資料請求
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬祭費について

健康保険から葬祭費が受給できます

国民健康保険でも、健康保険でも葬祭費が支給されます。
申請をしないと支給されないので、忘れずに申請をしましょう。
下記に、葬祭の受給に関してまとめましたので、ご一読ください。
申請に当り、私共のサポートが必要でしたら、お気軽にお問合せ下さい。

「心に残る家族葬」サポート窓口

国民健康保険の被保険者の場合

国民健康保険の被保険者が亡くなった場合には、葬祭費が支給されます。
支給額は自治体によって異なり、おおよそ1万円~7万円ほどになります。

申請のしかた
申請書
「国民健康保険葬祭費支給申請書」(申請先にあります)。
申請人
葬儀を行った人(喪主)
申請先
被保険者の住所がある市区役所・町村役場
国民健康保険

必要なもの
必要書類は市区町村によって、若干異なります。申請先の市区役所・町村役場にお問合せ下さい。
国民健康保険証
死亡診断書
葬儀費用の領収書
※領収書がない場合は、葬儀社の電話番号、案内状、挨拶状など、喪主が確認できる書類。
印鑑(喪主)
口座振替依頼書(喪主名義)
受取人名義の預金通帳

健康保険の被保険者の場合

被保険者が死亡したときは、その被保険者によって生計を維持していた人に埋葬料が支給されます。
つまり、会社勤めの夫が死亡したときには、奥様に埋葬料が支給されます。
金額は加入している組合により異なりますが、5万円というのが多いようです。

請求のしかた
請求用紙
「健康保険埋葬料」請求書(申請先にあります)。
請求人
遺族または葬儀を行った人。
請求先
被保険者の兼務先を管轄する社会保険事務所または勤務先の健康保険組合。(勤務先で手続きをしてくれることもあります)
国民健康保険

必要なもの
健康保険証
死亡を証明する事業所の書類。
葬儀費用領収書 領収書がな場合は、葬儀社の電話番号。案内状、礼状等。
印鑑

健康保険の被扶養者(ご家族)の場合

被保険者の家族、つまり被扶養者が死亡したときは、被保険者に家族埋葬料が支給されます。
被扶養者の埋葬料の支給は一律5万円となります。

請求のしかた
請求用紙
「健康保険埋葬料」請求書(申請先にあります)。
請求人
被保険者。
請求先
保険者の勤務先を管轄する社会保険所または勤務先の健康保険組合。(勤務先で手続きをしてもらえることもあります)
国民健康保険

必要なもの
健康保険証
死亡を証明する事業所の書類。
領収書がな場合は、葬儀社の電話番号。案内状、礼状等。
印鑑
※被保険者が死亡した場合、被扶養者以外の人が請求する場合(生計を同じくしている人)は住民票が必要です。

心に残る家族葬サポートデスク


このページのトップへ