。教会から選挙権を奪い、修道院や大聖堂を閉鎖。財産を没収し、約2千人の聖職者や支持者が射殺されたという。もうひとつの社会主義大国・中国も文化大革命によって多くの宗教者が弾圧されている。

しかし、ソ連崩壊と共にロシア正教は復活を果たし、様々な活動を再開した。閉鎖されていた教会は次々と再開され、洗礼を求めに訪れた市民で溢れた。神を求める信仰はやせ細って滅ぶどころかマグマのように煮えたぎっていたのである。科学的な社会主義が倒れ、非科学的な宗教が復活したのであった。

レーニン廟

現在、レーニンの遺体はエンバーミング(防腐処理)を施され、モスクワ赤の広場の霊廟に安置されている。観光名所として人気が高いレーニン廟だが、撤去して遺体を埋葬すべきとの議論がある。遺体を見せ物にすること自体への抵抗や、社会主義・共産主義国家ソ連の象徴であるレーニンの神格化につながる恐れがあるなど様々な理由が挙げられているが、 プーチン大統領は保存を決定した。その理由は聖人の遺体を保存するのはロシアの伝統であるロシア正教に基づくものであり、ロシアの伝統として守っていくと主張しているという。無神論の神が本当の神になるというのは皮肉だが、そもそもレーニン廟はソ連政府の一派が作ったのである。

聖人の遺体「不朽体」

正教では聖人の遺体、遺骨が聖堂や修道院に安置されており、「不朽体」と呼ばれる信仰対象として崇められている。聖人の遺体は腐敗せず、香の香りを放つとされる。不朽体に触れると生前の奇跡にあやかれるとされ、巡礼者は一部むき出しになっている不朽体にひれ伏しキスをするという。不朽体は天国にいる聖人の魂がかつて入っていたもので、巡礼者は不朽体を通じて、祈りを神に伝えてもらうことができると信じられている。

聖人の遺体が腐敗せず香りを放つ点について、高橋保行氏(日本ハリストス正教会)の説明をまとめると次のようになる。聖人は生前から修道生活において完全な菜食となり、さらに段階が進むと水と乾パンのみになる。稀に教会の儀礼の際、少量のブドウ酒とパンをキリストの血と体として頂くのみになるという。つまりその体は骨と筋と皮のみでできていて、死後に腐るものがない。さらにほぼ一日を通じて香がたかれる聖堂や修道所で祈りを捧げているため、体に付着するわけである。不朽体とは聖人が神に捧げた生涯の証なのである。

その魂は天国にいて、かつ身体はこの世に現存するのだからただの遺体ではないということだろう。巡礼者が神に通じる手がかりとして崇めるのは自然な感情だといえる。日本の即身仏と似ているがこちらの方がより自然に近い印象がある。一方、レーニン廟の遺体には触れることはできず、不朽体として崇められているわけではないようだ。だがレーニン廟建立の根底には不朽体思想があるように思われる。ロシア正教を弾圧したソビエトだが、宗教的感性を完全に払拭することはできなかったのでないか。

宗教は滅びず

ロシア正教は無神論国家の支配下においても屈することなく生き延び、かつ影響も与え続けた。そして支配から解放された復活劇の様子はまさに「堰を切ったように」という表現がふさわしい勢いだったという。宗教を人間から抑え込むことがいかに不自然であるかがわかる。結局は人間がいる所に宗教が滅ぶことはない。宗教離れと言われる現代だが、生老病死の苦しみある限り宗教が滅ぶことはないだろう。庶民にとっても絶対権力者にとっても同じことである。プーチン大統領は病気との報道もされている。彼も生老病死の宿命を痛感し不朽体に触れてみれば、イエスの愛に目覚めてくれるかもしれない。

参考資料

■高橋保行「ギリシャ正教」講談社学術文庫(1980)
■高橋保行「ロシア精神の源―よみがえる「聖なるロシア」」中公新書(1989)
■下斗米伸夫「プーチンはアジアをめざす 激変する国際政治」 NHK出版(2014)
■パウエル中西裕一「ギリシャ正教と聖山アトス」幻冬舎(2021)
■「死体はいまもそこに…『レーニン廟』撤去をめぐり喧々諤々!|『革命家をいかに葬るべきか』ロシア30年論争」(クーリエ・ジャポン 2018年1月20日配信)

ライター

渡邉昇(掲載日:2022/06/17)

<関連商品>

<併せて読みたい>

8つのご葬儀プラン 追加費用一切なし
(※心に残るシンプル葬除く)

地域の葬儀場を探す 全国3,500ヵ所以上に対応しています

地域の葬儀場を探す

何なりとご相談ください。

どんなささいなこともお気軽にご相談ください。悲しみの中、お客様の何をどうしたら良いか
といった戸惑い・不安や疑問に親身にお応えし、納得とご満足の葬儀へのお手伝いをいたします。

  • 24時間365日受付中
  • 資料請求/お問い合わせ
  • 心に残る家族葬サポートデスク私たちがお手伝いいたします。
  • 資料請求で差上げます! キャッシュバック申請は、アンケートで

選べる多様なお支払い方法

  • 先得割

    1000円の入会費で
    最大7万円お得!

    詳しく
  • 全額返金保証

    請求額がお見積り
    金額を上回った場合
    全額返金します

    詳しく
  • 二回目以降特別割

    2回以上のご利用
    葬儀費用がさらに
    お得に

    詳しく

ご葬儀の実績

  • 143,000
    直葬プラン

    直葬・火葬式を市川市斎場にて執り行いました。追加料金はかかりませんでした。
  • 335,000
    一日葬プラン

    ご家族以外に参列者がいらっしゃらないとのことで、 二日間拘束される通夜葬儀ではなく、一日葬をご提案しましたらご了承いただきました。
  • 495,000
    家族葬プラン

    集会場を利用して町内会の皆さまやご近所の方々をお呼びしてご葬儀を執り行いました。
  • 795,000
    お葬式プラン

    少人数ではありましたが、故人様のお人柄などを考慮し、大ホールの提案をすると、 受けれ入れて頂き、 結果的に贅沢なご葬儀となりました。
葬儀の実績 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

お客様の声

満足度
100%

不記載

満足度
100%

葬祭ディレクターの本多さんの対応が温かく丁寧でとても良かったです。

満足度
100%

本人の希望通りにささやかながらもゆっくりお別れが出来たと思います。

満足度
100%

不記載

満足度
90%

対応が早く安心しました。

満足度
90%

居士に変更したのでその分追加費用がかかりました。

満足度
95%

思い切って自宅葬にしてみましたが、とてもよかったです。

お客様の声 一覧へ

よく頂く質問

どのタイミングで電話すれば良いですか?

生前にお電話を頂くことによって、いざという時に混乱せずに冷静に対応することが出来ます。 ご不明な点があれば、どんな些細なことでも結構ですので、 いつでもお電話下さい。 相談後、必ずしも私共にご依頼いただく必要はございません。

事前に葬儀の相談をしていなくても万一の場合は依頼可能でしょうか?

もちろんご依頼可能です。 ただ事前に無料資料請求していただいたお客様に配布している7,000円の割引券がございませんので、 事前に無料資料請求されることをお勧めいたします。

長距離の遺体搬送は可能ですか?

可能です。 距離に応じて料金が決まりますので、詳しくはお問合せ下さい。

よく頂く質問 一覧へ

葬儀コラム

様々な角度から、世の中や人生を映し出す、古今の葬儀にまつわる話題を集めました。

コラム
人間の生死や禍福を司る神として信仰の対象となった北極星と北斗七星
コラム
ジャータカに記された仏陀の前世が行ってきた数々の善行とは
コラム
沖縄の一部の地域に残る「オウに行く」という表現は人の死を意味する
コラム
忠犬ハチ公のお墓や夏目漱石が飼っていた犬や猫、鳥のお墓を紹介
葬儀コラム 一覧へ

葬儀に関わる知識と情報

いざという時すぐに役立つ知識から、葬儀や法事一般の理解を深める情報まで、葬儀や法事の全て!

都道府県別葬儀のマナーと習慣 都道府県別
葬儀のマナーと習慣
家族葬における喪主の役割と作法 家族葬における
喪主の役割と作法
参列者としてのマナー 参列者としてのマナー 葬儀 Q&A 葬儀Q&A 葬儀後にするべきこと 葬儀後にすべきこと 葬儀 用語集 葬儀 用語集 葬儀・法事法要に関わる手続き 葬儀・法事法要に関わる
手続き
法事法要 FAQ 法事法要 FAQ 相続と相続税について 相続と相続税について
ま心を込めてDIY葬儀

心に残る家族葬

株式会社メルメクス
資料請求で7,000円お得!
0120-937-353