資料請求
心に残る家族葬のロゴ
追加費用不要の葬儀

心に残る家族葬トップ > 葬儀のコラム > 一般化されつつある直葬 改めてそのメリットとデメリットを考えてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般化されつつある直葬 改めてそのメリットとデメリットを考えてみる

直葬というのは、信仰されている宗教によって形式や呼び方の違いはありますが、仏教の一般的な葬儀において行う、お通夜と告別式といった、故人との最期のお別れともいえる儀式を省き、火葬だけを行う葬儀の形態になります。

この直葬はでの葬儀を行うことを選択された、ご遺族の事情や都合というものは、それぞれのご家庭によって様々にあるのでしょう。


直葬のメリット

当然のことではありますが、直葬については肯定的だという方々もいれば、否定的であるという方々も存在するのですが、肯定的な方々にとっての直葬のメリットとは、経済的な面や、時間の短縮という面ではないでしょうか。

これらはまさに、現代の多くの人々が抱える問題を解決する意味でもメリットと呼べるでしょうし、お通夜と告別式といったことを行わずに済むことで、遺族の労力を大幅に軽減することにも繋がるのです。


直葬のデメリット

ただ遺族の負担を表面的に軽減するという意味では、直葬はメリットの多い葬儀の形式だと言えますが、深層的な心理面においてはデメリットといえることも多々あります。

最も大きな問題としては、やはり時間の短縮が可能な分、故人とのお別れの時間を充分に持つことができないことから、時間の経過と共に後悔の念に駆られるということにもなりかねません。また、故人との最期のお別れを望むのは遺族だけではなく、生前に何らかの関わりを持っていた人々もいるのです。

お通夜や告別式とは、そういった人々を一堂に会しお別れする儀式行う意味あいのあることから、その後、かえって個別に弔問客が次々に訪れ、その対応に追われるといったケースが多発する事態となることもあります。そういった、本来はお通夜や告別式に参列する立場にある人は勿論、周囲の人たちから理解されず、非難の対象となることも考えられます。


現代における葬儀のありかた

時代が移り変わるにつれ、古くから伝わって来た伝統というものにも移り変わりがあり、ものの考え方、その行われ方も変化と遂げることは当然のことでもあります。

ですが、行為そのものが変化したとしても、変わってはいけないものが、それを行う人々の心であり、葬儀を行う上での故人を想う心ではないでしょうか。逆に言えば、いくら通り一遍の豪華なお通夜や告別式を行ったとしても、そこに故人を想う心がなければ何の意味のない事であり、ただの浪費に過ぎませんし、色々な事情から火葬してあげるしかできなかったとしても、そこに故人を想う心というものが伴っていれば、きっと意味のある、心に残る葬儀となることでしょう。


ライター中山
時代が移り変わるにつれ、古くから伝わって来た伝統というものにも移り変わりがあり、ものの考え方、その行われ方も変化と遂げることは当然のことでもあります。
 ですが、行為そのものが変化したとしても、変わってはいけないものが、それを行う人々の心であり、葬儀を行う上での故人を想う心ではないでしょうか。
送骨専用梱包セット

時代が移り変わるにつれ、古くから伝わって来た伝統というものにも移り変わりがあり、ものの考え方、その行われ方も変化と遂げることは当然のことでもあります。  ですが、行為そのものが変化したとしても、変わってはいけないものが、それを行う人々の心であり、葬儀を行う上での故人を想う心ではないでしょうか。 送骨専用梱包セット

このページのトップへ