資料請求
24時間365日対応の葬儀
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム > 日露戦争で送還されず亡くなったロシア兵捕虜に対して行われた葬儀の形式

このエントリーをはてなブックマークに追加

日露戦争で送還されず亡くなったロシア兵捕虜に対して行われた葬儀の形式

昔、近所に住んでいた明治生まれのお婆さんが、こんな事を言っていた。「日露戦争の時は、ロシアの捕虜がこの道をよお連れて行かれおった」それを聞いて私は、うなだれながら日本兵に連行されて行く捕虜達の姿と、彼らのその後の悲しい運命を想像していた。

「捕虜」と聞くと、やはり誰もがそういったイメージを抱くのではないだろうか。しかし、世の中が世界大戦の時代へと突入する寸前の日露戦争の頃、その構図には大きな違いがあった事を、皆さんはご存知だろうか。


ロシア兵捕虜の厚遇とその背景

1904年~05年(明治37年~38年)までの日露戦争の間に、約8万人のロシア兵が捕虜となり、日本国内全29ヶ所の収容所へと送られた。その際、日本側は捕虜達を、非常に人道的に扱ったという。捕虜達には、牛肉や卵を使った充分な食事が与えられ、収容所には、日本の一般家庭にはまだなかった電気が通っていた。また、規定内ではあるが外出の自由も許されていた。その中でも、愛媛県の松山俘虜(ふりょ)収容所は、捕虜達が道後温泉で入浴したり、市民達と自転車レースを行ったりなど、市民との交流で特に広く知られている。

しかし、なぜそこまでの厚遇が実施されたのであろうか。それは、日露戦争が、1899年のハーグ陸戦条約発効後、最初の戦争だったからである。「俘虜は博愛の心を以って取扱ふべきものとす」と定められたこの条約は、捕虜の取扱いに関する初の国際法であり、よって、日露戦争での両国の行いは、欧米列強の注目するところとなった。日本は、この条約を遵守することで、一等国であることを世界に知らしめる必要があったのだ。


日本に眠るロシア兵達

全国の収容所の中で最も規模が大きかったのは、大阪の「浜寺俘虜収容所」である。最大で、2万8千人もの捕虜が暮らしていたというから驚きだ。

1905年、戦争が終わると捕虜達は母国へと送還されたが、病気などでここで命を落とした89人の捕虜達がいる。そして、その89人が今も眠る墓地があると知り、訪れてみた。

大阪府泉大津市の「市営春日墓地」。見慣れた日本の墓地の風景の中を歩いて行くと、その先に、背の高い慰霊塔が見えて来る。その隣にある、白い玉砂利の上に小さな墓石が整然と並ぶ一角が、彼ら89人が眠るロシア兵墓地だ。墓石自体は100年以上も経っているため劣化が見られるが、墓石の前にはロシア兵の氏名、死亡日、宗教が記されたプレートがあり、一輪挿しには綺麗な花が生けられていた。質素な共同墓地ではあるが、とても大切に維持管理されている事が伝わって来る。

この土地は、当時の市民から提供されたもので、現在でも「泉大津ロシア兵墓地慰霊祭」が行われ、大阪ハリストス正教会の司祭により、祈祷が捧げられている。


国と国を超える人と人との繋がり

以前、大阪ハリストス正教会を訪れて司祭にお話を伺った時「日本で亡くなったロシアの捕虜達は、自分の宗教のお葬式を挙げられたのですか」と尋ねてみた。司祭は「もちろんです」と仰っていた。
日露戦争当時の日本人の捕虜達への接し方は、条約を守るためだけのものではなかったように思う。人と人との繋がりがあったからこそ、彼らの死をも尊重したのではないか。そして、この小さな共同墓地が今も守られていることが、その友好が生き続けている証なのだと思う。


ライター岡倉
乃木希典と日露戦争の真実

乃木希典と日露戦争の真実

このページのトップへ