資料請求
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム

加速する高齢化社会 増加する葬儀 もしも喪主になったら何をする?

高齢化社会が加速する日本では、今後葬儀が増える一方かと思います。近親者とのお別れは心の準備がいるものですが、突発的に起こってしまうこともあるかもしれません。そんな時、自分が喪主を務めることになった場合、どうしたらいいのでしょう?今回は喪主の主な役割を改めて振り返ってみましょう。

ふるさと納税の返礼品に登場し話題となった「合同墓への永代埋葬権」とは?

先日、長野県小諸市のふるさと納税の返礼品として「永代埋葬権」が貰えることが話題になった。標高約1000メートルに位置し、見渡す先は北アルプスが広がる大自然の中、高峯聖地公園にある市営墓地に埋葬して貰えることが出来る権利だ。


出棺時に棺の蓋に釘を打って固定する葬儀独特の慣習「釘打ち」が廃れた理由

釘打ちの儀式とは、出棺の最後に遺族が石で柩の蓋に釘を数回打った後に葬儀社が釘をすべて打ち込んで、出棺となる儀式である。日本では古来より、幾多のお葬式でこの儀式が採用されてきたものの、一部地域を除いて現在ではほとんど行われていない。そこで今回は全国的に釘打ちの儀式が行われなくなった理由と、今も残る一部地域について探っていこうと思う。

生前に墓地墓石や仏壇仏具、神棚を購入すると相続税の節税対策になる!

唐突ではあるが筆者は学生時代に麻雀にハマっていた。毎日のように深夜まで打つことはザラで、時には徹夜をしたことも珍しいことではなかった。ところで、麻雀には三元牌というものがある。由来については諸説あるが、有名な説だと美女の条件を表しているとされている。


白かった喪服が黒に変わったきっかけは大久保利通の葬儀だった?!

喪服、と言われて皆さんはどのようなものを思い浮かべるだろうか。ほとんどの人がブラックスーツに黒ネクタイの姿や、女性であればブラックフォーマルのワンピースなどを思い浮かべることが多いだろう。今現在、喪服といえば黒が主流である。しかし、実は最初から「喪服=黒」であったわけではない。この記事では、日本の喪服の歴史や世界の喪服を見ていこう。

お経の意味を少しでも理解できれば葬儀も違った景色に見えるかもしれない

仏式葬儀につきものの読経。多くの人はわけのわからぬ呪文のようなものだと思い、終わるのをただ待っているだけではないだろうか。読経には故人が成仏できるようにとの意味もあるが、参列者に対して仏教の教えを説く意味合いもある。経典には釈迦の教えが様々な形となって記されている。その教えとは「死」は最後のステージではないという「物語」(Narrative)に他ならない。現代社会ではこの物語が喪失しつつある。


「地獄に落ちろ」の「地獄」を仏教とキリスト教でそれぞれ考えてみる

人は死んだら天国へ、もしくは地獄に落ちると言われている。それはどのようなところなのだろうか?今時、そこまで真剣に、あの世の世界について信じている人はあまり多くはないだろうが、自分が死んだら一体どうなるのか?という疑問を抱かない人間はいないだろう。

お墓という埋葬がそぐわなくなりつつある今、墓じまいが増えるのは当然?

昨年の夏ごろの新聞記事に「墓じまい」についての記事を目にした。当時の新聞記事は、一人暮らしの高齢者を対象に内閣府が行った意識調査(2014年度)で、終末期医療、葬儀、お墓のそれぞれについて「準備や方法を、どの程度考えているか」について聞かれていたものであった。そして、その3つの項目のうちお墓について「具体的に考えている」とした人が42.1%と、ほかの2つに比べ高かった。特に未婚女性では51.4%の人が、お墓について具体的に考えているという。


横浜市旭区の妙蓮寺そばにある「ねこ塚」の言い伝えと増加する日本への移民

神奈川県横浜市西部に位置する旭区は、東京都八王子市や町田市から連なる多摩丘陵、そして一部が相模野台地に含まれ、かつての武蔵国と相模国の境界に位置する。東は保土ヶ谷区、南は戸塚区・泉区、西は瀬谷区、北は緑区に接し、横浜市中心部からは約7km、そして東京都心からは約31km離れている。

一般的ではなくなりつつあった葬儀独特の慣習が別の視点で脚光を浴び復活

一般的ではなくなりつつあった習わしが新たな視点から脚光を浴び、再び一般的な暮らしに組み込まれるケースがある。本来、生臭いものを断ち身体を清め修業に勤める為の精進料理はそのヘルシーさからダイエット食として注目されるようになった。日本料理ならではの季節に合わせた器や食材で見た目の美しい精進料理はSNS映えにおいても抜群だ。このように本来の目的を失いつつあってもその時代の若者に広く受け入れられ新しいコンテンツとして選ばれる事は大変喜ばしい事である。


このページのトップへ