資料請求
24時間365日対応の葬儀
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 利用規約

利用規約

第1条(総則)

本規約は、株式会社メルメクス(以下、「本サービス運営機関」という)が運営・提供するサービス(以下「本サービス」という)についての利用条件を定める。本サービスの契約者は、本規約に拘束される。

第2条(定義)

「本サービス」とは
本サービス運営機関が提供する葬儀社の集客支援サービスの総称とする。

「関連サービス」とは
本サービス運営機関が本規約(当該関連サービスについて、特段の定めがある場合は、その定めを含む)の適用を受けるサービスとして提供する、葬儀社集客支援サービスのその他全ての付随サービスとし、登録、利用及び登録後サービスを含むものとする。

「本契約」とは
本サービスの利用に伴い、本規約の定めるところにより契約者と本サービス運営機関との間で成立する、本サービスの利用に関する契約を意味する。「事業者」とは、法人その他の団体、または事業として又は事業のために本契約の当事者となる個人を意味する。

「契約者」とは
本規約の定めるところにより本サービスの利用申込を行い、本サービス運営機関との間で本契約が成立した事業者を意味する。

「申込者」とは
本規約の定めるところにより本サービスの利用を申し込んだ者を意味する。本契約の成立により申込者が契約者となった場合に、本規約中申込者に関する規定は、契約者を各規定記載の申込者とみなして契約者に適用されるものとする。

「代理店」とは
販売パートナーその他名称の如何を問わず本サービス運営機関から本サービスの販売、対価回収等の業務の委託を受けた者、及びかかる者から本サービス運営機関の許諾に基づきかかる業務の再委託を受けた者を意味する。

「事業者情報」とは
契約者の店舗名、住所、電話番号等の本サービス内のサイト掲載情報と意味する。

第3条(サービスの内容及び変更)

【1】
本サービスの内容及び詳細は本サービス運営機関が定めるところに従うものとする。

【2】
本サービスの内容は、契約者に事前に承認を得ることなく変更されることがある。  その際は、本サービスに係るウェブサイトに掲示するか、電子メールの送信または書面の送付等、サービス運営機関が適当と認める方法により行うものとする。

第4条(利用条件)

【1】
契約者は、本サービスの利用に際しては、別段の定めがある場合を除くほか、サービス運営機関が定める本規約を遵守するものとする。

【2】
本サービスの利用条件および上記規約は、契約者の事前の承認を得ることなく変更されることがある。その際は、本サービスに係るウェブサイトに掲示するか、電子メールの送信または書面の送付等、サービス運営機関が適当と認める方法により行うものとするが、ウェブサイトへの掲示のときをもって、変更後の規約が有効になるものとする。

第5条(本サービスの申込みと事実表明)

【1】
申込者は、サービス運営機関または代理店が定める方式により、本サービスの利用申込みを行うものとする。

【2】
申込者は、本サービス運営機関に対して、次の事項を表明し、保証する。

【2-1】
本サービス申込みにおいて申込者が述べた事実は、完全且つ正確である。

【2-2】
本サービスの申込み及び利用は、第三者のいかなる権利も侵害しない。

【2-3】
申込者は、登録を申し込んだリンク先となるウェブサイトに関し、本サービスを利用するために必要なあらゆる権利を有し、または、権利者から適切に許諾を得ている。

【2-4】
本サービスの申込み及び利用にあたり、不法または不正な目的または意図をもっていない。

【2-5】
本サービスの申込み及び利用にあたり、本規約を含め、法令等に違反する目的または意図を持っていない。

【3】
申込者は、申し込んだ本サービスのリンク先として指定されたウェブサイトに対し、本サービスにおいてリンクがなされることについて、当該ウェブサイトの利用等に関する権利を有する者(何らかの権利又は利益を保有するものを含み、かつ、これに限定されない。)から必要な許諾等を得るものとし、かかる者との関係について全ての責任を負うものとする。

第6条(審査)

【1】
本サービス運営機関は本サービスの利用申込みに対し、本サービス運営機関所定の基準により審査の上、申込みを承諾する場合には、本サービスの利用に関する契約の締結のために必要な書類の送付その他の手続をとるものとする。

【2】
本サービス運営機関は、次のいずれかに該当すると判断する場合には、本サービスへの申込みを承諾しないことができる。

【2-1】
申込者が本サービスの契約者として不適切な場合。

【2-2】
申込者が本サービスに登録を申し込んだ事業者情報が不適切である場合。

【2-3】
申込者が登録を申し込んだリンク先となるウェブサイトの内容等が不適当と認める場合。

【2-4】
申込みの際に提供した情報に虚偽の記載等がある場合または申込み時の事実表明に誤りや違反がある場合。

【2-5】
その他本サービスを提供することが不適切である場合。

【3】
本サービス運営機関および代理店は、審査の内容、判断理由等に関して、何ら開示の義務を負わない。

第7条(本サービス等の登録)

【1】
前条第1項の手続によって申込者の本サービス利用申込みの意思が最終的に確認された場合、本サービス運営機関は、審査後速やかに、申込みを受けた事業者情報の登録手続をする。かかる登録手続の完了時をもって、本サービスの利用に関する本規約の定めに従った契約(以下「本契約」という。)が、本サービス運営機関と申込者との間に成立し、申込者は本契約の契約者として本規約の定めに拘束されるものとする。なお、本サービス運営機関は、前条第1項の手続が行われてから一定の期間内に契約者が本サービスの利用を開始できることを保証するものではない。

【2】
本サービス運営機関は、本サービスの登録不能または登録の遅延等によって申込者又は契約者に損害、損失または不利益が生じたとしても、それについて一切の責任を負わない。

第8条(サービスの開始)

本サービス運営機関または代理店は、各所定の時期及び方法により、事業者情報の登録完了日を、電話、FAX、書面の送付、電子メールの送信等の方法で契約者に通知する。

第9条(契約期間)

【1】
本契約の契約期間は本サービス運営機関が別に定めるものによる。

【2】
契約期間は、本契約成立日を起点日とする。

第10条(利用料金等)

契約者は、本サービス運営機関が別途定める料金体系に基づく利用料金等を支払うものとする。本契約が更新される場合には、契約者は更新ごとに当該料金体系に基づく利用料金を支払うものとする。但し、本サービスの全部または一部において、異なる料金体系を採用する場合には、登録料に代え、または登録料と併せて、別途定める当該料金体系に基づく料金(以下、「特別料金」という。)を支払うものとする。

第11条(登録料等の支払い)

【1】
登録料等に賦課される消費税及び地方税は契約者が負担する。

【2】
登録料等の支払方法については、契約者が申込み時に本サービス運営機関または代理店と別途取り決めた内容に従うものとする。

【3】
本規約に別段の定めがある場合を除き、本契約が解除その他いかなる理由で終了した場合でも、本サービス運営機関及び代理店は受領した登録料等を返還する義務を負わず、契約者は支払義務の生じた登録料等の支払を免れないものとする。

第12条(サービスの変更)

本サービスに関連して登録された事業者情報の変更に関しては、本契約が成立した後は、本サービス運営機関の審査を受けその内容が適切と判断された場合に限り、本サービス運営機関が定める手続(有償となる場合もあるものとする。)に従って行うことができるものとする。

第13条(本契約の有効期間)

本契約の期間は、本契約成立日から契約期間が満了する日までとする。特に契約期間が定められていない場合、契約者から解約の申し出がない限り、または第16条に基づく解除があるまで、本契約は継続するものとする。

第14条(本サービスの解約)

契約者が本契約の解約を申し出るときは、本サービス運営機関所定の方法によって、解約を希望する旨を申告するものとする。解約日は、本サービス運営機関が申告を確認し、承認後、30日以内に対応、完了するものとする。

第15条(免責事項等)

【1】
本サービス運営機関は、本サービスを高品質で提供するよう努めるものとするが、本サービスが常に完全な状態で提供されることを何ら保証するものではない。

【2】
本サービス運営機関及び代理店は、本サービスの利用、及びその結果、効用、効果、来客数等の変動、本サービスにかかるサイト内における事業者情報の掲載順位及び内容等に関し、一切保証しないものとする。

【3】
本サービス運営機関及び代理店は、リンク先コンテンツについて、何ら責任を負わないものとする。

【4】
契約者が本サービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、契約者は自己の責任において解決するものとする。 本サービス運営機関は、当該紛争には一切関与しないものとする。契約者は、本サービス運営機関を、いかなる態様でも、これらの紛争に関与させてはならないものとする。

第16条(本サービスの停止・解除)

【1】
本サービス運営機関は、契約者が、次の各号の一にでも該当すると判断する場合、何らの催告、通知をせずに契約者に対する本サービスの提供を停止し、本契約を解除することができる。この場合、本サービスの停止、本契約の解除等により契約者に損害、損失または不利益が生じたとしても本サービス運営機関はそれについて責任の一切を負わない

【1-1】
本契約に違反した場合。

【1-2】
申込みに関する書類、フォーム等に虚偽の記載があった場合または申込み時の事実表明に虚偽があった場合。

【1-3】
暴力団、反政府組織、その他社会通念上反社会的組織であるかその構成員、及び関係者である場合。

【1-4】
利用料金その他の債務の履行を怠った場合。

【1-5】
当社の届け出た情報を変更し、その届出を怠る等して連絡がとれない場合。

【1-6】
法令等に違反した場合。

【1-7】
差押、仮差押、仮処分、担保権の実行、租税滞納処分、手形不渡処分、銀行取引停止等相手方の信用状態に不安が生じた場合。

【1-8】
破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算等の申立てがあった場合。

【1-9】
本サービスの評価または信用を毀損した場合。

【1-10】
本サービスのリンク先となるウェブサイトを変更し、変更後のウェブサイトの内容が本サービス運営機関によって不適切と判断された場合。

第17条(通知等)

本サービス運営機関は、本サービスの利用に関して、契約者に通知を行うことがあるものとする。この場合、電子メールの送信、書類の送付、その他、本サービス運営機関が適当と認める方法によるものとする。

第18条(変更届出)

【1】
契約者は、氏名・名称・代表者名・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス・URL・説明等・その他申込みに際して本サービス運営機関に届け出た情報に変更や誤りがあったときは、直ちに本サービス運営機関に変更内容を届け出るものとする。

【2】
本サービス運営機関または代理店は、前項の届出があったときは、その届出にかかる証明書類等の提出を求めることがあり、契約者は、これに従うものとする。

【3】
本サービス運営機関は、契約者に対する通知・連絡を行うときは、契約者が提供した住所・所在地・電話番号・FAX番号・メールアドレスなどの連絡先に対し、これを行えば足り、届出を怠ったことなどによる不達により、契約者または第三者に生じた損害について、何ら責任を負わないものとする。

第19条(譲渡の禁止)

契約者は、本契約上の本サービスに関するいかなる権利又は義務についても第三者に譲渡、承継、担保設定その他一切の処分をしてはならない。

第20条(損害賠償)

【1】
契約者は、本サービスの利用に関して、その責に帰すべき事由により、本サービス運営機関に損害を与えたときは、その損害を賠償するものとする。当該損害には、契約者と第三者との紛争に関し、本サービス運営機関が被った損害を含むものとする。

【2】
本サービス運営機関は、本サービスの利用に関して、本サービス運営機関の故意又は重大な過失により契約者に損害が発生した場合に限り、その直接かつ通常の損害を賠償するものとする。

第21条(準拠法)

本契約の効力、履行、解釈に関する準拠法は日本法とする。

第22条(存続規定)

第7条第2項、第11条、第15条乃至本条の規定は、本契約終了後も有効に存続する。

第23条(規約の発効)

本規約は2011年9月1日より発効する。

このページのトップへ